• ホーム
  • 映画
  • 芦田愛菜、キムタクドラマに出演決定〜仲間由紀恵ら追加キャスト続々発表

芦田愛菜、キムタクドラマに出演決定〜仲間由紀恵ら追加キャスト続々発表

 10月16日スタートのSMAP・木村拓哉主演のドラマ『南極大陸』(毎週日曜 後9:00 TBS系)の追加キャストが発表され、人気子役・芦田愛菜が“キムタク作品”に初出演することがわかった。前人未到の「南極観測」に命懸けで挑む主人公ら隊員たちと樺太犬らの奮闘を描く同作で、観測に向かう13頭のうちリキの飼い主として登場する。来月から日本テレビ系『メレンゲの気持ち』の最年少MCに就任、さらにフジテレビ系では『マルモのおきて』のSPも放送決定と、その活躍ぶりは大人顔負け。この秋も“芦田旋風”はまだまだ続きそうだ。

【写真】その他の写真を見る


 すでに主演の木村をはじめ、ヒロイン・綾瀬はるから主要キャストは発表済みだが、全撮影が終了し、今回新たに発表\された追加キャストは5名。芦田の母親役に木村多江、戦争で他界してしまう主人公(木村)の妻役には2年ぶりの共演となる仲間由紀恵、観測隊員に佐藤隆太、さらに映画『南極物語』にも出演していた渡瀬恒彦が主人公の父親役で登場と、そうそうたる面々が集結している。

 同作の原作は『南極越冬隊タロジロの真実』(著・北村泰一/小学館刊)。昭和30年代に戦後最大のプロジェクトとして実施された「南極大陸観測」を取り上げ、隊員とその家族、そして共に南極へと向かった樺太犬との命懸けのきずなを熱く描く。

 犬との共演シーンが多かった芦田は、撮影前は成犬の大きさに少し不安を持っていたというが、「犬が大きいって聞いていたのでちょっとドキドキしたんですけど、ふわふわしてかわいかったです」と現場に入って一転。また「犬への愛情がたくさんのドラマなので、ぜひ皆さんにも観ていただけると嬉しいです」と、放送が待ち遠しいようだ。

 開局60周年を記念し、今年2月から半年以上の時間を費やして制作された同作。クランクアップを迎えた木村は「一つ一つ乗り越えることが楽しみに思える現場でした」と感慨深げ。また「戦争と復興を経験し激動の時代を生き抜いてこられた方達を無条件に尊敬する気持ちと同時に、今の子供たちが夢を持つきっかけを、ほんの少しでも自分達が与えられることができれば」と、熱い胸の内を吐露。男達のプライドと人生を掛けたヒューマン作品が秋のドラマ界の話題をさらうこととなりそうだ。



関連写真

  • 樺太犬リキの飼い主を演じる芦田愛菜
  • 芦田の母親を演じる木村多江
  • 観測隊の1人を演じる佐藤隆太
  • 渡瀬恒彦=TBS系ドラマ『南極大陸』出演決定

オリコントピックス