• ホーム
  • 映画
  • 栗山千明、デビュー13年目で連ドラ初主演〜“子持ち”でスパイ役に挑戦

栗山千明、デビュー13年目で連ドラ初主演〜“子持ち”でスパイ役に挑戦

 女優・栗山千明(26)が、10月6日スタートの新ドラマ『秘密諜報員 エリカ』(毎週木曜 後11:58〜 読売テレビ・日本テレビ系)で、女優としてのキャリア13年目、遂に連続ドラマ初主演を務めることが30日、わかった。1999年に映画『死国』でモデルから女優へシフトし、2003年には映画『KILL BILL』でハリウッドデビューを果たした栗山だが、意外にも連ドラ主演は今回が初。普段は妻として、また1児の母として過ごし、仕事の依頼があれば女版“ジェームス・ボンド”さながら、女スパイとして暗躍する2面性のある役柄に挑む。栗山は「ギャップを、どれだけ自分が出せるのか楽しみです」と、初“座長”に気合をみなぎらせる。

 同作の主人公・高橋エリカは、過去に「内閣情報調査室特殊捜査部」の秘密諜報員(=スパイ)として極秘任務に就いていたが、1年前に辞職。今は夫と、5歳になる夫の連れ子と3人で暮らす平凡な主婦。しかし、スパイ時代の実績を買われ、元上司が始めた“民間トラブル”解決を請け負う仕事を手伝うことに。日本のドラマではあまり描かれてこなかった“女スパイ”を軸に、ありがちなコメディ要素を一切排除し、1話完結の本格・痛快ミステリーを展開する。

 映画『バトルロワイアル』や、世界に栗山の名を知らしめた『KILL BILL』での女子高生役を始め、エキセントリックな役柄が多い栗山にとって、ママ役も今回が初。劇中では、息子の本当の母親になろうと努め、また家族に嘘をついてスパイを続けることへの葛藤も表現していく。「心情とか心の揺れみたいなものを描くストーリーって少なかったので、主演として皆様に見ていただいて気持ちを重ねてもらえるようなお芝居をちゃんとできるのか」と、初主演への喜び反面、不安も大きいようだ。

 さらに、スパイとして変装あり、アクションありの撮影については「色々変装できるのは凄い楽しみだなっていうのがあるんですけど。唯一、アクションはどうかなって、出来るかな」と、代表作ともいえる『バトル〜』や『KILL〜』で、華麗なアクションシーンを披露してきたとは思えない驚きの一言。また、クールかつ謎めいた美女というパブリックイメージと、素の栗山は真逆のようで「家族でいるときは多分、素の私に近い感じでお芝居が出来たら、それが自然とギャップになるのかな」と、意外な一面をのぞかせている。

 共演者には、“訳あり”上司役に杉本哲太、そしてスパイ・エリカのアシスタント役に若手俳優・井出卓也が決定。若手女優が次々と連ドラ主演を勝ち取るなか、今回の主演獲得まで13年の歳月を要した栗山。積み上げてきたキャリアを十分に生かしつつ、その集大成となる作品になりそうだ。



関連写真

  • 女スパイを演じる栗山千明
  • スパイのアシスタントを演じる井出卓也
  • “訳あり”上司を演じる杉本哲太

オリコントピックス