• ホーム
  • 芸能
  • 日テレ『ZIP!』、新レギュラーに入社1年目・徳島えりかアナ抜てき

日テレ『ZIP!』、新レギュラーに入社1年目・徳島えりかアナ抜てき

 日本テレビの桝太一アナとタレントの関根麻里が総合司会を務め、今春からスタートした情報番組『ZIP!』(月〜金曜 前5:50〜)に、入社1年目の新人・徳島えりか(22)アナが新レギュラーとして加わることが24日、わかった。すでに『真相報道バンキシャ!』(同局)で先輩・鈴江奈々アナのピンチヒッターとして出演し、生放送を経験している徳島アナだが、レギュラー番組は今回が初。9月1日からエンタメ紹介コーナー『SHOW BIZ』の水〜金曜に登場する。徳島アナは、「新人らしく明るくハツラツと頑張ります」と、初々しく意気込みを語っている。

 1988年生まれ、慶應義塾大学を卒業し今年同局に入社した徳島アナは、7歳からクラシックバレエを始め、身長166cmとスタイル抜群。バレエはもちろん、演劇や映画鑑賞を趣味とし、これまでに培ってきたエンタメ情報への感度の高さを武器に、新レギュラーとして様々なジャンルのエンタメ情報を発信していくこととなりそうだ。

 今回のレギュラー抜てきに徳島アナは「(番組出演の話を聞いて)とにかく驚きましたがすごく嬉しいです」と、入社半年で巡ってきたチャンスに驚きと喜びを隠せない様子。過去に同番組への出演経験はあるものの、レギュラーとなれば緊張の度合いも段違い。「色々不安もありますが」と、戸惑う気持ちを抱えながらも“新メンバー”としての熱意を語った。

 徳島アナを起用した総合プロデューサー・三枝孝臣氏も「なによりも、彼女の持つフレッシュで透明な空気感と、新人でありながら堂々とした雰囲気が起用の理由です」と、太鼓判。「『日本の朝をハッピーにする』をテーマにスタートしたZIP!の中で、視聴者の皆様にどこよりもフレッシュなニュースを伝えることができる存在に」と、今後の活躍に期待を込めている。



オリコントピックス