• ホーム
  • 芸能
  • 【上半期映像ソフト市場】ブルーレイ市場が上半期最高の299.5億円

【上半期映像ソフト市場】ブルーレイ市場が上半期最高の299.5億円

 オリコンは21日、2011年上半期の映像ソフト(DVD、Blu-ray Disc)の売り上げをまとめた市場レポートを発表した。ユーザーが画質を重視する「アニメ」ジャンルを中心としてBDへの移行が徐々に進み、Blu-ray Disc(BD)市場が過去最高の299.5億円(前年同期比131.6%)を記録。シェアを22.2%(前年同期比6.4%増)に伸ばした。一方、DVD市場の縮小が加速し、映像ソフト全体の総売上額は1346.4億円(前年同期比93.7%)と前年割れを記録した。

 メディア別に見ると、DVDの上半期市場規模は1046.9億円(前年同期比86.5%)と2桁減。人気グループ・のライブDVD2作品が合計約84億円を売り上げたのを筆頭に、有力アーティストの作品が相次いで発売された「音楽」は349.5億円(同110.3%)を売り上げ、2003年の調査開始(半期市場規模の開示は2004年上半期から開始)以来最高の半期売上額を記録。米国の人気シリーズや韓国ドラマが好調だった「海外ドラマ」も84.3億円(同104.3%)と前年実績を上回ったが、他の主要ジャンル全てが前年割れしたのが影響した。

 とりわけ、前年同期に大きな話題を呼んだ映画『マイケル・ジャクソン THIS IS IT』、アニメ『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破〜』ほどのヒット作が誕生しなかった「洋画」が136.5億円(同65.2%)、「アニメ」が196.6億円(同75.6%)と両ジャンルの2桁減が大きく響いた。

 一方、BDの上半期市場規模は、調査開始以来最高の299.5億円(前年同期比131.6%)に。シェア1位の57.2%を占める「アニメ」は171.3億円(同122.8%)、3位の「邦楽」も27.2億円(同393.7%)と大幅増を記録。2010年下半期実績の325.2億円には及ばなかったものの、上半期実績としては最高値となった。

 シェア2位の「洋画」(65.4億円)は、売上枚数ベースで2桁増(同127.7%)を記録したが、金額ベースではBD市場で唯一、前年同期比(97.9%)を下回った。これは、メーカー各社がBD作品の普及を優先させ、価格を抑えていることに起因。10年上半期の「洋画」BDの平均単価4907円に対し、今期は3761円と低価格化がより一層進んだ。

 メーカー別の売上額では音楽ソフト同様、ソ\ニー・ミュージックエンタテインメントが133.0億円(前年同期比112.9%)でトップ(シェア9.9%)。同社の売上額の6割以上を傘下のアニプレックスによるアニメ作品が占めた。2位は、上半期映像ソフト作品別1・2位を独占した嵐が寄与したジェイ・ストームが110.3億円(前年同期比191.3%)を売り上げ、前年同期10位から急上昇した。

 今月24日の地上波デジタルテレビ放送への完全移行に伴い、ハードの買い替えによるソフトの需要の増加が見込まれるBDが下半期にどこまで市場を拡大できるか、注目される。

※調査対象期間:2010年12月27日〜2011年6月26日


■禁無断複写転載
※オリコンランキングの著作権その他の権利はオリコンに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、ブログ、携帯電話)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。詳しいお問い合わせは、弊社広報企画部までお願いいたします。


オリコントピックス