ORICON STYLE

2005年10月05日
 

 シングル「オール・アバウト・アス」に続いて、いよいよt.A.T.u.の2ndアルバムが登場だ。タイトルは『デンジャラス・アンド・ムーヴィング』。2年ちょっと前、日本でも本当にいろんなことがあり、ちゃんと彼女たちの音楽を聴いてない人までがあれこれ言ったりしていたものだが、そのような過去に対して彼女たちなりの決着をつけ、今の自分たちがどれほど音楽表現に対して真摯であるかをハッキリ示したアルバム。そう言っていいだろう。サウンド、ボーカルと、あらゆる面で成長を遂げたふたりの音楽に向き合ってほしい。

いつも自分たちの好きなようにやってるんだ

――いよいよここからt.A.T.u.の第2章が始まるわけだけど、不安はない?
【ジュリア】 不安なんてないよ。喜びでいっぱい。長い間、この時を待ってたからね。やっとリリースだよ。ファンも待ちくたびれたんじゃないかな?!

――アルバムを聴いて、改めてt.A.T.u.には強いオリジナリティが備わっているなと思ったんだけど、ほかにはない自分たちらしさを表そうという気持ちは強かった?
【ジュリア】 っていうか、これがもともとの私たちのスタイルであって、他の真似なんかしたことないから。いつも自分たちの好きなようにやってるんだ。等身大のものを表現したいと思ってただけだよ。

――じゃあ早速、曲について訊いていくけど、まずはシングルの「オール・アバウト・アス」。歌詞の中に“私たちはやめたりしない。必要なら逃げるの”ってあるよね。前作の「ノット・ゴナ・ゲット・アス」しかり、“逃げる”というのはキーワードなのかなと思ったんだけど。
【ジュリア】 う〜ん、まあそうかもね。いつも逃げてる。走ってる。デンジャラスな人間はその場にじっとしていられないの(笑)。

――こんな世の中でばかばかしい戦いをするなら、逃げちゃったほうがマシって感じ?
【レナ】 この世界から逃げてるわけじゃないわ。逃げてるっていうより、疾走してるって感じ。もっと自分たちがよくなるために走っているっていうか。

――続く「コスモス(アウター・スペース)」はすごくカッコいい曲だね。このアウター・スペース・・・宇宙には、何を託しているのかな。狭い地球より宇宙に飛び出したほうが自由でいられるってこと?
【ジュリア】 地球にいたって私たちは自由だよ。
【レナ】 どこにいても私たちは自由。でも、確かにコスモスは自由の象徴ってことだけど。

絶対、自分を信じて

――次の「ラヴズ・ミー・ノット」。ここでは、“彼は私を愛してる 私を愛してない”って続けて歌ってるよね。
【ジュリア】 うん。言葉遊びみたいなものかな。

――でも、そういう“好きだけど好きじゃない”みたいな感覚ってリアルだなって思った。
【ジュリア】 頭の中がグチャグチャになって、好きなんだかそうじゃないんだかわかんない・・・みたいなことって、あるでしょ?

――うん。“あなたは友? それとも敵?”って歌う次の「フレンド・オア・フォー」も、ある意味、その感覚に近いのかもしれないね。相反するもののようで背中合わせにある感覚っていうか。
【ジュリア】 そうだね。それはアルバム全体に通じているものかもしれない。
【レナ】 うん。答えはひとつじゃないんだよね。

――この曲ではベースでスティングが参加しているけど、彼には実際に会ったの?
【レナ】 会わずに別々に録ったものだけど、スティングの音楽は好きだから、誇りに思えるよね。

――スティングの曲で特に好きなのは?
【レナ】 「シェイプ・オブ・マイ・ハート」

――おお。いい趣味です。それから次の「Gomenasai」という曲。日本語で「ゴメンナサイ」と言っているのには何か特別な理由があるのかな?
【ジュリア】 まあ、こういうふうに書いてもらったから。
【レナ】 日本語の響きがいいし、私たちは日本のファンが大好きだから、いいんじゃないかって思ったの。早く日本に行きたい!
【ジュリア】 (レナに)ゴメンナサイってどういう意味だっけ? (意味を聞いて)あ、そっか!

――ハハハ。ふたりは謝りたい気持ちになったら、素直に謝れるほう? それともなかなか素直になれないほう?
【レナ】 謝らなきゃって時はもちろんあるよね。それはみんな同じだと思う。
【ジュリア】 自分が間違っていたと思ったら、やっぱり謝るよ。

――このアルバム、聴く人にとって、どういうものであってほしいと思う?
【レナ】 誰でもひとりひとり、いろんな不安や疑問や悩みを抱えて生きていると思うのね。で、このアルバムが少しでもそういうものの助けになってくれれば嬉しいな。

――同世代の日本のファンに一言。
【ジュリア】 絶対、自分を信じて!(文:内本順一)

COMMENT
PLAY MOVIE

1. コメント映像

PLAY

動画はWindowsMedia Playerで御覧になれます。

 
  PRESENT

t.A.T.u.のラジオ付懐中電灯を抽選で2名様にプレゼント!!
沢山のご応募お待ちしています。

多数のご応募いただき、ありがとうございました。
プレゼントの当選は、発送をもって換えさせて頂きます。

その他、開催中のプレゼントはコチラ

RELEASE
 

デンジャラス・アンド・ムーヴィング
t.A.T.u.
2005/10/05[アルバム]
ユニバーサルミュージック
【DVD付スペシャル・プライス盤】
\2,300(税込)
UICS-9041
CDを購入する

 





【低価格限定盤】
\1,980(税込)
UICS-9040
CDを購入する

 





【通常盤】
\2,548(税込)
UICS-1105
CDを購入する

【楽曲情報】
01. デンジャラス・アンド・ムーヴィング・イントロ
02. オール・アバウト・アス (1stシングル)
03. コスモス(アウター・スペース)
04. ラヴズ・ミー・ノット
05. フレンド・オア・フォー
06. Gomenasai
07. クレイヴィング(アイ・オンリー・ウォント・ホワット・アイ・キャント・ハヴ)
08. サクリファイス

 


09. ウィ・シャウト
10. パーフェクト・エネミー
11. オビジャンカ・ノリィ
12. デンジャラス・アンド・ムーヴィング
13. フシャ・マヤ・リュボーヴュ
14. リュディ・インワリディ
15. ディヴァイン

オール・アバウト・アス
t.A.T.u.
2005/09/01[シングル]
\500(税込)
ユニバーサルミュージック
UICS-5031
CDを購入する

PROFILE

モスクワ出身のレナ(1984年10月4日生まれ)とジュリア(1985年2月20日生まれ)の女性デュオ。2003年、シングル「オール・ザ・シング・シー・セッド」でデビュー。2人の独特なファッションと行動、同性愛を連想させる濃厚なシーンを演じたPVなどで瞬く間にヨーロッパ・アメリカを席巻する。
2003年3月5日、シングル「オール・ザ・シング・シー・セッド」、アルバム『t.A.T.u.』日本同時リリース。アルバムは初登場首位となりその後首位を2回獲得、日本だけで200万枚というダブル・ミリオンを達成、また全世界では400万枚をセールス。
2003年6月4日、1stアルバムのデラックスバージョン『t.A.T.u.〜デラックス・エディション』で初登場3位獲得。
2003年6月11日、シングル「ノット・ゴナ・ゲット・アス」リリース。
2003年6月25日、プロモーション来日、その行動が海外同様大注目を浴び、賛否両論を招く。
2003年9月21日、ロシア語アルバム『200ポ・フストレーチノィ』、同月26日、リミックスアルバム『t.A.T.u.REMIXES』リリース。
2003年12月1・2日、東京ドームにて2days来日初公演。
2003年12月25日、DVD『スクリーミング・フォー・モア』リリース。
2005年9月1日、ニューシングル「オール・アバウト・アス」リリース。
2005年10月5日、ニューアルバム『デンジャラス・アンド・ムーヴィング』リリース。
オフィシャルサイト