ORICON STYLE

2007年09月26日
augustana
augustana augustana augustana
PLAY MOVIE  
1. コメント映像 PLAY
2. PV「ボストン」 配信終了
動画はWindows MediaPlayerで御覧になれます。

みんなが応援してくれていることが、一番嬉しい
――アルバム『幾千の星と路と』を発表してから2年、ツアーを通じてゆっくりとセールスを伸ばしてきましたね。
【ジャレード】
 ああ、これから2枚目のアルバムを送り出すにあたって、すごくいいスタート地点にいると思うよ。ここに到達する過程はとても楽しいもので、ツアーで大勢の熱心なファンを獲得して、みんな本当に応援してくれているんだ。それが一番嬉しいね。今は新作を作っているけれど、基盤はしっかりできていると思うよ。

――オーガスターナの大きな特徴として、アメリカのルーツ音楽的な面と、ヨーロピアンで繊細なロックがサウンドに同居している点が挙げられますよね。
【ダン】
 そうだね。僕としては、残念ながらアルバムではその2つが分断されてしまった気がするんだ。半分がオアシスやコールドプレイやレディオヘッドに、もう半分がカウンティング・クロウズとかアメリカンバンドに影響されていて、ふたつをどう融合してバランスをとればいいか分かっていなかったんだと思う。でもどんなバンドも、海外と故郷の両方から影響されているんじゃないかな。

――全米で80万枚を売ったシングル「ボストン」など、“旅立ち”をテーマにした曲が多いのはなぜですか?
【ダン】
 意識的じゃなくて自然とこうなったんだ。曲を書いていたとき、ひとつの大きな物語みたいな感じにしたくて、色々な土地について語っていて、その土地に行くこと、離れること、戻ることなんかについて歌っているのさ。
どこに行こうが季節が変わろうが、大事なのはそこで出会う人達
――そんななかでも、ダンの故郷カリフォルニアに触れている曲が多いですよね。
【ダン】
 僕とジャスティンは南カリフォルニアで育って、太陽と気温24度の完璧な天候とビーチのある場所で、18年くらい過ごしてきたんだ。そういう場所でずっと暮らしていると、それを本当にありがたいと感じるのが難しくなるんだよね。だから僕は季節がある場所や、新しい場所で新しい人達に出会うことに憧れていた。全く違う世界が外にあるんだと思っていたんだ。でも結局、どこもほとんど同じなんだという結論に辿り着いたんだ。このアルバムでは、そういうことを伝えようとしたのさ。どこに行こうが季節が変わろうが、大事なのはそこで出会う人達なんだ、と。

――アメリカでは人気TVドラマに曲が使われたことも、ブレイクを後押ししたそうですね。
【ダン】
 うん。当初は“ティーン・ドラマなんかに使わせるもんか!”って感じで、抵抗もあった。でも実際はそんな風に気にするのは時間の無駄だし、より多くの人達に音楽を届ける機会を逃すことにもなる。その後みんなから「すごいな」って言ってもらったり、その成果を目にするようになってからは良かったと思ったよ。

――メンバーそれぞれ出身地も音楽の趣味もかなり違うそうですが、全員が好きなミュージシャンは誰ですか?
【ダン】
 僕達全員が次世代のこのバンドみたいになりたいって憧れているのが、トム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズなんだ。誰もが好きなバンドじゃないとは思うけれど、彼らの音楽はみんなに愛されている。音楽的に本当に大きな影響を受けているんだ。人気もあって、でも同時に歌詞はその世代やジャンルで先頭に立っていて、到達するにはすごく高いハードルだけれど、彼らのようになりたいと思っているよ。

(文:新谷洋子)
RELEASE
幾千の星と路と
オーガスターナ

2007/09/19[アルバム]
\2,520(税込)
ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル
EICP-818
CD購入(Amazon)
PRESENT
オーガスターナの靴下を抽選で3名様にプレゼント!!
多数のご応募、ありがとうございました。プレゼントの当選は、発送をもって換えさせて頂きます。
その他、開催中のプレゼントはコチラ
PROFILE
ダン・レイアス(Vo&Piano&G)、ジョサイア・ローゼン(G&Vo)、ジャレード・パロマー(B&Key&Vo)、ジャスティン・サウス(Dr)の4人組。
米国・イリノイ州グリーンヴィル・カレッジにて結成。
西海岸で生まれ育ったダンが音楽を専攻しており、ジョサイアを誘ってバンドを始め、他メンバーを勧誘する。
2003年、大学にて「ミッドウェスト・スキーズ」「スリープレス・マンデイズ」の2曲をレコーディング。その後、グリーンヴィルで「メイフィールド」と題したEPを自主発売し、地元で反響を呼ぶようになる。
2004年、エピック・レコードと契約。
2005年秋、アルバム『幾千の星と路を』で全米デビュー。
全米デビュー後、スノウ・パトロール、カウンティング・クロウズ、フレイ、スウィッチフット、グー・グードールズなどとツアーを回り、精力的なライブを重ねる。
2007年9月19日、アルバム『幾千の星と路と』で日本デビュー。
オフィシャルサイト

オーガスターナ SPECIAL INTERVIEW 要注目の癒し系美形新人バンドがデビュー!!