ORICON STYLE

2007年09月05日
KT Tunstall Special Interview
"リスクを恐れず最善を尽くせ"ってメッセージを感じ取ってほしい
Play Movie
1. コメント映像 PLAY
2. PV「ホールド・オン」 配信終了

動画はWindowsMedia Playerで御覧になれます。

 デビュー・アルバム『アイ・トゥ・ザ・テレスコープ』が350万枚を超えるロングヒットを続けるなか、待望の2ndアルバム『ドラスティック・ファンタスティック』をリリース。緊急来日した彼女を直撃!!
成功によって、音楽に対する自信や情熱を取り戻すことができた

――『ドラスティック・ファンタスティック』(素晴らしい劇薬)というアルバムタイトルと、本作に込めたメッセージを教えて下さい。
【KT】 このタイトルは、移動中の飛行機のなかで日記を付けていたら、急に頭に降りてきたイメージなの。その飛行機のなかで映画『シン・シティ』を観たんだけど、そのとき、私の過ごした3年間がまるでマンガのなかの出来事のように思えた。そのマンガに相応しいタイトルが『ドラスティック・ファンタスティック』だったというわけ。この作品には、多くの人に向けての忠告とも言えるようなメッセージが含まれているわ。例えば、ボブ・マーリーの「ジャッジ・ドレッド」にインスパイアされて書いた「ホールド・オン」という曲は、「人を批判する前にまず自分を見つめ直せ」と歌っているの。周りの人から「無理だ」とか、いくらネガティヴなことを言われても、それを乗り越えて夢を叶えていく、っていうね。リスクを恐れずにそれを貫くために最善のことをしなければならない、っていうメッセージを感じ取って欲しいわ。


――1stアルバムに比べると、より深く、幅の広い音楽性を提示していますね。
【KT】 そうね。正直に言って、前作であれほどの成功を得るだなんて考えてなかったの。あの作品が出るまで、私は10年間も苦しい時期を過ごしたけれど、成功によって、音楽に対する自信や情熱を取り戻すことができた。世界中の人たちから評価されて、私の音楽が自由に、解放的にやれる環境になったのよ。デビューアルバムはイントロデュースであり、みんなを引き込むためのフレンドリーな作品。でも今作は、引き込んだ人たちを今度はどこに連れて行こうか、というところに意識的だったわ。もし今作がデビューアルバムだったら、今のような理解は得られなかったかもしれないわね(笑)。

若い女性に元気や希望を与えられる存在になれていたら素敵

――成功によって身の回りの環境が変わり、それがネガティヴなイメージを生むことはなかったのですか?
【KT】 誰にでも気分のアップダウンはあるからね。ロンドンから6週間離れただけでも、私だけをどこかに置いて時間が流れていくように感じて寂しくなることもあるし、その部分がさっきのリスクの部分にも繋がる気がする。やっぱり、売れることによって生まれたネガティヴなイメージもたくさんあるわ。例えば、いい楽曲を作ってもセルアウトだと言われてしまうこととかね。ただそういうときにいつも思うけど、別に私が350万枚売ったわけじゃないのよ、ってこと。じゃあ50万枚だったら良かったの?って、聞いてみたいわ(笑)。成功したこと以上に、その後に続く作品がちゃんと自分のなかから出たものなのか、という部分については気を付けているわ。


――貴方は女性から特に支持が厚く、憧れのように捉えられているようですが。
【KT】 女性の方が、男性よりもライバル心が強いでしょ?だから女性が私を受け入れてくれているっていうのは、とっても嬉しいことよ。以前にボアダムズのヨシミがやっているOOIOOのライブをフェスで観たんだけど、5人の女性それぞれが、最高に素晴らしい演奏で私を興奮させてくれたの。同じように私も、自分よりも若い女性に元気や希望を与えられる存在になれていたら素敵よね。


――今後の展望は?
【KT】 気が早いかもしれないけれど、次に挑みたい楽曲についてもう考えているわ。次はLCDサウンドシステムとかブロック・パーティーとか、ディスコ・ビートや速いテンポの楽曲をフィーチャーしてみたいわね。オーガニックなサウンドとデジタルの融合って、面白いなあと思っているの。今後も様々なアイディアを取り入れて、みんなを驚かせたいわ!

(文:冨田明宏)
Release
ドラスティック・ファンタスティック
KT タンストール
2007/09/05[アルバム]
\1,980(税込)
EMIミュージック・ジャパン
TOCP-66702
CD購入(Amazon)
Present
KT タンストールのサイン入りポラを抽選で2名様にプレゼント!!
多数のご応募、ありがとうございました。プレゼントの当選は、発送をもって換えさせて頂きます。
その他、開催中のプレゼントはコチラ
Profile
英国・セント・アンドリュース出身。
10代の中ばから、自ら曲を書き始め、音楽活動を始める。
2006年4月12日、アルバム『アイ・トゥ・ザ・テレスコープ』でデビュー。
同アルバムは、U2やNew Orderを手掛けたスティーヴ・オズボーンがプロデュース。本国では150万枚以上を売り上げる大ヒットを記録。また、『BRIT AWARDS』にも3部門にノミネートされる。
2007年9月5日、アルバム『ドラスティック・ファンタスティック』をリリース。
オフィシャルサイト