ORICON STYLE

2007年03月14日
グッド・シャーロット SPECIAL INTERVIEW
グッド・シャーロット SPECIAL INTERVIEW 大きな進化を遂げた2年半ぶりの最新アルバム!
Play Movie
1. コメント映像 PLAY
2. PV「リヴァー」 配信終了
3. PV「キープ・ユア・ハンズ・オフ・マイ・ガール」 配信終了

動画はWindowsMedia Playerで御覧になれます。

 グッド・シャーロットが2年半ぶりに放つニューアルバム『グッド・モーニング・リバイバル』は、なんとダンスパンク・アルバム!その大きな進化ぶりについて、ベンジー&ジョエルのマッデン兄弟に聞いた。
1曲目からラストまで、気分良く楽しんでもらえたらいいね

――今回はどうしてこのような作風になったのでしょう?前作で“生と死”というシリアスなテーマを突き詰めた反動のようなものもあったのでしょうか?
【ジョエル】 考えてみると、このアルバムのダンスパンク的なノリは、暗い風潮からの解放といった面があったと思う。オレたちの前作のみならず、あまりにもたくさんのバンドがダークなものをやり出したよね。だから、全然違うことをやるのが解放に繋がった。それと、オレたちがインスピレーションを受けたものとして、ザ・クラッシュやブロンディ、ビリー・アイドルなんかがいて、どれもパンクには違いないけれども、ダンスっぽいアップビートなノリがあるだろ?言わば、ああいうもののグッド・シャーロット・ヴァージョンを作りたかった。
【ベンジー】 要するに、いい気分になりたかったってこと。

――聴いた人には、どんなふうに受け取ってほしいですか?
【ジョエル】 1曲目からラストまで、気分良く楽しんでもらえたらいいね。そして、希望とか、解放感とか、何があってもきっと大丈夫とか、そういう感覚を味わってもらって、自分が置かれている厳しい状況を、このアルバムを聴いているうちは忘れてもらえたらと思う。曲によっては、その人の現実や現状をさらに深く考えさせるかもしれないけど、また別の曲がそこから連れ出してくれて、解放してくれるはずだから。
【ベンジー】 そうだね。生きていく中で数多くあるネガティヴなものから、ポジティヴなものを見出すきっかけにしてほしいね。

パンクは姿勢であり、ライフスタイルなんだ

――“グッド・シャーロット meets ダンスミュージック”に、驚いたり戸惑ったりというリアクションも予想されるかと思いますが・・・。
【ベンジー】 それこそが狙いだよ。それが自分たちの目指すところだと思う。本当に自分のハートに忠実であろうと思ったら、進んで変化していかざるを得ない。やりたいと思ったことを、どんどんやっていかなければならないんだ。だから、みんなを驚かせること、賭けに出ること、好きかどうか判断する前にちょっと考えてしまうようなものを作ること。それこそがオレたちの狙いだし、楽しみでもあるんだ。
【ジョエル】 それに、パンクミュージックにとっては自然な進化だと思うんだよね。ここ5〜6年の音楽の流れを見ていると、そろそろまたパンクが違うところへ移っていくべき時期だって気がするんだ。そこでオレたちが一役買えたとしたら、嬉しいことだよ。

――そういう姿勢こそパンクだと思います。ザ・クラッシュがそうだったように。
【ジョエル】 うん、まさにザ・クラッシュがそうだったようにね。オレたちがパンクか否かは、キッズが判断することなんだ。自分たちがやるべきことは、キッズが信じられる、共感できる曲を書くことだけなんだよ。

――“パンク・イズ・アティテュード”だと。
【ジョエル】 そう、パンクは姿勢であり、ライフスタイルなんだ。ドラムビートの問題じゃない。(文:鈴木宏和)

ReleasePresent

グッド・モーニング・リバイバル
グッド・シャーロット
2007/03/14[アルバム]
ソニー・ミュージックジャパン
インターナショナル

【初回生産限定盤DVD付】
\2,940(税込)
EICP-751/2
CDを購入する
【通常盤】
\2,520(税込)
EICP-750
CDを購入する


グッド・シャーロットのサイン入りポラを2名様、Tシャツを5名様にプレゼント!!
多数のご応募、ありがとうございました。プレゼントの当選は、発送をもって換えさせて頂きます。
その他、開催中のプレゼントはコチラ

Profile

ジョエル・マデン(Vo)、ベンジー・マデン(G,Vo)、ビリー・マーティン(G)、ポール・トーマス(B)、クリス・ウィルソン(Dr)の5人組。
双子の兄弟ベンジーとジョエルを中心に、1996年米国・メリーランド州ウォルドーフで結成。
2000年9月、アルバム『グッド・シャーロット』で米国デビュー(2003年4月23日に日本リリース)。
2002年10月1日、2ndアルバム『ヤング・アンド・ホープレス』(2003年4月9日に日本リリース)をリリース。同アルバムは、現在ワールドワイドで500万枚の売り上げを記録中。日本でも、発売1ヶ月でゴールドディスクを獲得。同夏に開催された『SUMMER SONIC 2003』にはメインステージに登場し、入場規制がかかるほどの人気となる。
2003年、英国・KERRANG!アウォード『ベスト・シングル』賞、米国・MTVビデオ・ミュージック・アウォード『視聴者』賞、スウェーデンNRJラジオ・アウォード2004『ベスト・ロック』賞を獲得。また日本でも、MTV VIDEO MUSIC AWARDS JAPANで最多3部門にノミネートされ、『ベスト・ロック・ビデオ』賞を獲得。
2004年9月29日、アルバム『クロニクル・オヴ・ライフ・アンド・デス』をリリース。
2007年3月14日、アルバム『グッド・モーニング・リバイバル』をリリース。オフィシャルサイト