ORICON STYLE

2007年02月14日
シアラ SPECIAL INTERVIEW麗しいルックスのシアラが先生のダンスレッスン映像は必見!!
シアラ SPECIAL INTERVIEW
PLAY MOVIE
1. スペシャル・ダンスレッスン「ゲット・アップ」映像 PLAY
2. スペシャル・ダンスレッスン「プロミス」映像 PLAY

動画はWindowsMedia Playerで御覧になれます。


ありのままの自分をそのまま出したい
――アルバムタイトル『エヴォリューション』に込めた意味は?
【シアラ】 自分自身、アーティストとしても、女性としても、プロデューサーとしても、ライターとしてもすごく成長したなって実感してるの。だから、今回のアルバムを作るにあたってマネージャーと話していて、ありのままの自分をそのまま出したいってことで『エヴォリューション』(進化)に決めたのよ。

――プロダクションの素晴らしさももちろんですが、歌の表現力がとても広がったように感じました。
【シアラ】 (日本語で)アリガトウゴザイマス!ボーカルに関しては自分でもすごく成長したなって感じてるし、プロデューサーとしても自信を持てるようになったと思う。それだけがんばってきたから、そう言ってもらえると本当にうれしい!

――シングル曲「プロミス」はプリンスっぽいと評判です。制作しているときに意識はしました?
【シアラ】 その曲だけじゃなくてアルバム全体で意識してるわ。だって、プリンスは私が影響を受けているアーティストのひとりだもの。彼は本当に素晴らしいわ。

――MySpaceで「プロミス」のR・ケリー・ミックスを発表してますね。
【シアラ】 オリジナルバージョンに加えて、このリミックスがラジオでも流れていて、いいスパイスになってると思うの。それに、R・ケリーは昔から大好きなアーティストだし、今回彼と仕事ができたことはとってもうれしい。私のパートもオリジナルとはちょっと変えてみたりしたから、そのあたりも聴いて楽しんで欲しいわ。

――共演といえば50セントの参加が話題です。ひたむきな愛を語るキュートな「キャント・リーヴ・ゼム・アローン フィーチャリング・50セント」に彼を選んだ理由は?
【シアラ】 彼は最高のラッパーのひとり。彼のサウンド、彼のスタイル、彼そのものがこの曲に完璧にフィットすると思ったからよ。
美貌を保つ秘訣は、1日2回の洗顔
――「ゲット・イン、フィット・イン」には“イチ、ニ、サン”という日本語が使われていますね。これはどんな経緯で?
【シアラ】 スタジオでいろいろと歌って遊んでいたときに、試しに“イチ、ニ、サン”て歌ってみたら“何かいいかも!”って感じになったのね。それでこの曲に合わせたらピッタリで。自然と口ずさんでいたらそうなっちゃったの。それに、もちろん日本が大好きだし!

――限定版2枚組仕様のDVDには「ゲット・アップ」と「プロミス」のダンスレッスンが入っています。とてもシアラらしくて素晴らしいボーナスですね!
【シアラ】 私とマネージャーとで一緒に考えたの。何か面白いことをやりたいな、ほかとは違うことをしたいって思って。

――ますます美しさに磨きがかかってきました。美貌を保つ秘訣は?
【シアラ】 (すごく照れくさそうに再び日本語で)アリガトウゴザイマス!1日2回洗顔しているのと、必要なときしか化粧をしないっていうことだけを守ってるぐらい・・・あとほかに何かあるかなあ?でも、ホントにそう言ってもらえてうれしい!
(文:荘 治虫)
RELEASEPROFILE
シアラ:エヴォリューション〜デラックス・エディション
シアラ
2007/01/24[アルバム]
\3,360(税込)
BMG JAPAN
BVCQ-27058/9
CDを購入する
着うた配信
シアラ:エヴォリューション
シアラ
2007/03/07[アルバム]
\2,548(税込)
BMG JAPAN
BVCP-21518
CDを購入する
米国・アトランタ生まれ。
幼い頃にはモデルになることを夢見たが、15才の時にテレビで観たデスティニーズ・チャイルドのパフォーマンスに衝撃を受け、シンガーになることを決意。
2002年、プロデューサーのジャジー・フェイのレーベル“Sho-Nuff”とプロダクション契約を結ぶ。その後、LAリードとのオーディションの機会を得て、LaFaceからのメジャー・デビューが決まる。
2004年10月20日、アルバム『グッディーズ』で日本デビュー。
2006年12月6日、アルバム『シアラ:エヴォリューション』をリリース。
2007年1月24日、アルバム『シアラ:エヴォリューション〜デラックス・エディション』をリリース。

オフィシャルサイト