ORICON STYLE

2007年01月31日
Gwen Stefani グウェン・ステファニー
Special Interview
話題の人とコラボレートしたポップ・ワールド全開の最新アルバム!
 音楽シーンきってのファッション・アイコンとしておなじみのグウェン・ステファニーが待望の2ndソロ・アルバム『スウィート・エスケイプ』を完成。前作『ラヴ.エンジェル.ミュージック.ベイビー.』で確立したハイブリッドなポップ・ワールドは今回も健在だ。

私は曲にいろいろな要素を足していくタイプなの

――まずは『ラヴ.エンジェル.ミュージック.ベイビー.』を振り返っていただきたいのですが、ファーギーの『プリンセス・ファーギー:The Dutchess』やネリー・ファータドの『ルース』などを聴いていると、前作はのちのポップミュージックのトレンドを予見していたようなところがあったように思えます。
【グウェン】
 『ラヴ.エンジェル.ミュージック.ベイビー.』の制作にあたっては80'sポップスのエッセンスを取り入れたダンスフロア向けの音楽を作りたいっていう明確なアイディアがあったわ。ただ、その段階ではアルバムをリリースしたあとの影響についてはあまり考えていなかった。だからみんなから肯定的な反応が寄せられるのは本当にうれしいわ。

――今回のニュー・アルバム『スウィート・エスケイプ』のコンセプトを教えてください。
【グウェン】
 今回は特にコンセプトらしいコンセプトはないの。唯一あるとすれば前作『ラヴ.エンジェル.ミュージック.ベイビー.』のパート2的なところがある点かしら?前作を作ったときに収録できなかった曲からもう1枚アルバムを作りたいってインスピレーションを得たと思うの。

――アルバムの半分以上はファレル・ウィリアムス(ネプチューンズ)とのコラボレートで作られていますが、なかでも映画『サウンド・オブ・ミュージック』の挿入歌を引用した「グウェン姐さんのねじ巻き行進曲。」は強力ですね。
【グウェン】
 エキセントリックな曲よね。ファレルがこの曲のビートを聴かせてくれたときは「ちょっと本気?クレイジーじゃないの?」って感じだったんだけど、ここに『サウンド・オブ・ミュージック』を乗せたらもっとかっこよくなると思ったの。最初ファレルはサンプルを入れることに反対していて、「ダメダメダメ!なにをしてるんだよ!」って言われたわ。でも、実際にシングルがリリースされたあとに話したら「君がなにをやろうとしていたのかわかったよ」って言ってくれたの。曲をシンプルでミニマル(最小限)にする彼のやり方に対して、私は曲にいろいろな要素を足していくタイプなのよね。

ファッションの仕事は一生やり続けていきたい

――2ndシングルの「スウィート・エスケイプ FEAT.エイコン」では目下絶好調のエイコンとの共演が実現していますね。
【グウェン】
 エイコンのことは全然知らなかったんだけど、レーベルの社長に「絶対に仕事するべきだ」って言われたの。最初は乗り気じゃなかったのに、会って5分で昔からの知り合いのような気持ちになれたわ。エイコンが聴かせてくれたトラックは私が思っていたものとは違っていたの。てっきりありふれたHIP HOPを聴かせてくれるのだろうと思っていたけど、実際は風変わりなものできちんと私のリサーチをしてくれていたみたい。

――最後にあなたのファッションブランド“L.A.M.B.”の今後の展開について教えてください。
【グウェン】
 “L.A.M.B.”は始めてから4年になるんだけど、とても楽しくやっているわ。クリエイティブな表現手段であり、アートプロジェクトよ。新しいシーズンを迎えるたびに良くなっているけど、私が望んでいるような素晴らしいものになるまで、まだまだ先は長いわ。ファッションの仕事は一生やり続けていきたいと思っている。前から自分の衣装もデザインしていたし、本当にファッションに関わる仕事が大好きなの。

(文:高橋芳朗)
Release
スウィート・エスケイプ
グウェン・ステファニー
2007/01/31[アルバム]
\1,980(税込)
ユニバーサル インターナショナル
UICS-9055
CDを購入する
Profile
1987年、当時16才だった紅一点グウェン・ステファニーを中心にノー・ダウトを結成。
1992年、アルバム『ノー・ダウト』でデビュー(日本での発売は1996年8月)。
1995年10月、2ndアルバム『トラジック・キングダム』(日本での発売は1996年6月)をリリース。同アルバムで9週連続で1位を獲得し、トップ10に36週間ランクインという偉業を達成。
2003年、グラミー賞2部門を受賞。
また、グウェンのファッション・ブランド“L.A.M.B.”の設立や映画出演等、音楽だけにとどまらず、活躍の場を広げる。
2004年11月21日、ソロアルバム『ラヴ.エンジェル.ミュージック.ベイビー.』をリリース。全世界で700万枚(米国内だけで380万枚)のセールスを記録。
2007年1月31日、ソロアルバム『スウィート・エスケイプ』をリリース。
オフィシャルサイト