ORICON STYLE

2006年10月18日
BOYZ II MEN SPECIAL INTERVIEW
たくさんの愛が詰まった、4年ぶりのオリジナルアルバムが完成
PLAY MOVIE
1. コメント映像 PLAY
2. PV「Muzak」 配信終了

動画はWindowsMedia Playerで御覧になれます。

カバー作品集のリリースを経て、4年ぶりとなるオリジナルアルバム『The Remedy』をリリースするボーイズIIメン。美しいハーモニーはそのままに、今のシーンともしなやかに対話した意欲作が完成した。

“ボーイズIIメン”というブランドを作り上げてきた
――シングル「モータウンフィリー」でデビューしてから今年で15年ですね。
【ネイザン】
 ああ、この15年間はとても楽しいものだった。いわゆるオーバーナイト・サクセス(一夜にして大成功)ではなく、ひとつひとつ経験を積み重ねて成長してきたってことを僕らは誇りにしているよ。
【ウォンヤ】 “ボーイズIIメン”という新たなブランドを作り上げたって感じだね。
【ショーン】 グループでの活動は僕の人生をとても豊かなものにしてくれた。言葉にできないほどハードだったけどね。

――4年ぶりとなるオリジナルアルバムですが、『The Remedy』というタイトルの意味、また作品のコンセプトはどんなものなのでしょう?
【ショーン】
 病んでいる世の中を治療・救済(=Remedy)しようという意味だよ。失われつつある愛を取り戻したり、ラブソングの良さを伝えるってところかな。
【ウォンヤ】 地球にバンドエイドを貼るって感じかな。どデカいバンドエイドをね(笑)。
【ネイザン】 ミュージシャンたちのグレイトなクリエイティヴィティを現代に取り戻したかった。それと僕らの音楽がどこから来たのかを伝えたかったんだ。

僕たちのアルバムで癒されてほしい
――あなたたちのレーベル「MSM」からリリースされる初のオリジナルアルバムですが、以前と比べて何か変化はありましたか?
【ショーン】
 レコード会社の制約がないから自由気ままにできたってところかな。でも、美しいものを求める気持ちは同じだし、クオリティも変わらないよ。あと、以前と比べると女性の扱い方も上手くなって、いっぱしの男になった(笑)。

――プロデュースはあなたたち自身で、数組のプロデューサーがサポートしていますが、時代やシーンとの折り合いなども含めて何か気を遣いましたか?
【ネイザン】
 R&Bに関して言えば今はフォームが違うだけで、本質は何も変わっていない。だから特に何も気にしなかったよ。

――“Perfect Love Song”の歌詞には有名なソウル〜R&Bのアーティストたちの名前が登場しますが、彼らはあなたたちにとってどういう存在?
【ショーン】
 僕たちと比べられるアーティストたちと言うかね。まあ、これは一種の比喩で、実は彼ら以上に僕たちが“完璧なラブソング”を世に送り出した、ってことでもあるんだ。

――今回のアルバムの中で特に思い入れのある曲はどれでしょう?
【ネイザン】
 全曲をシングルにするつもりでレコーディングしたから、全部思い入れのある曲ばっかりだよ。
【ウォンヤ】 うん、アルバム全曲と言いたいね。何故って、全ての曲が一緒になってマジックを生んでいるから。同じことが繰り返される今の音楽シーンで、誰もが歌えるような曲を作れたらって思っていたんだ。とにかく僕たちのアルバムで癒されてほしい。
【ショーン】 そう、もう一度“クラシック”と呼ばれるような曲が生まれればと願っているよ。

(文:林 剛)
RELEASE
RELEASE
ザ・レメディー
ボーイズIIメン
2006/10/25[アルバム]
\2,800(税込)
BBMC
OACD-10006
CDを購入する

【着うた】
BOYZ II MENの
着うた配信中!
携帯にURLを送る
PROFILE
1988年、ウォンヤ・モリス、マイケル・マッケリー、ショーン・ストックマン、ネイザン・モリスの4人組で米国フィラデルフィアにて結成。
1991年、シングル「モータウンフィリー」でデビュー。デビュー曲は全米R&Bチャート4位、同ポップスチャート3位の大ヒットを記録。
以降、数々のヒットソングをチャートに送り込み、“20世紀最大のボーカルグループ”(米ビルボード誌)となる。マライヤ・キャリーと共演した「One Sweet Day」が全米チャート16週連続No.1を獲得。1995年に打ち立てられたこの記録は、現在も破られていない。
2001年、マイケル・マッケリーが病気療養を理由に脱退。その後も3人で精力的に活動を続ける。
2005年1月26日、アルバム『フル・サークル』をリリース。
2005年4月21日、アルバム『レガシー〜ボーイズIIメン・グレイテスト・ヒッツ』をリリース。
2005年11月30日、アルバム『ウィンター/リフレクションズ』をリリース。
2006年10月25日、4年ぶりとなるオリジナルアルバム『ザ・レメディー』をリリース。
オフィシャルサイト