ORICON STYLE

2006年09月20日
Justin Timberlake
SPECIAL INTERVIEW
4年ぶり待望のアルバムは、セクシーでラブを歌ってるアルバム!!
Play Movie
1.PV「セクシーバック」

動画はWindowsMedia Playerで御覧になれます。




とにかく前回とは違うサウンドを打ち出したかったんだ
――前作『ジャスティファイド』が大ヒットして高く評価されたので、今回はプレッシャーが大きかったのでは?
【ジャスティン】 ああ。だから必要なだけ時間をかけようと決めて、まずは充分に休養したんだ。僕はイン・シンクを結成した15才の時から8年間ノンストップで働いてきたから、クリエイティブなエネルギーをすっかり使い果たしてしまって(笑)、充電期間が必要だったんだよ。だからサーフィンやスノボーやゴルフをして、しばらく人生を楽しむことにしたのさ。そして前もってアイデアを用意せずに、白紙の状態からレコーディングに取り掛かったんだ。最終的に『ジャスティファイド』には6週間、今回は11ヶ月を費やした。それだけでも僕の気合いがわかるだろ?

――自ら共同プロデュースすることを選んだのはなぜ?
【ジャスティン】 とにかく前回と違うサウンドを打ち出したかったんだよ。自分でプロデュースすれば、僕のカラーをサウンド面にはっきり反映させられるだろ?でも、どのプロデューサーと何曲やるとか、細かいことは決めないで作業を始めて、ふと気付いたらティンバランドと一緒に10曲近く作っていた。彼とは前作でもコラボして、初対面の時から相性が良かったんだよね。

――サウンド的にはヒップホップからハウスやロックまで、大胆にクロスオーバーしていますね。
【ジャスティン】 前作と比べると断然音楽性が広がったよ。一度聴いただけでは消化し切れないんじゃないかな(笑)。なにしろ今回は、ファンキーでさえあれば何を取り入れてもいいって決めていたんだ。だから思いつくアイデアは全部試してみたよ。ギターで曲を書いたりピアノで曲を書いたり、ビートを元に書いたり・・・・・・。基本になる楽器が違えば曲のノリも変わるし、ティンバランドがいればどの方向に進んでも大丈夫だという安心感があった。あともうひとつ、“いいメロディ”も必須だったね。僕はメロディを作るのが大好きで、一日中作っていても飽きないんだ(笑)。

本物のセクシーを復活させてやろうと思ったのさ
――先行シングル『セクシー・バック』では“僕がセクシーを取り戻す”と大胆なメッセージを発していますよね。
【ジャスティン】 それはアルバムのテーマでもあるんだ。最近のシーンには露骨なセクシーは溢れてるけど、本物のセクシーが欠けてる。だったら僕が復活させてやろうって思ったのさ。例えばデヴィッド・ボウイやプリンスやマドンナが備えている、ナマっぽい感覚を目指したんだよ。

――タイトルはどんな意図で選んだのですか?
【ジャスティン】 アルバムに着手した当初はアルバム全体のビジョンは特に持っていなかったんだけど、曲作りを進めるうちに徐々に見えてきて。タイトルトラックを書き上げて命名した時に、“この4つの言葉がアルバム全体を総括してるぞ”と確信したんだ。これはまさにフューチャリスティックで、セクシーで、ラブを歌ってるアルバムだからね!
(文:新谷洋子)
Release
フューチャー・セックス/ラヴ・サウンズ
ジャスティン・ティンバーレイク
2006/09/20[アルバム]
\2,548(税込)
BMG JAPAN
BVCQ-21082
CDを購入する
Profile
1981年1月31日、米国テネシー州メンフィス生まれ。
ブリトニー・スピアーズやクリスティーナ・アギレラと同じく、子供番組『ミッキー・マウス・クラブ』に出演。その後、人気グループ、イン・シンクのメンバーとしてデビューし、トータルセールス4000万枚以上という偉業を達成。また、俳優としてもサンダンス映画祭で絶賛されたニック・カサベテス監督の『アルファ・ドッグ』やクリスティーナ・リッチと共演した『ブラック・スネイク・モーン』などに出演。
2003年、『MTVビデオ・ミュージック・アワード』3部門、『アメリカン・ミュージック・アワード』。2004年、『グラミー賞』2部門(最優秀男性ポップ・ボーカル・パフォーマンス、最優秀ポップ・ボーカル・アルバム)など数多くの賞を受賞。
2002年11月7日、アルバム『ジャスティファイド』で待望のソロ・デビュー。全米アルバムチャートで70週以上チャートインし、全世界で1000万枚近いセールスを記録。
2006年9月20日、アルバム『フューチャー・セックス/ラヴ・サウンズ』をリリース。
また、満を持して友人とともに自らのファッションブランド、『ウィリアム・ラスト』を設立。この秋にはLAでの初のファッションショー、そして日本にも進出が予定されている。
2007年公開予定の『シュレック3』では、声優として出演が決定している。
オフィシャルサイト