ORICON STYLE

2006年08月30日
SPECIAL INTERVIEW
THE RIFLES ザ・ライフルズ
本格派ロックサウンドを鳴らす新鋭UKバンド、遂に日本デビュー!
『FUJI ROCK FESTIVAL '06』でのライブが日本デビュー前にもかかわらず大盛り上がりとなった新鋭UKバンド、THE RIFLES。鋭くパワフルなロックサウンドは新人ながらかなりの本格派だ。シーンを撃ち抜くこと必至のデビュー作について、ライブ後の4人に語ってもらった。

今のサウンドは、自然にできたもの

――『FUJI ROCK FESTIVAL '06』のライブはどうでした?
【ジョエル】
 期待以上だったね。どんな反応が待ってる全然わからなかったけど、アルバムリリース前なのにあんなにすごい反響があるとは思ってなかったから。嬉しかったよ。

――ザ・ライフルズは、サウンドにもファッションにしても、モッズ的な要素を感じるんですけれども。どういうところから影響を受けてきたんでしょうか?
【ルーク】
 そうだな、例えばジャムとかキンクスとか、あの辺のブリティッシュロックも結構好きだね。でも、それをそのまま受け継いだというより、好きな音楽を全てミックスして自分たち流に作り変えたってところがあるんじゃないかな。クラッシュみたいな、パンクロックの要素もあるからね。

――曲を作り始めたときには、どういうものを作ろうというビジョンがあったんでしょう?
【ジョエル】
 まずエネルギッシュで気持ちが昂ぶるような、勢いのあるものだね。最初の頃のライブは20〜30分くらいのセットだから、人に印象を残すためにもそれだけ勢いのあるセットにしなきゃいけなくて。でも、自分たちの今のサウンドは、自然に、こうまとまるべきであろうという形になったんだよね。
【ルーク】 最初のリハーサルでは、お互いに楽器をガンガンに弾きまくって、ただ楽しんでいたっていうことは覚えてるけどね。でも、そういうのにもすぐに飽きて、自然と自分たちのサウンドっていうのに落ち着いたんだ。

一生かけてハッピーな気持ちで音楽を続けたい

――ライブを観て思ったんですけど、普通ならもっと抑え目にするような場面でも、ルークがギターをずーっとガンガン弾きまくってますよね(笑)。
【ルーク】
 その通り!ちゃんと見てるなあ(笑)。
【ロブ】 たまにこいつがやりすぎるから、他のメンバーに迷惑がかからないようにコードを抜いたりすることがあるんだよ(笑)。

――(笑)。曲作りの面、ライブの面で自分たちに課しているルールはありますか?
【ジョエル】
 特に自分たちに課してるルールはないんだけど・・・・・・ただ、ライブに関しては、本当にベストを尽くすっていうことにつきるかな。何人来てようと、たとえ2〜3人しかいなくても、心を込めて、全身全霊でライブをするっていうこと。でも、そうは言ってもやっぱりお客さんの反響が自分たちのライブの決め手になるところは大きいかな。みんなが楽しんでいないと、自分たちもノレないから。で、曲作りに関しては、ルールもなければ方程式もないし。アイディアが降りてきたら曲を書くっていう感じだよ。アコースティックギターから始まるものもあれば、ジャムセッションで始まるものもあるからね。

――では、将来の野望、この先どういうバンドになっていきたいかを語ってもらえますか?
【ジョエル】
 とにかくハッピーな気持ちで音楽をずっと続けていきたい。一生かけてハッピーな気持ちで音楽を続けられるのなら、一生やっていきたいね。
【グラント】 まったくその通りだね。
【ロブ】 それだけじゃなくて、音楽的にも自分たちをもっと先へ先へと駆り立てることができればなって思う。
【ルーク】 この先もずっと、永遠に残るような音楽を作っていきたいね。
(文:柴那典)
RELEASE
ノー・ラヴ・ロスト
ザ・ライフルズ
2006/09/20[アルバム]
\2,000(税込)
BMG JAPAN
BVCP-27111
CDを購入する
RELEASE
ザ・ライフルズのサイン入りポラを抽選で2名様にプレゼント!!
多数のご応募、ありがとうございました。プレゼントの当選は、発送をもって換えさせて頂きます。
その他、開催中のプレゼントはコチラ
PROFILE
ジョエル・ストーカー(Vo,G)、ルーク・クロウサー(G)、ロブ・ パイン(B)、グラント・マーシュ(Dr)の4人組。
2003年、ルークとジョエルとロブがお互いの街を行き来する毎日を送っていたとき、グラントと出会う。
2004年1月、初のライブを行い大成功を収める。
2005年、Radio1やXFMがシングル「ピース・アンド・クワイエット」「ホエン・アイム・アローン」を絶賛。ロンドンの若者達の間で、急速に広まっていく。
2006年8月、『FUJI ROCK FESTIVAL '06』に出演のため来日。日本デビュー前にも関わらず多くの観客を魅了する。
2006年9月20日、アルバム『ノー・ラヴ・ロスト』で待望の日本デビュー。
オフィシャルサイト