ORICON STYLE

2006年08月30日
SPECIAL INTERVIEW
Mando Diao マンドゥ・ディアオ
最新アルバムは、新たな音楽世界を引き出した意欲作!
PLAY MOVIE
1.コメント映像 PLAY
2.PV「ロング・ビフォア・ロックン・ロール」 配信終了

動画はWindowsMedia Playerで御覧になれます。

先日の『SUMMER SONIC 2006』での熱いライブの記憶が新しいスウェーデン出身の5人組、マンドゥ・ディアオ。その白熱のステージでも披露していた最新作『オード・トゥ・オクラシー』が大評判なのだ。彼らの新たな音楽世界を引き出した意欲作!聴き逃し厳禁だ!

今回はセルフプロデュースで、自分たちの納得いく音を追求できた

──『SUMMER SONIC』はどうだった?
【グスタフ】
 すっごくよかったよ!!オーディエンスのノリも最高だったし。前回のサマソニの時は、(オーディエンスは最高だったけど)俺たちの演奏は納得いくものじゃなかったからね。
【サミュエル】 前のサマソニ以降、ライブをいっぱいこなしたからね。その経験が生かされているんだ。

──そのステージでも数多く披露されてたけど、最新作『オード・トゥ・オクラシー』は、バンドの持つ勢いとライブで得たテクニックが融合した、聴きごたえのある1枚になってるね。
【グスタフ】
 ありがとう!俺たちも、とても誇りに思っているアルバムになったと思っている。最高傑作と言っていいかも。今回はセルフプロデュースで、自分たちの納得いく音を追求できたからなんだけど。
【ビョルン】 前作は窮屈だったからね。プロデューサーの権限で作られたから、バンドの1つの側面しか伝えられなかったからなんだけど。
【カール】 これまでずっとビートルズっぽい音ばかりやらされてきた感があった。そんなのただのコピーで、全然クリエイティブじゃなかったんだよ。でも今回はストリングスを入れてみたり、ヒップホップとかジャズの要素を入れたりして、バンドのオリジナリティを表現できた気がするんだよね。

セルフプロデュースをしたことで、バンドにとって強い自信になった

──また今回は「オクラシー」という言葉がキーワードになっているみたいだね?
【ビョルン】
 俺が考えた言葉なんだ。(アルバムのラストに「オクラシー」という曲があるんだけど)これは白昼夢というか、目が覚めているのに現実ではない世界を体験している気分のことを指す言葉。今回のアルバムの収録曲は、そういう気分の時(たいていライブが終わった夜中の3時頃なんだけど)に見た風景からインスピレーションを受けて作ったものが多いからなのさ。

──そのオクラシーな世界にはドラッグ中毒者やら、テロリスト志願者など、かなりあやしい人々がいるね。
【マッツ】
 かもしれない。でもみんな、それぞれの人生を一生懸命に生きているんだ。だからこそ、俺たちは彼らについての曲を書くのさ。

──日本人でオクラシーの住人はいる?
【グスタフ】
 日本人こそオクラシーの宝庫さ!つい先日フラッとバーに入ったら、いきなり店員が魚のお面をかぶって『フィッシュ・ファイト!!』と叫びながらストリップ始めたりとか(笑)。
【ビョルン】 あと、渋谷で白昼堂々コンドームかぶって芸をするコメディアンもいたり。信じられない光景の連続だよ!

──ごめんね・・・日本人はクレイジーで。
【グスタフ】
 でも彼らにはそれをやる理由があったんだよ、きっと。俺たちが言葉がわからなかったから、それが理解できなかっただけで。

──さて、話は変わるけど。今回セルフプロデュースでアルバムを制作してみて、得たことがあるのでは?
【グスタフ】
 バンドにとって強い自信になったよ。まわりにアルバムが理解されるのは時間がかかるかもしれないけど、この経験は今後の俺たちの活動の大きな糧になると思うよ。
【ビョルン】 改めてこのバンドは個性の強い5人で構成されていることに気づいた。この5人なら、音楽以外でもクリエイティブなことできるんじゃないかな。でも今は音楽で手いっぱいだから、やらないけど。
(文:松永尚久)
RELEASE
オード・トゥ・オクラシー
マンドゥ・ディアオ
2006/08/09[アルバム]
\2,500(税込)
東芝EMI
TOCP-66602
CDを購入する
RELEASE
マンドゥ・ディアオのサイン入りポラを3名様に、サイン入りTシャツを2名様に抽選でプレゼント!!
多数のご応募、ありがとうございました。プレゼントの当選は、発送をもって換えさせて頂きます。
その他、開催中のプレゼントはコチラ
PROFILE
ビョルン・ディクスクウォット(Vo,G)、グスタフ・ノリアン(Vo,G)、カール・ヨハン・フォーゲルクロウ(B)、サミュエル・ギールス(Dr)、マッツ・ビヨルク(Key)の5人組。
2003年6月18日、アルバム『ブリング・エム・イン』で日本デビュー。
2004年9月8日、アルバム『ハリケーン・バー』をリリース。
2006年8月9日、アルバム『オード・トゥ・オクラシー』をリリース。
2006年8月12日、『SUMMER SONIC 2006』出演のため来日。
オフィシャルサイト