ORICON STYLE

2006年08月23日
Outkast SPECIAL INTERVIEW
グラミー賞を獲得した前作より約3年ぶりの待望のアルバムが到着!

グラミー賞年間最優秀アルバム賞を獲得したアルバム『スピーカーボックス〜ザ・ラヴ・ビロウ』から3年、アウトキャストが自ら主演を務める同名映画のサントラともなっている新作『アイドルワイルド』を完成。その壮大なプロジェクトの全貌に迫る。

今回のプロジェクトは、いろんなアイディアの統合から始まった
――まず、今回の『アイドルワイルド』のプロジェクトはどんなところから着想を得たのでしょうか?
【アンドレ】
 いろんなアイディアの統合から始まったんだ。ミュージカルとまでは言わないけど、音楽をテーマにした映画を作りたいって『アクエミナイ』(1998年)を出したころから思っててね。ずっと自分たちのビデオを撮ってくれてるブライアン・バーバーとアイディアを出し合って、彼が脚本を書いてくれたんだ。

──本作は、これまで以上にロックの要素というか、ニックが音楽的にやりたいコアな部分を表現している感じがするんだけど。
【ビッグ・ボーイ】
 パーシバルとルースターというメイン・キャラクターがいて、ふたつの話が同時に展開するんだ。決して『ビバリーヒルズ・コップ』や『ラッシュ・アワー』みたいなパートナー同士の友情の話じゃなくって、俺とアンドレがまったく違ったキャラクターを演じて、それぞれにストーリーがあるんだ。

──また、今回はソングライティングも数多く手がけているよね?
【アンドレ】
 “アイドルワイルド”というのはフィクションでもあり現実の場所でもあるんだ。本来は1930〜40年代にミシガン州にあった裕福な人々のためのバケーションスポットの名前なんだけど、フィクションでジョージア州の“アイドルワイルド”を作ったってわけさ。

30年代の音楽のビートやテンポに合わせるのはチャレンジでもあった
──なるほど。確かに歌声からは何か人生の新しい光を見つけたニックの姿を感じ取れる。
【ビッグ・ボーイ】
 確かに「ザ・ホール・ワールド」にはビデオにも1930年代のイメージが打ち出されてるし、音的にもスウィングの影響を受けてるね。ああいう曲をレコーディングするのは楽しいし、30年代の音楽のビートやテンポに合わせるのはチャレンジでもあったね。
【アンドレ】 1930年代の音楽というのはほとんど聴いたことがなかったんだけど、レコード屋に行って当時の音楽を探したり、映画のプロダクションチームがその時代のDVDを集めてくれたりして、なるべく本物に近いヴァイブを出せるように努めたよ。具体的には『ストーミー・ウェザー』や『ポーギーとべス』のDVDを見たり、キャブ・キャロウェイなんかの音楽を聴いた。俺が好きなジャズは1950〜60年代のものだから、30年代まで遡って聴くのは新鮮だったね。

――アルバムからはすでにマーチングバンドを従えたシングル「モーリス・ブラウン」がヒット中です。
【ビッグ・ボーイ】
 タイトルはアトランタにあるモーリス・ブラウン大学からとった。そこの大学のマーチングバンドがすごく有名で、この曲もそういったプロダクションが施されているから“モーリス・ブラウン”って名付けたんだ。ここでは音楽を通して生まれる人々の感情を表してるんだ。

――ファンの多くはアウトキャストに折衷的で斬新な音を求めている傾向が強いですよね。そういう自分たちのイメージについてどのように考えていますか?
【アンドレ】
 1994年にデビューして以降、意図的ではないけど音楽性が何度か変化してる。でも、変化のないアルバムを作るんだったらそれはコピー・キャットと呼ぶべきだろ?みんなと同じものしか作れないんならさ(笑)。

(文:高橋芳朗)

RELEASEPROFILE
アイドルワイルド
アウトキャスト
2006/08/23[アルバム]
\2,400(税込)
BMG JAPAN
BVCQ-24031
CDを購入する
アンドレ(アンドレ・ベンジャミン)、ビッグ・ボーイ(アントワン・パットン)の2人組。
1993年、シングル「プレイヤーズ・ボール」で全米デビュー(日本では、1994年6月22日リリース)。
1994年7月21日、アルバム『ストリートの掟』をリリース。
1996年10月23日、アルバム『反逆のアトランタ』をリリース。
2000年11月22日、アルバム『スタンコニーヤ』をリリース。
2003年10月8日、アルバム『スピーカーボックス〜ザ・ラヴ・ビロウ』リリース。このアルバムでは、ビッグ・ボーイによる『スピーカーボックス』とアンドレによる『ザ・ラヴ・ビロウ』の2枚組という過去に例をみない試みがなされた。そして、アンドレのシングル「ヘイ・ヤ!」は全米シングルチャート1位を獲得。ビッグ・ボーイの「ザ・ウェイ・ユー・ムーヴ」と並んで8週連続全米シングルチャート1、2位独占というビートルズを上回る記録を樹立。
2004年、グラミー賞で“年間最優秀アルバム”を含む3部門を受賞。
2006年8月23日、アルバム『アイドルワイルド』をリリース。
オフィシャルサイト