ORICON STYLE

2006年07月26日

MADONNA マドンナ
SPWCIAL ISSUE
マドンナの真実、秘密を目撃できる作品が登場
プライベート&ライブ映像収録のダイジェスト映像は必見!!
9月に13年ぶりのジャパンツアーを敢行するマドンナ。その待望の来日を前に、チェックしておきたい作品がリリース!彼女のすべてが凝縮された、見ごたえ、聴きごたえのある内容。これを体感せずしてマドンナを語るべからず!?

マドンナの真実、秘密を目撃できる作品

 デビューから20年以上、常に音楽シーンのトップに君臨し続け、今やセレブ中のセレブとして、その生きざままでもが崇拝される存在=アイコンになっているマドンナ。ゆえに、プライベートでもさまざまな報道がされ、世間の注目を集めている。しかし、これまで彼女のプライベートを耳に目にする機会は数少なかった。そんなマドンナの真実、秘密を目撃できる作品『アイム・ゴーイング・トゥ・テル・ユー・ア・シークレット』がついに完成した!


 2004年に行われた『リ・インヴェンション・ツアー』のライブ映像、オフショット映像などを収めたDVDと、ツアーのライブ音源を収録したCD(ライブCDは初リリース!!)をパッケージした豪華な内容。まずチェックしていただきたいのがDVDのほうである。ライブ映像としては1991年のツアーの様子をとらえた『イン・ベッド・ウィズ・マドンナ』以来となる作品。『イン・ベッド・ウィズ・マドンナ』は、どちらかというと彼女の持つスキャンダラスさや破天荒な感じをクローズアップしたというものだったが、今回はそういった部分はほぼ消滅。「ポップスターとして自分は世界に何をすべきなのか?」という責任意識をしっかり持った彼女の姿が、さまざまな表情や言動から響いてくるものとなっている。とくにラストで、イスラエルに訪問してスピーチをする姿や、ライブでジョン・レノンの「イマジン」をカバーする姿からは、彼女の並々ならぬ人間愛が伝わってくる。


 またライブ映像のほかにも、夫ガイ・リッチーや超キュートな二人の子供たち、ルルド&ロッコとの超貴重なプライベート映像も収録。ひとりの女性として幸せを噛み締めている彼女の姿も(ノーメイク?の彼女の美顔ともども)要チェックである。


キラキラゴージャス感満載のライブCD

 だがなんと言っても、観ごたえのあるのが豪華絢爛なライブパフォーマンスである。「ヴォーグ」や「ミュージック」「アメリカン・ライフ」などヒット曲の数々をキレのいいダンスを交えながら披露する姿からは、クイーン・オブ・ポップ・スターのオーラがビシビシ。それはCDを聴いてるだけでも伝わってくる。とにかくすごい迫力なのだ。スピーカーからマドンナが飛び出してくるんじゃないかってくらいの・・・。だから、聴いているとあっという間にライブハウスへとトリップした気分になれるし、さらには来日公演への期待も否応無しに盛り上げてくれるのだ。『リ・インヴェンション・ツアー』は、どこか政治色が強いものだったが、今回は新作『コンフェッションズ・オン・ア・ダンスフロア』がダンス、ディスコ色の強い仕上がりだっただけに、よりキラキラゴージャス感は倍増するはず(実際昨年11月に行われた来日スペシャルライブもそうだったし)!!


早く9月がやって来ないかなぁ・・・。
あと、DVDでイギー・ポップが登場するあたりは、かなりウケるので必見デス。

(文:松永尚久)
TRIAL
PLAY MOVIE
1. DVDダイジェスト映像
PLAY
動画はWindowsMedia Playerで御覧になれます。
RELEASE

アイム・ゴーイング・トゥ・テル・ユー・ア・シークレット【CD+DVD】
マドンナ
2006/07/26[アルバム]
\3,480(税込)
ワーナーミュージック・ジャパン
WPZR-30163/4
DVDを購入する
【着うた】
マドンナの着うた
配信中!
携帯にURLを送る
PROFILE
1958年8月16日、米ミシガン州デトロイト郊外ベイ・シティ生まれ。
本名マドンナ・ルイーズ・ヴェロニカ・チコーネ。
11歳からダンスのレッスンを受け始め、1975年に奨学金を得てミシガン州立大学の舞踏課程に入学するが1年で中退、スターの座を夢見てわずか35ドルを手に単身ニューヨークへ渡る。時給1ドル50セントのウェイトレスをしながらダンスのレッスンを続け、1979年から本格的音楽活動を開始。
1982年、デモテープがきっかけとなり、シングル「エヴリバディ」でデビュー。
1984年シングル「ライク・ア・ヴァージン」で初の全米1位を獲得、続いてリリースした2ndアルバム『ライク・ア・ヴァージン』が全米はもとより世界11カ国で1位となり、全世界で2300万枚のビッグセールスに。
以来約20年に渡り、リリース作品やライブパフォーマンス、映画出演、果てはプライベートに至るまで常にセンセーショナルを巻き起こし“クィーン・オブ・ポップ”として君臨している。
1985年1月に初のプロモーション来日、その後1987年、1990年、1993年と3回に渡り日本公演を行っている。
2005年11月16日、アルバム『コンフェッションズ・オン・ア・ダンスフロア』をリリース。全米を含む世界17カ国で1位を獲得。
2005年12月5日、12年ぶりの来日を果たす。
2006年7月26日、CD+DVD『アイム・ゴーイング・トゥ・テル・ユー・ア・シークレット』をリリース。
オフィシャルサイト
LIVE INFORMATION
『コンフェッションズ・ツアー』
9/16(土)大阪ドーム
9/20(水)東京ドーム
総合お問合せ:キョードー東京 0180-993-999
【過去の特集】
■スペシャルライブ特集
 『12年ぶり遂に来日!熱狂のスペシャルライブレポ!』(2005/12/14)