ORICON STYLE

2006年07月12日
コリーヌ・ベイリー・レイ Corinne Bailey Rae
Special Interview
UKチャート1位を獲得した期待のシンガーソングライター日本デビュー!

輸入盤の段階で話題となっていたUK出身のシンガーソングライター、コリーヌ・ベイリー・レイがついに日本デビュー。可憐な声で歌うストーリーテリングな歌。ちょっぴり切なくて、歌の色に自分が染まる感じがする。

夢を追求することって重要

――UKチャート1位おめでとう。いつ、どこで、どのようにして1位獲得を知ったの?
【コリーヌ】 スイスの空港にいる時にマネージャーからの電話で知ったんだけれど、信じられなかった。翌週も1位で、すごくビックリしたけれど、ツアー中で自宅を離れていたから、なおさら実感が湧かなくて、とにかく信じられなかったわ。


――子供の頃から聖歌隊で歌い、バイオリンを習っているけれど、両親が音楽好きなの?
【コリーヌ】 そうではなくて、リーズ周辺ではバイオリンって人気の習い事のひとつだから。でも、聖歌隊に関しては、珍しかったかもしれない。ただ私が通っていた教会は、奉仕活動に熱心で、信徒もボヘミアン的な人が多かったから、賛美歌を歌うことよりも、愛こそ全て、と思う彼らと触れ合うことが私の楽しみだったわ。


――それがあなたに何か影響を与えた?
【コリーヌ】 大学卒業後、カフェでアルバイトをしていたら、教授に「まだ音楽をやっているの?」なんて呆れられたこともあったけれど、でも、今はこうやってデビューすることができた。夢を追求することって重要よね。誰に何と言われようとも。そういう考え方をするのは、当時の影響かもしれないわね。


――楽器は他に何が演奏できるの?
【コリーヌ】 予算がなかったから、レコーディングでベースやピアノを曲によっては演奏しているけれど、それほど上手じゃないのよね。


――曲作りを始めたのはいつ頃?
【コリーヌ】 10代半ばから。若い頃は自分の感情を解放させる必要があるじゃない。大半の曲は、自分の経験をベースにしているけれど、最近はそれをストーリー仕立てにするようにしているわ。ある程度曖昧な表現にすることで、聴き手がそれぞれに解釈できるから・・・。


オーガニックなアルバムにしたいと思った

――アルバムは生演奏中心で、オーガニックな感じだけれど、コンセプトはなにかしら。
【コリーヌ】 正直で、オープンで、ライブな感じがする、オーガニックなアルバムにしたいと思ったの。巧妙で完璧なサウンドだけは避けたかったから。実際にコラボレートするにしても、共作者とアイディアを交換しながら、自然な流れで曲は作られていったわ。


――でも、1曲だけループを使ったダンスナンバーがあるでしょ。これはどうして?
【コリーヌ】 もし、プロデューサーのポールとトミーの経歴を知っていたら、躊躇したかもしれない。でも、知らなかったからこそ、私の明るい部分を引き出してもらうことができたわ。


――学生時代にロックからソウルに転向。今のボーカルスタイルはその頃から?
【コリーヌ】 私はマライア・キャリーやホイットニー・ヒューストンとは声も、歌い方も異なるタイプで、声域が広いわけでもない。でも、ビリー・ホリデイやエリカ・バドゥらの歌を聴いて思ったの。歌う内容やリズムが重要で、彼女たちに共通するのは会話するように歌っていること。決してテクニカルなタイプじゃないけれど、こんな風に歌いたいと思った。完璧じゃなくていいのよね。私の声はハスキーだし。


――そんなことはないわ。可憐な声よ。最後に自分の作品には満足しているかしら。
【コリーヌ】 もちろんよ。完成するのにとても時間がかかったけれど、それだけに満足度も高いわ。

(文:服部のり子)
Comment & PV
PLAY MOVIE
1. インタビュー映像
PLAY
動画はWindowsMedia Playerで御覧になれます。
Release

コリーヌ・ベイリー・レイ
コリーヌ・ベイリー・レイ
2006/07/12[アルバム]
\1,980(税込)
東芝EMI
TOCP-66600
CDを購入する
【着うた】
コリーヌ・ベイリー・レイの着うた配信中!
携帯にURLを送る
Profile
英国リーズに生まれる。
少女時代はバイオリンを習っていたが、歌を始めた原点は教会での賛美歌だったという。10代の半ばで自身のバンド“Helen”を結成し、地元で注目される存在となる。その後、リーズ大学に進学し、英文学を学びながら、夜は地元のジャズクラブでクローク係として働くようになる。そこで、バンドをバックに歌ううちに、音楽に対する新たな情熱が湧き、ソロとしての曲を書き溜めるように。音楽性もインディーロックからソウル、R&Bへと変わっていく。
2006年3月、英国にてデビューアルバム『コリーヌ・ベイリー・レイ』をリリースし、全英アルバムチャート初登場1位を記録。
2006年7月12日、アルバム『コリーヌ・ベイリー・レイ』で待望の日本デビュー。
オフィシャルサイト