ORICON STYLE

2006年06月07日
ORICON STYLE×BRITISH MUSIC CAMP

3ヶ月連続企画 第1弾アーティストはKEANE!!
KEANE
BRITISH MUSIC CAMP
第2弾アーティストORSON SPECIAL INTERVIEW NEXT PAGE
第3弾アーティストTHE FEELING SPECIAL INTERVIEW NEXT PAGE

デビュー作『ホープス・アンド・フィアーズ』が全世界で500万枚以上のセールスをマークしたキーン。約2年ぶりの新作に込められた彼らの世代に共通する想いとは?さらに力強さを増した2作目について熱く語る!

ファンのみんなへの感謝の気持ちでいっぱい

――まずは新作『アンダー・ザ・アイアン・シー -深海-』の完成までの2年間を、どのように過ごしていたか聞かせてください。前作が思いがけないような成功を収めたことで、人生の中でいちばん忙しい時間を過ごしたんじゃないですか?
【ティム】 ツアー中心の日々だったね。世界中で数え切れないほどのギグをこなしながら、バンドとしてもどんどん成長していけたと思っているよ。昔、小さなクラブでやっていたような町にも何度も足を運んだんだけど、行くたびに会場が大きくなっていて、観客も増えているのを目の当たりにしたしね。僕らをここまでのステージに連れてきてくれたファンのみんなへの感謝の気持ちでいっぱいだよ。ツアーと並行して、曲づくりもやっていたんだ。新作の収録曲も、移動中のツアー・バスの中などで書いたんだよ。だからすごく忙しく、充実した2年だったね。

――明確なビジョンを描いて、レコーディングに臨んだんでしょうか?
【ティム】 とにかく前作とは違ったものを作りたいと思っていたんだ。やりやすいもの、書きやすいものだけ取り上げるのではなく、これまで二の足を踏んできたものにも挑戦してみたくてさ。長い間ツアーを重ね、色々なことを経験してきた結果、バンド内はエネルギーに満ちているから、きっとできるはずだと感じていたからね。聴いてもらえればわかると思うけど、トムの歌声はより感動的な内容になっているし、リッチのドラミングはよりグルービーでロックでエキサイティングだ。そして僕も前よりも奇妙でクレイジーなサウンドを出しているし(笑)。
【トム】 僕の声はとても変化したと思うよ。やっぱりツアーの成果じゃないかな。その上達ぶりや情熱が、今回のアルバムには色濃く出ているんだ。実は制作前、僕らはひとつのグループとして、互いにうまく機能していないんじゃないかと感じていた時期があってさ。ガキの頃からの友達なのに、これはもうおかしな感覚だったな。こういう世の中で生きていることや、この年代特有のフラストレーションからくるもので、バンドにいることやこの3人がどうとか、そういう問題では全然なかったんだけどさ。とにかくそういう思い、フラストレーション、ダークネス、絶望感といったものを、歌に託したいと思ったんだ。だから声や歌い方が非常にパワフルでダイナミックに聴こえると思う。

僕らの世代の思いを代弁したかった

――なるほど。その違和感がアルバムのテーマと言えそうですね。
【ティム】 アルバムを通して表現したかったのは、僕らの世代の思い。それを代弁したかったと言うのかな。周囲で起こっていることに対し、どう対処、反応していけば良いのか、みんな戸惑ったり混乱したりしていると思う。“アイアン・シー”というのは、どうにも足を踏み込むことのできない、バリアみたいなものなんだ。その存在によって、僕らの世代は息苦しさを感じているわけさ。“アイアン・シー”の内側には、ダークで理解不能な世界が広がっていて、奇妙なものや奇妙な人間たちが棲息している(笑)。だからこのアルバムは、そうとうダークな作品だとも言えるよね。その中心的シンボルが、この“アイアン・シー”なわけさ。(文:油納将志)

PROFILE

トム・チャップリン(Vo)、ティム・ライス・オクスリー(Piano)、リチャード・ヒューズ(Dr)の3人組。
1997年、中学生時代にイギリス・サセックスにて結成。コールドプレイ、スーパーグラスなどの初期の音源をリリースして高い信頼度を誇るインディ・レーベル“Fierce Panda”からシングルを2枚リリースし、大きな注目を集める。
2004年6月、デビュー・アルバム『ホープス・アンド・フィアーズ』をリリース。弦楽器を持たないバンドという特異な編成もあって、UKを中心に大きな話題を呼び、全世界で500万枚以上の売り上げを記録。UKチャートでは、初登場1位、4週連続1位を記録。また、イギリスの国営放送BBCで、2004年度の“ベスト・ニュー・カマー”に選定される。
2004年7月、『FUJI ROCK FESTIVAL '04』に出演。
2005年8月、U2のヨーロッパ公演でオープニング・アクトとして出演。
2006年6月7日、アルバム『アンダー・ザ・アイアン・シー -深海-』をリリース。
2006年8月、『SUMMER SONIC 2006』に出演予定。

RELEASE


アンダー・ザ・アイアン・シー
−深海−

キーン
2006/06/07[アルバム]
\2,200(税込)
ユニバーサルミュージック
UICS-1109
CDを購入する

BRITISH MUSIC CAMP オフィシャルサイト

■第3弾アーティスト“ザ・フィーリング”インタビュー
『超ポップで激キュートなバンドがUKよりデビュー!』(2006/08/02)

■第2弾アーティスト“オルソン”インタビュー
『全英初登場1位を獲得した期待のバンドが日本デビュー!!』(2006/07/05)