ORICON STYLE

2005年11月30日
全米NO.1ポップ・アイコンが“生の姿”をさらけだす!
LINDSAY LOHAN リンジー・ローハン
ニューアルバム『リトル・モア・パーソナル』
 
INTERVIEW
 
(テーマは)私そのものよ

――まずはシングル「ブロークン・ハート」について教えてください。
【リンジー】 自分の気持ちをストレートに表現したの。カーラ(・ディオガルディ)と一緒に作った曲だし、すごく想いの強い曲よ。本当の私を感じてもらえると思うわ。私と父、私の家族をベースにした歌詞なの。親子の愛情や憎しみ、入り組んだ感情ってあるでしょ。それは誰にもある感情かもしれないけど、だからこそ強い想いが表現できたと思うわ。

――アルバムのテーマは?
【リンジー】 私そのものよ。

――レコーディングはどうでした?
【リンジー】 順調・・・でもないかな、ううん楽しかったわ。ただシングルのレコーディングの時は泣いてしまったの。だってカーラには何度も“さぁ、もう1回!”って言われるし、なんとなく過去の自分の経験が思い出されたりしてね。思わず、バスルームに逃げ込んだわ!

――「ブロークン・ハート」のビデオ撮影はどうでしたか?
【リンジー】 ビデオ・ディレクターをやったのよ。トミー(・モトーラ)や周りのみんなが、「誰も私以上にこの曲を理解できないし、私以上にこのシチュエーションを理解できる者はいない」って言ってくれて。自信なんて無かったけど、とにかく周りのスタッフの助けもあって、うまくいったのよ。ただ、私の色というか、私がお遊びじゃなくて真剣にこの曲に取り組んだということがわかってもらえるとうれしいわ。女優業より監督業のオファーが来たりして。冗談よ。

――ビデオの内容を教えてください。
【リンジー】 妹のアリーも出てるのよ。ビデオは、私達家族に起こった事実を元にしてるから。シリアスな内容だから少し迷ったけどね。アリーったらママに出演料として子犬をおねだりしたらしいのよ。(PVでは、リンジーの父=マイケルが母=ダイナを床に蹴り倒し、髪を鷲掴みにして部屋を引きずり回し、そのまま壁に頭を打ち付け、その脇で子供のリンジーが泣き叫んでいる様子が描かれている)このビデオのメッセージは、私の世界が崩れようとしているのに、みんながすることは、ただ傍観しているだけだったということ。ビデオの中で、“家族の部屋”はショウ・ウィンドウに設置されているの。何故なら私の人生はディスプレイに置かれているようなものでしょ。あまり小奇麗にまとめたくなかったから、鏡を割るシーンもスローモーションにせず、通常のフレーム数にしたの。その方が実際に暴力的に見えるでしょ。

――衣装について教えてください。
【リンジー】 ビデオでは、「ドレスアップしているのに、どこへも行く場所がない」という意味で、フォーマルなものを着てるの。普段は、もちろんカジュアルなものも好きよ。でも、フォーマルな衣装っていいわよね、光り輝いて見えるものね。

デビューでは出せなかった部分も表現できてると思うわ

――遂にアルバムが完成しましたね。
【リンジー】 ようやくね。デビューでは出せなかった部分も表現できてると思うわ。それにカバー曲にも挑戦してるの。チープ・トリックのカバーは私のお気に入りよ。CDジャケットにも期待してね。ビックリしてもらえると思うわ。オリエンタルな雰囲気というか、そうね、日本的な要素の写真になるはずよ。チャイニーズ・レターのイメージが入ってるの。去年からずっと日本に行ってみたいと思っていたし、ほんとは行くはずだったんだけど、撮影でダメだったの。写真はオリエンタルで、セクシーで、うーん見てのお楽しみね。

――今後の予定は?
【リンジー】 シャンパン片手に世界を豪遊!ううん冗談、人生はグラマラスに見えるけど、実際はいつもそうではないのよ。プライベートで、人生の歯車が狂ったり、毎日あっという間に過ぎ去ったように感じるの。アルバムが発売になったら、確かまた撮影のはずよ。でもそうね、やっぱり世界を旅したいわ。
(公式インタビューより)
 
RELEASE
 
リトル・モア・パーソナル
リンジー・ローハン
2005/11/30[アルバム]
ユニバーサルミュージック
ダウンロード購入する

【特別限定低価格盤】
\1,980(税込)
UICU-9022
CDを購入する

【通常盤】
\2,548(税込)
UICU-1103
CDを購入する

【楽曲情報】
01. ブロークン・ハート
02. ブラック・ホール
03. アイ・リヴ・フォー・ザ・デイ
04. 甘い罠
05. マイ・イノセンス
06. リトル・モア・パーソナル
07. イフ・イッツ・オールライト
08. イフ・ユー・ワー・ミー
09. ファストレーン
10. エッジ・オブ・セヴンティーン
11. フー・ラヴズ・ユー
12. ビューティフル・ライフ

 
PROFILE
  1986年7月2日生まれの19歳。NY州、ロング・アイランド育ち。
3歳から名門フォード・モデル・エージェンシーに所属、60本以上のCMに出演する。また1996年、9歳の時にTVシリーズ『アナザー・ワールド』で子役デビュー。1998年には『ファミリー・ゲーム/双子の天使』でスクリーン・デビューを果たし“Young Artist Award ”の主演女優賞を獲得する。
2003年、映画『フォーチュン・クッキー』のオーディションに合格、母親と心が入れ替わってしまうロックに熱をあげる娘を好演する。同作が全米興行収入1億ドルを超える大ヒットとなり、一躍全米を代表するティーン・アイドルに。また、作品内で自身が歌い、テーマ曲にもなった「Ultimate」を収録したサントラがビルボードのトップ20に3週ランクインする。
2004年、映画『ミーン・ガールズ』に主演、またもや8500万ドル以上の興行収入を獲得し、さらに『Confession of a teenage drama queen』の主役も務め、そのサントラでも4曲を収録。また、同年デビュー・アルバム『スピーク』をリリース。全米チャート4位を獲得し、100万枚を超えるセールスも記録する。
2005年11月30日、ニューアルバム『リトル・モア・パーソナル』を日本先行リリース。
ユニバーサル・ミュージック リンジー・ローハンサイト