ORICON STYLE

2009年05月27日
今、最も注目を集めている音楽プロデューサー 蔦谷好位置 ナイポジ対談気分転換は料理!絢香スペシャルは・・・前編 その場のふたりのテンションで生まれた傑作
2日に1回はスーパーで買い物(絢香)

【蔦谷】 絢香さんは制作で煮詰まったりすることない?
【絢香】 メチャメチャありますよ。そういう時は、さっさとやめて、別のことをします。一番手っ取り早いのは料理ですね。そんなに遠くにいかなくても、すぐに頭を切り替えられる。
【蔦谷】 けっこう自炊しているんですか?
【絢香】 ほぼ自炊ですよ。スーパーにも2日に1回は行っていますね。
【蔦谷】 そんなに行っているんだ!
【絢香】 大好きです。ここは安いけど野菜の質が悪いとか、ここは冷凍ものが安いとか、いろんなスーパーをまわっていますね。
【蔦谷】 調味料の値段を1円単位で把握している?
【絢香】 そこまでではないです(笑)。魚がメインの日はここだなっていうくらい。

【蔦谷】 ぼくもスーパーに行くんですけど、何を買っていいのか分からなくなっちゃうんですよ。
【絢香】 スーパーに行く前にその日の献立を決めて、買うものを全部メモして行くんです。買い忘れたものがあると悔しいし、余計なものも買わないようになるし。
【蔦谷】 すごくしっかりしていますね。
【絢香】 仕事の帰りにスーパーに寄ることもあるので、たいてい袋からネギが出ていますね。車の中が若干、ネギくさいんです。
【蔦谷】 (笑)でも、料理って時間がかかるじゃないですか。材料を買いに行って、調理して、後片付けもしなくちゃいけないし。
【絢香】 洗い物は、火が通るのを待っているうちにやっちゃいますね。料理を作るのも早いですよ。全部で、1時間かからないくらいで作っていますね。

みんなでムーンウォークしながら鍋を!(蔦谷)

【蔦谷】 効率がいい作業ができるんですね。ぼく、料理も掃除も苦手なんですよ。なにから始めていいのか分からなくなっちゃうんですね。で、気づいたら、ファミコンやっていたりして(笑)。あ、違う違うと思っても、気づいたら、昔のマンガを読んでいたりして。のび太くん的なとこがあるんです(笑)。
【絢香】 効率よくやっている自分が好きなんですよ。キッチンがきれいなのも嬉しいし。
【蔦谷】 きっちりしていますね。話しているとあんまりせっかちな感じがしないけど、せっかちですか?
【絢香】 ワリとせっかちですよ。だから、なるべく焦ったりしないように、落ち着いて段取りを考えるようにしているんだと思います。でも、基本的にはすっごくせっかちなので、例えば、問題があったら早く解決したいし、その場で片付けたいタイプですね。
【蔦谷】 ぼくも、ものすごくせっかちなんですよ。だから、「ちょっと1日、考えてもいいかしら?」なんて言われたらね、「ちょっと待て。いま話そうよ」ってなっちゃいますね。
【絢香】 そうそう。私もできるだけ翌日には持ち越したくないので、よく分かりますね。
【蔦谷】 ちなみに絢香さんの得意料理は?
【絢香】 かなり渋めですね。決しておしゃれではないです。豚の角煮とか肉じゃがとか。ごはんに合うものを作ることが多いです。
【蔦谷】 絢香スペシャルはあります?
【絢香】 あります!春巻きの皮に、鳥のささみと大葉と梅を包んで、揚げるっていう。これはおいしいですよ。
【蔦谷】 すごいですね。料理本も出せるじゃないですか!?
【絢香】 いつか出したいんですよ!だから、全部、写真に撮っているんです。
【蔦谷】 ホントに段取り上手ですね。今度ぜひ、一緒に鍋でも囲みましょうよ。みんなでムーンウォークしながらの、ムーンウォーク鍋。
【絢香】 どうやって食べるんですか!その前に蔦谷さんはムーンウォークが得意なんですか?
【蔦谷】 いや、できないです(苦笑)。今度お逢いするときまでに練習しておきます!

(文:永堀アツオ)
(写真:草刈雅之)

※ご好評をいただいておりました蔦谷好位置ナイポジ対談は、第6回(5/13前編、5/27後編)をもちまして、一旦終了させていただきます。半年間、ご愛顧ありがとうございました。


前編に戻る