ORICON STYLE

世界最高峰のアーティストが一同に会する音楽の祭典をクローズアップ!
ガガの行く手を阻むのは、イギリスの歌姫!!
年間最優秀レコード候補

「ローリング・イン・ザ・ディープ」(アデル
「ホロシーン」(ボン・イヴェール
「グレネイド」(ブルーノ・マーズ
「ザ・ケイヴ」(マムフォード&サンズ
「ファイヤーワーク」(ケイティ・ペリー

年間最優秀楽曲候補

「オール・オブ・ザ・ライツ」(カニエ・ウェストリアーナキッド・カディファーギー
「ザ・ケイヴ」(マムフォード&サンズ)
「グレネイド」(ブルーノ・マーズ)
「ホロシーン」(ボン・イヴェール)
「ローリング・イン・ザ・ディープ」(アデル)

年間最優秀アルバム候補

「21」(アデル)
「ウェイスティング・ライト」(フー・ファイターズ
「ボーン・ディス・ウェイ」(レディー・ガガ
「ドゥー・ワップス&フーリガンズ」(ブルーノ・マーズ)
「ラウド」(リアーナ)

最優秀新人賞候補

バンド・ ペリー
ボン・イヴェール
J・コール
ニッキー・ミナージュ
スクリレックス

 今年で54回目を迎える音楽の祭典『グラミー賞』。毎回、我々の想像しなかったドラマが多数起こり、見逃せないものとなっているが、今年もさまざまな面で楽しめそうだ。

 そんななか、何といっても注目したいのが、レディー・ガガ。昨年は『ボーン・ディス・ウェイ』が年間ランキング4位にランクインしたのを筆頭に、世界中で大ヒットを記録し旋風を巻き起こしたゆえ、多くの賞にノミネートされるかと思いきや、今回は(主要部門においては)優秀アルバムのみ。しかも、この部門は大混戦の予感。リアーナやフー・ファイターズといった人気アーティストの存在も気になるが、誰よりも大きなライバルとなりそうなのが、アデルという女性アーティストだ。

 アデルはロンドン生まれで、2008年に発表したデビュー盤『19』は、翌年の『グラミー賞』で「最優秀新人賞」を獲得し人気に。そして昨年1月に発表した2nd『21』は、現在も英米チャートのトップ5にランクイン、世界で1600万枚以上をセールス、すでに「21世紀を代表する名盤」と呼ばれて大ブレイクしているのだ。また彼女のソウルフルで人生の移ろいを感じさせる圧巻の歌声は、ジャズやブルース系アーティストに多くの賞を与える『グラミー賞』の嗜好(しこう)にもぴったり。実績と傾向共々、彼女に軍配があがる可能性が高い。ちなみにアデルはその他にも、主要2部門(優秀レコード賞と優秀楽曲賞)を含む計6部門にノミネート。彼女が今年の賞をすべてさらう可能性が、かなり高い。

大本命の牙城を崩せるか?男性アーティストにも注目

 また今年は、男性シンガーソング・ライターの存在にも注目したい。それは(今年最多ノミネートされている)カニエ・ウェストのアルバムに参加したことで話題になった、ネオ・フォーク系のボン・イヴェールと、ハワイ出身のアコースティック/R&B系アーティストのブルーノ・マーズだ。彼らも主要3部門にノミネートされていて、圧勝と呼ばれているアデルの牙城を崩せるのか?に期待したいところだ。ほかにも主要2部門ノミネートのイギリス発バンド、マムフォード&サンズや、ボン・イヴェールと熾烈な新人賞争いを繰り広げるはずのポスト・ガガの大本命、ニッキー・ミナージュの存在も見逃せない。

 と、そんな賞の行方以外にも、ポール・マッカートニーの世界最大の音楽祭典ならではのスペシャルなステージも楽しめる『グラミー』。たとえ知っている名前が見当たらなくとも、最高のエンターテインメントを楽しめるめったにない機会なので、ぜひチェックしてほしい。

(文:松永直久)
(レディー・ガガ写真:Wire Image)

『第54回グラミー賞授賞式』は、WOWOW(生放送)で観よう!

2月13日(アメリカ現地時間2月12日)に、アメリカ・ロサンゼルス・ステープルズセンターにて開催される『第54回グラミー賞』授賞式の模様をWOWOWで独占生中継!番組の案内役、ジョン・カビラと滝川クリステルが、感動と興奮の瞬間が詰まった『グラミー賞』授賞式のすべてをお届けします。全世界が注目する音楽の祭典をお見逃しなく!!

【放送日】
2月13日(月)午前9時30分〜 アメリカ・ロサンゼルス・ステープルズセンターより生中継 (同時通訳)
2月13日(月)午後10時〜 (字幕版)

【関連番組】
■『グラミー・ストーリー 7つの時代』 1月31日(火)午後9時30分〜(全7回)
■『ノンフィクションW レディー・ガガを生んだ男 全米No.1スターメーカー:ヴィンセント・ハーバート』 2月10日(金)午後10時〜

▲このページの最初に戻る