ORICON STYLE

少女時代 Special Issue ハイレベルなサウンドとビジュアルに見え隠れする純粋さ 話題沸騰!感動がつまった32曲3時間のステージ

アジアのトップガールズグループであり、男女問わず幅広いファン層に熱烈な支持を受ける少女時代が、待望の初日本ツアーを開催した。全32曲3時間に及ぶステージには、音楽に対する彼女たちの真摯な想いとファンへの熱いメッセージがつめ込まれ、その場の誰もの心を揺さぶり、大きな感動を沸き起こした。そんな熱く温かいステージをレポート!!

少女時代 少女時代 少女時代

動、静、妖……個性で魅せたソロコーナー

 いまやアジアだけでなく、欧米でも人気を博している少女時代のアリーナツアー(6都市14公演)が開催され、日本中に話題を巻き起こした。日本進出を果たして1年も経たないグループが、これほど多くの大きな会場でコンサートを行うのは前代未聞。とはいえ、いずれの公演もチケット申し込みが殺到、東京会場となった国立代々木競技場・第一体育館も、用意された約1万2000席は熱狂的なファンで埋め尽くされていた。

 ステージ中央に置かれた、宝石箱のような形の巨大な箱。そのなかから9人の天使たちが登場すると、客席から大きな歓声が沸き起こる。そして「お呼びですか?」という歌声が印象的な日本デビュー曲「GENIE」で、ファン待望のコンサートが幕を開けた。

 たくさんのペンライトが揺れるなか、最新ヒット曲「MR.TAXI」など勢いのあるナンバーを連続で披露して、トークコーナーへ。「お久しぶりでーす!」(ティファニー)、「今日は1日よろしくお願いします!」(スヨン)など、次々とファンに語りかける様子は実に微笑ましい。これですっかり和やかなムードになった会場を、「Snowy Wish」「Kissing you」「Oh!」といったキュートなポップスでさらに優しく包み込みこんでいく。

 「ソニョシデ(少女時代)!」と連呼するファンをクールダウンさせるように、ほのぼのとしたイメージ映像が流れた後は、ソロコーナーがスタート。トップバッターはヒョヨン。9人のダンサーを従えたアグレッシブなパフォーマンスは、「特技はダンス」と紹介されることが多い彼女だけあってハイレベル。ヒョヨンの熱いステージを「動」とすれば、対照的に「静」を感じさせてくれたのがジェシカ。ピアノを弾きながら甘く切なく歌う姿に心奪われた人も多いことだろう。その後に登場したサニーは、いつもよりも大人びた表情で妖しく迫る。続けてテヨンとティファニーがファンキーなナンバーを元気いっぱいに歌って、会場を盛り上げた。

少女時代 少女時代

感極まって涙ぐむメンバーたち

 ここでソロコーナーは一旦終了したが、「THE GREAT ESCAPE」「BAD GIRL」「Beautiful Stranger」など日本1stアルバムからチョイスした数曲を歌い終えた後に、同コーナーのパート2がスタート。まずはサングラスをかけたユリが登場して、10人のダンサーとともに“クールビューティー”をアピール。そのカッコ良さに圧倒されていると、今度はスヨンがダンサーとともに現れて、なまめかしくタンゴのステップを踏む。

 お次は末っ子のソヒョン。彼女はジャズシンガーのようなたたずまいでしっとりと歌いだし、最後はジャイブ感覚あふれる曲で明るく楽しく締めくくった。ラストはユナ。彼女はバーを使ったセクシーなダンスで観客を魅了した。ここまでで、コンサート開始からすでに2時間近くが経過。それでも、ファンのボルテージもずっと最高潮のままというのは驚異的だ。

 客席からパワーをもらったメンバーたちは、ますます熱いステージを展開。コミカルな歌詞とメロディーが人気の「Nen-myung」や、キュートなダンスポップ「HaHaHa Song」といったアップテンポの曲で、ステージのあちこちをところ狭しと走りまわり、少女時代の新しいテーマソングといえそうな「BORN TO BE A LADY」で本編ステージを終了。そしてアンコールに応えて、初期の名曲「Into the new world」など3曲を披露して、彼女たちの華やかなコンサートは終了した。

 今回取材した公演(6月17日)では、サニーがファンに大きく手を振りながら涙をうかべていたのが印象的だったが、翌日の公演でも感極まって涙ぐむメンバーがかなりいたと聞く。常に高いプロ意識を持ってがんばってきた彼女たちがコンサートのラストで落とした涙が、どれだけ純粋で感動的なものかはファンであればすぐに理解できるはずだ。ハイレベルなサウンドとビジュアルに見え隠れする純粋さ。少女時代にこうした部分がある限り、その人気が衰えることはないだろう。

(文:まつもとたくお)

RELEASE

GIRLS' GENERATION

GIRLS' GENERATION
少女時代
発売日:2011/06/01[アルバム] 価格:\3,000(税込)
NAYUTAWAVE RECORDS 品番:UPCH-20250

CD購入(Amazon) CD購入(HMV)

このCDについて語ろう! 着うた®配信

PROFILE

少女時代
ユナ、スヨン、ユリ、ソヒョン、ジェシカ、テヨン、サニー、ヒョヨン、ティファニーによるK-POPガールズグループ。
2007年8月、韓国でデビュー。韓国KBS MUSIC BANKで9週連続1位を達成し、人気と実力を兼ね備えた"美脚"グループとして活躍。
2010年9月8日、シングル「GENIE」で日本デビュー。週間シングルランキング4位を記録。海外女性アーティストのデビューシングルとしては、歴代最高の初登場記録を更新。
2010年10月20日、シングル「Gee」をリリース。2位を獲得。
2010年12月22日、韓国語ミニアルバム『HOOT』をリリース。同年、日本レコード大賞新人賞を受賞。
2011年4月27日、シングル「MR.TAXI/Run Devil Run」をリリース。2位を獲得。
2011年6月1日、アルバム『GIRLS' GENERATION』をリリース。1位を獲得。

ARTIST PAGE COMMUNITY OFFICIAL SITE

▲このページの最初に戻る