ORICON STYLE

自身初のトリプルA面で伝える“三者三様のエール”

初回完全生産限定盤&通常盤

初回完全生産限定盤&通常盤

 シングルの冒頭を飾る「明日へのマーチ」は桑田自身が出演中のNTTドコモのCMソングとして大量にオンエアされていることもあり、まさしくこのシングルの1曲目を飾るに相応しい存在となっている。カントリー調のフォーキーな響きが、心に一陣の風を運んでくるような爽やかな楽曲は、もうすでに多くの音楽ファンの心を捉えていることだろう。シンプルな構成の中にもSE的な遊びが施されており、聴く者をリラックスさせるとともに童心に返らせ、心の故郷が宿る“懐かしい時代”へと連れ去ってくれる。

 一方、「Let’s try again〜」は、多くのアーティスト参加によるチャリティーソングとして注目を集めたチーム・アミューズ!!の「Let’s try again」の桑田佳祐オリジナルバージョン。チーム・アミューズ!!版の各アーティストによるメドレーパートなど、サビ以外の部分はすべて桑田が新たに書き下ろした骨太なロックナンバーである。前者では控えめだったブラスの音に加え、後者ではバッキングのクラップ音やシャウトが鮮明にフィーチャーされ、一段と力強さを増している。

 失礼な表現を敢えて使うなら、最大の“曲者”が「ハダカ DE 音頭〜」だ。クレイジーキャッツを彷彿とさせるような軽いノリと、あちこちに散りばめられた昭和の匂い、そこに時折ミックスされてくるモダンジャズの音色が強烈なアクセントとなって、「何だ、これは?」と思わせる“アク”を生み出している。“祭り=ハダカ”というイメージから広がっていく歌詞の世界も、桑田作品ならではのポップな“えげつなさ”を湛えていて楽しい。ベースが完全な音頭であるにもかかわらず、聴くほどにアバンギャルドな世界に引きずり込まれていく魔法のような1曲だ。

桑田佳祐が導く“明るく楽しい一歩”を踏み出す勇気

初回完全生産限定盤&通常盤

アナログ盤

初回完全生産限定盤&通常盤

 さて、注目してほしいのは、この作品が自身初のトリプルA面シングルであること。A面扱いになるということは、すなわち送り手側がその曲を“推す”という意味合いが強くなることでもある(当然、メディアで取り上げられる比率も大きく異なってくる)。故に、通常“トリプル”扱いになるのは、各楽曲にそれぞれタイアップがついていて、同じくらい人々の耳に届く機会が多いケースと相場が決まっている。ところが、このシングルでのタイアップナンバーは「明日へのマーチ」1曲のみ。桑田が手がける作品ならば、いずれもがヒット確実なA面クラスの作品であることに間違いはないのだが、「明日のマーチ」の浸透度を考えると、通常ならばこの曲がタイトル曲となったシングルとなっていても不思議ではない。では、なぜこのシングルはトリプルA面なのか。

 推測ではあるが、病み上がりにもかかわらず、チーム・アミューズ!!によるチャリティーシングルの陣頭指揮を精力的に行なった桑田佳祐の一連の行動を捉えると、先の東日本大震災に対する彼の心の“痛み”、そして被災者への深い“愛”が伝わってくる。そして、その強い想いが次の作品づくりに注がれたと言ってもいいのではないだろうか。その証拠に今回の3曲は、そのアプローチこそ三者三様ではあるものの、“震災に対する思い”という根っこの部分で結びついている。

 いたわるように、包み込むように次なる一歩を後押しする「明日へのマーチ」、内なるパワーを爆発させるように力強いメッセージを叩き込む「Let’s try again〜」、苦しみや悲しみを“祭り”の明るい精神で乗り越えていこうとするポジティブさを見せる「ハダカ DE 音頭〜」。桑田佳祐の持つ多彩な音楽観があればこそ実現可能だった、“三者三様の彩り”がこのシングルに詰め込まれており、どの曲もがA面としての役割をきっちりと果たしているのだ。

 桑田の“エール”はこれにとどまらない。震災から半年の節目となる9月10日、11日に宮城のセキスイハイムスーパーアリーナで、『宮城ライブ〜明日へのマーチ!!〜』を開催する。犠牲になってしまった多くの人々を悼み、困難な状況が続く現地の方々を応援しようという気持ちとともに、東北をはじめとした日本全体の活性化にも向けた、“明るく楽しい一歩”を踏み出すためのライブとなれば、とのこと。今回のシングル、そしてこの宮城でのライブは、その利益の一部が復興支援活動等の資金として寄付されるチャリティープロジェクトだと言う。桑田佳祐のありったけの想いが詰まったこれらのプロジェクト、あなたにはどう響き、どんな一歩となるのだろうか。

(文:田井裕規)

RELEASE

明日へのマーチ/Let’s try again〜kuwata keisuke ver.〜/ハダカ DE 音頭〜祭りだ!! Naked〜 CD購入(Amazon) CD購入(HMV) このCDについて語ろう! 明日へのマーチ/Let’s try again〜kuwata keisuke ver.〜/ハダカ DE 音頭〜祭りだ!! Naked〜【初回完全生産限定盤】
桑田佳祐
発売日:2011/08/17
[シングル]
価格:¥1,760(税込)
ビクターエンタテインメント 
品番:VIZL-570

明日へのマーチ/Let’s try again〜kuwata keisuke ver.〜/ハダカ DE 音頭〜祭りだ!! Naked〜 CD購入(Amazon) CD購入(HMV) 着うた®配信 明日へのマーチ/Let’s try again〜kuwata keisuke ver.〜/ハダカ DE 音頭〜祭りだ!! Naked〜【通常盤】
桑田佳祐
発売日:2011/08/17
[シングル] 
価格:\ 1,260(税込)
ビクターエンタテインメント
品番:VICL-37500

明日へのマーチ/Let’s try again〜kuwata keisuke ver.〜/ハダカ DE 音頭〜祭りだ!! Naked〜 CD購入(Amazon) CD購入(HMV) 着うた®配信 明日へのマーチ/Let’s try again〜kuwata keisuke ver.〜/ハダカ DE 音頭〜祭りだ!! Naked〜【アナログ盤】
桑田佳祐
発売日:2011/08/17
[シングル] 
価格:¥2,000(税込)
ビクターエンタテインメント
品番:VIJL-61000

PROFILE

桑田佳祐
1956年2月26日生まれ、神奈川県出身。日本を代表するグループ・サザンオールスターズとして、1978年6月にシングル「勝手にシンドバッド」でデビュー。代表作は「いとしのエリー」「TSUNAMI」など。また1987年に、シングル「悲しい気持ち」でソロデビュー。「波乗りジョニー」「白い恋人達」などがミリオンセラーとなる。
2010年08月25日、シングル「本当は怖い愛とロマンス」をリリース。最高位2位。
2011年02月23日、アルバム『MUSICMAN』をリリース。最高位1位。
2011年08月17日、シングル「明日へのマーチ/Let’s try again〜kuwata keisuke ver.〜/ハダカ DE 音頭〜祭りだ!! Naked〜」をリリース。
2011年9月10日、11日、宮城セキスイハイムスーパーアリーナにて『桑田佳祐 宮城ライブ〜明日へのマーチ!!〜』を開催。

ARTIST PAGE  COMMUNITY  OFFICIAL SITE

PICKUP

▲このページの最初に戻る