ORICON STYLE

「I'm your man」

【テギョン】 この曲は僕たちの2ndシングルで、すべてを脱ぎ捨て、愛する人を守り抜く。という男らしくアツイ想いが込められている曲で、まさに2PMらしさを全面にアピールすることのできる曲だと思います。個人的にはイントロの「Baby I’m your man〜」と繰り返される部分が、特に気にいっていて、リズム感やメロディー、そして歌詞のすべてがとても力強い曲です。また、振り付けでは、男の象徴である“ネクタイ”を取り入れていて、“ネクタイ”のもつ直線美で、鋭さや、力強さを表現しました。小物を使ったダンスは初めての挑戦だったので、難しかったですが、“ネクタイ”を取り入れたことで、よりこの曲の魅力をお伝えすることができたと思っています。ぜひミュージックビデオもチェックしてください!

「Ultra Lover」

【ジュノ】 僕たちの3ndシングルでもあるこの曲は、“最後の恋”を誓う、一途で直球的なラブソングです。メンバー個々のパートがとても個性的で、メンバーのキャラクターやカラーをより近くに感じて頂ける曲になっていると思います。楽曲自体は、トランスの要素をもっていながら、どこかアコースティックな雰囲気も漂う、トレンド感あふれる曲だと思います。メロディーもキャッチーなので、ダンスでは、みなさんに真似して頂けるようなキャッチーな振り付けを取り入れました。

「I'll be back - Japanese ver.-」

【ジュンス】 この曲は僕たちが2010年に韓国で発売したミニアルバムのリード曲です。R&Bのメロディーに、ヒップホップやハウスのリズムを融合させた曲で、別れを受け止めることの出来ない男性の切ない想いが込められている曲です。僕自身、この曲が2PMらしい音楽、2PMらしさというものを確立させてくれた曲だと思っています。ダンスには90年代に流行した“シャッフルダンス”を取り入れつつ、野獣のもつ強いエナジーを体中で表現したダンスになっています!実は振り付けのモデルは、映画『ターミネーター』がヒントになっているんですよ!

「Stay with me」

【ニックン】 この曲は僕たち6人のコーラスに注目して頂きたい曲です!メロディーはシンプルですが、すごくキレイで、聴いていてとてもHappyになれる曲だと思います。ずっと2人で歩んでいこう、幸せにするよ、と愛する人への想いを素直に伝えるあたたかい曲です。ただ、そんななかにも、男らしさや包み込むような優しさを僕たち6人のコーラスから感じて頂けると思うので、ぜひ注目してください。

「Without U -Japanese ver.-」

【ウヨン】 この曲は、僕たちの代表曲でもある曲です。愛する人からの裏切りやウソに傷ついた男性の気持ちをテーマに、ピアノや電子楽器を使い、ダークでシリアスな雰囲気を前面に押し出した曲になっています。ただダークな曲調の中にも、男の強い決意も込められていて、その力強いビートがこの曲の中で特に印象的な部分だと思っています。

「Crazy In Love」

【チャンソン】 この曲は、2PMのセクシーさ、色気を感じて頂ける曲だと思います!アルバムの中でも特に大人っぽく、2PMの新たな一面を感じて頂けるような曲です!2PMの代表曲である「Witout U-Japanese ver.-」のあとに続けて聴いて頂けると、その違いがより一層伝わると思いますよ!

「100日記念日」

【ニックン】 韓国には、恋人が付き合って100日目の日を記念日としてお祝いをするという文化があります。この曲は、恋人同士にはとても大切な記念日であるこの日をテーマに、100日を迎える前に別れてしまった恋人への切ない想いを歌ったバラードです。メロディーもとても繊細でドラマティックな曲なので、ぜひ歌詞に注目して頂きながら、聴いてください!

「Take off」

【ウヨン】 この曲は僕たちの日本デビュー曲です。日本語で歌った初めての曲で、たくさんの思い出がつまっています。従来の2PMのイメージとは違った、爽やかでキャッチーな2PMを感じて頂ける曲になっているので、このアルバムを通して聴いて頂いてもとても新鮮で元気になれる曲だと思います。

「Hands Up -Japanese ver.-」

【ジュノ】 この曲は今年韓国でリリースした楽曲で、2PMでは初のアゲアゲなパーティーチューンになっています!強烈な電子音とドラムが最大のポイントで、曲のはじめから終わりまで繰り返される「put your hands up〜」というフレーズは、きっとやみつきになりますよ!

「運命」

【テギョン】 たとえ許されない恋であっても愛する人はこの手で守り抜きたい、という2PMらしい強い想いのつまったハードな曲です。シンセな音やリズムもとてもトレンド感にあふれていますし、実はメンバーの個人パートごとに編曲アレンジが違うんです!そのあたりに注目して頂けると、とてもおもしろいと思いますよ。

「Heartbeat -Japanese ver.-」

【チャンソン】 まさに2PM!!2PMといえばこの曲が思い浮かぶ方も多いかと思います。僕たちの代表曲を日本語で歌うということはこの曲が初めてだったので、最初はすごく表現に悩みました。韓国曲がもつ「Heartbeat」の魅力を、日本語でどうすれば上手く伝えられるだろうと試行錯誤して完成した曲なので、日本の皆さんにこの曲のかっこよさが上手くお伝えできていると嬉しいです!

「離れていても」

【ジュンス】 Jun.Kとして作詞・作曲をした5曲目となるこの曲は、日本のファンの皆さんへの僕たちの想いが込められています。実は3年ほど前から制作に取り組んでいた曲で、Jun.Kの作品としては、初のバラード曲となります。ピアノの旋律が美しい曲で、2PMメンバーの個性がボーカルで最大限にいかされている胸に響くバラード曲になっていると思います。ファンの皆さんへのメッセージをぜひ感じて頂きたいと思います。

RELEASE

REPUBLIC OF 2PM【初回限定盤A】 CD購入(Amazon) CD購入(HMV) このCDについて語ろう! REPUBLIC OF 2PM
【初回限定盤A】
2PM
発売日:2011/11/30
[アルバム]
価格:¥4,980(税込)
アリオラジャパン
品番:BVCL-283/4

REPUBLIC OF 2PM【初回限定盤B】CD購入(Amazon)CD購入(HMV) 着うた®配信 REPUBLIC OF 2PM
【初回限定盤B】
2PM
発売日:2011/11/30
[アルバム]
価格:¥4,200(税込)
アリオラジャパン
品番:BVCL-285/6

REPUBLIC OF 2PM【通常盤】 CD購入(Amazon) CD購入(HMV) REPUBLIC OF 2PM
【通常盤】
2PM
発売日:2011/11/30
[アルバム]
価格:¥3,059(税込)
アリオラジャパン
品番:BVCL-287

PROFILE

2PM(トゥー・ピーエム)
TAECYEON(テギョン)、NICHKHUN(ニックン)、WOOYOUNG(ウヨン)、JUNHO(ジュノ)、JUNSU(ジュンス)、CHANSUNG(チャンソン)の6人組。
平均身長180cmの鍛え抜かれたしなやかな肉体に、圧倒的なダンスパフォーマンスで“野獣アイドル”と呼ばれ、いま最も勢いのあるK-POP男性グループ。
2008年9月、シングル「HOTTEST TIME OF THE DAY」で韓国デビュー。デビュー1ヶ月にして『Asia Song Festival 2008』で“Rookie of the year”を獲得し、一躍脚光を浴びることに。そして、わずかデビュー1年で韓国音楽界最高の名誉の1つといわれる『Mnet Asian Music Award』で、最高賞となる“Artist of the year”を受賞するなど、韓国の音楽賞を総ナメにした。
2010年11月24日、DVD『Hottest〜2PM 1st MUSIC VIDEO COLLECTION & The History』で日本デビュー。DVD総合週間ランキングで4位を獲得。韓国男性グループのデビューDVDとして、歴代最高位を記録。
2010年12月8日、アルバム『01:59PM〜JAPAN SPECIAL EDITION〜』をリリース。
2010年12月9日、東京・両国国技館で、デビュー後初のショーケースライブを行う。
2011年5月18日、シングル「Take off」をリリース。
2011年8月17日、シングル「I'm your man」をリリース。
2011年11月2日、シングル「Ultra Lover」をリリース。
2011年11月30日、アルバム『REPUBLIC OF 2PM』をリリース。

ARTIST PAGE COMMUNITY  OFFICIAL SITE

▲このページの最初に戻る