ORICON STYLE

2010年08月19日

オープニングから貫禄のステージ

くるり BEAT CRUSADERS SEAMO

 今年でついに11年目を迎えた『ROCK IN JAPAN FES.』(RIJ)。このフェスが会場内に設営しているステージは全部で6つ……最大規模の『GRASS STAGE』。湖に隣接する『LAKE STAGE』。森に囲まれたのどかな空間の『SOUND OF FOREST』。『GRASS STAGE』と『LAKE STAGE』のちょうど中間地点にある『PARK STAGE』。入場ゲート近くの大型テント内に設営されている『WING TENT』。海を見張らせる展望台の近くにある『Seaside Stage』。それぞれのステージで、ほぼ同時並行してライブが行われるのだが、ロケーションの違いを楽しみつつ、「次はどのアーティストを観ようか迷うな〜」という贅沢な悩みを抱えて広大な場内を巡る楽しみは、やはり格別なものがあった。

 初日から快晴!朝早くからたくさんの観客が集まっていた。『GRASS STAGE』のオープニングを飾ったのはくるり。スタート前のサウンドチェックの段階で代表曲のひとつ「ワンダーフォーゲル」を演奏してしまうというサプライズを行い、フィールドはみるみる内に盛り上がっていった。ライブ本編は9月にリリースされる最新アルバムからのナンバーを惜しげもなく連発!貫禄のステージを展開していた。

 続いて登場したのは、「散開」を先日発表したBEAT CRUSADERS。何度も出演してきたこのフェスでのラストステージとなった。しかし、お別れが近いとはいえ、全くセンチメンタルなムードにならないのが、やはりビークル。恒例のユニークなコール&レスポンスなども交えつつ、痛快なナンバーを連発していった。

多彩なジャンルのアーティストが登場

PUFFY Perfume Cocco KREVA

 ロックバンドだけでなく、多彩なジャンルのアーティストが出演するのも『RIJ』の大きな魅力だ。SEAMOがエンターテインメント性に満ちたステージを展開した後、昼過ぎの『LAKE STAGE』に登場したのはPUFFY。フェスといえばハイテンションでアゲまくるアーティストが多いが、彼女たちはいつもの通りのフワリとゆるい存在感を発揮していた。

 『GRASS STAGE』の日中の目玉となったのは、やはりPerfume。意外に思う人がいるかもしれないが、Perfumeも『RIJ』の常連であり、今回で3年連続の出演となった。爽やかなイエローの衣装を眩く輝かせ、「不自然なガール」を皮切りにフィールド全体を楽しいダンスフロアと化していった。8月11日にリリースされた「VOICE」も飛び出し、観客は大喜び。ラストは「チョコレイト・ディスコ」「ポリリズム」という最強の2連発!強力なアーティストが多数揃う『RIJ』だが、今年のPerfumeも異彩を放っていた。

 『SOUND OF FOREST』ステージに立ち、最新アルバム『エメラルド』からのナンバーを含むセットリストで、素晴らしい歌声を届けたCocco。『GRASS STAGE』で強力なラップを聴かせ、大喝采を浴びたKREVAなどを堪能している内にあっという間に日没を迎えていた。初日の『GRASS STAGE』のトリはthe HIATUS。磨き抜かれたバンドサウンドで広大なフィールド全体を揺るがし、観客を熱い興奮で包んでいった。派手な演出はとくに行わず、演奏、音でとことん勝負していたストイックな姿が印象深い。心地よい夜風が吹き始めたなか、圧倒的な存在感を再確認させられたステージであった。

(文:田中 大)

8月6日の全ステージ出演アーティスト
mod-bot

WOWOW『ROCK IN JAPAN FES.2010』放送日時

ROCK IN JAPAN FES.2010

この3日間の模様が、今年もWOWOWで独占放送!
4日間連続・合計12時間の大ボリュームでオンエア

『ROCK IN JAPAN FES.2010』

  • ダイジェスト スペシャル 8月22日(日)夜 11:00〜
  • DAY-1 8月23日(月)午後 5:00〜
  • DAY-2 8月24日(火)午後 5:00〜
  • DAY-3 8月25日(水)午後 5:00〜

『ROCK IN JAPAN FES.2010 アーティスト特集』

・9月15日(水)放送スタート
 毎週水・木曜日 深夜帯にWOWOWでハイビジョン放送
 ※放送アーティストは随時発表される

★WOWOW『ROCK IN JAPAN FES.2010 スペシャルサイト』

▲このページの最初に戻る