ORICON STYLE

2010年05月26日


マイケル・ジャクソン『ゴースト』

世界初ハイビジョンで放送の幻の映画『マイケル・ジャクソン 「ゴースト」』

世界初ハイビジョンで放送の幻の映画『ゴースト』

 モダン・ホラーの帝王、スティーブン・キングを共同原案に迎え、マイケルが1996年に製作した、エンタテインメントなショートムービー。これまで世界でもなかなか観ることができなかった超プレミアム作品が、ついに日本で初放送される!
「ホラー作品のようになっていますが、そこにはマイケルの子供に対する思い、優しい視線がこめられていて、印象的です。また当時、彼にはさまざまなゴシップがありましたが、それに対する反論や意見をユーモアを交え伝えているようにも見えるのが、面白いですね。さらに、マイケルが何役もキャラクターを演じているのも観どころ。エンドロールの最後まで見逃せない内容だと思います。ちなみにこれは、世界初のハイビジョンでの放送。美しく圧倒的な映像が楽しめます」

マイケル・ジャクソン デビュー30周年コンサート

17年ぶりとなったジャクソンズの復活!

17年ぶりとなったジャクソンズの復活!

 マイケルのソロ活動30周年を記念して、2001年9月にニューヨークにて開催されたスペシャル・コンサートの映像。ビヨンセ(当時デスティニーズ・チャイルド)、アッシャーからライザ・ミネリまで、さまざまなアーティストがマイケルの楽曲をカバーしているステージの他、彼の生涯最後となってしまったパフォーマンスも堪能できる。
「観どころは、17年ぶりとなったジャクソンズの復活でしょうね。ジャクソン・ファイブのメンバーだったものの、ジャクソンズには参加しなかった兄のジャーメインも登場していて、その姿に感動したのか、マイケルが感極まり、うずくまって泣いているシーンが印象的でした。ちなみに、このステージは9.11の同時多発テロが起こった前日に開催されたもの。そんな歴史を噛み締めながら観ても、感慨深いものがありますね」

マイケル・ジャクソン HIStoryツアー・イン・ミュンヘン 1997

『マイケル・ジャクソン THIS IS IT』と通じるシーンが・・・

『THIS IS IT』と通じるシーンが・・・

 1996〜97年にかけておこなわれ、全世界で450万人を動員した『HIStory ツアー』の中から、ドイツ・ミュンヘンでのパフォーマンスをとらえた作品。
「マイケルのライブ映像はほとんど存在しておらず、これはかなり貴重な映像。実は、このコンサートって『マイケル・ジャクソン THIS IS IT』を手がけたケニー・オルテガも製作に関わっているんです。それもあって、パフォーマンスの随所に『マイケル・ジャクソン THIS IS IT』に通じるシーンがあったりして、マイケルはO2アリーナでのコンサートでこんなことを披露したかったのかな、と感じる部分が多いはずです」

マイケル・ジャクソン キング・オブ・ポップの伝説

母親、姉が明かすMJの新事実とは・・・

マイケル・ジャクソン キング・オブ・ポップの伝説

 昨年おこなわれるはずだった『THIS IS IT』公演の直前に放送すべく、イギリスのTV局ITVが製作したドキュメンタリー『マイケル・ジャクソン キング・オブ・ポップの伝説』を放送。マイケルの生い立ちを、彼と親交の深かった人々の証言を交えながら辿っていく内容になっている。
「母親や姉のラトーヤ・ジャクソン、ライザ・ミネリなど、マイケルに非常に近い人々が、知られざる彼の姿を語っているのは、かなり貴重です。また『スリラー』のビデオクリップでのダンスの練習風景や、独自のステップ『ムーンウォーク』の誕生秘話などもわかる、見ごたえのあるドキュメンタリー番組です」

マイケル・ジャクソン ベストヒットコレクション

マイケルの代表作を紹介!

マイケル・ジャクソン ベストヒットコレクション

 常に最先端のテクニック、華麗なダンス・パフォーマンスを駆使し、時代を席巻してきたマイケル・ジャクソンのビデオクリップの数々。そのなかから特にセンセーションを与えた作品を厳選して紹介するプログラム。
「マイケルが、ショートフィルムと呼んでいたビデオクリップはどれも圧倒的なクオリティです。そのなかから、誰もが観たいと思う代表作の数々をたっぷり紹介します」

改めて感じるマイケルの類まれな才能

改めて感じるマイケルの類まれな才能

「WOWOWは開局以来、さまざまなアーティストの魅力を伝えて来ましたが、今回は総力を結集して彼の素晴らしさを知ることのできる番組をお届けします。私自身も、今回の特集に関わらせていただいたことで、改めてマイケルが才能にあふれるアーティストであることを実感しました。きっと、音楽ファンばかりでなく、映画などさまざまなカルチャーが好きな方にも、そう思っていただけるのではないのでしょうか。また今回は、マイケルの一周忌にあわせてオンエアしますが、これを観て彼の不在を嘆くというよりも、純粋に彼のパフォーマンスと彼の音楽を楽しんで欲しいですね。そのことがマイケルへの何よりの供養にもなると思いますので。ちなみに、今回の『マイケル・ジャクソン フォーエバー』の放送を記念して、番組連動企画を実施します。豪華なプレゼントを用意していますのでお楽しみに!」

(文:松永尚久)

【写真クレジット】
(c) 2009 The Michael Jackson Company, LLC. All Rights Reserved.
(c) 2009 Columbia Pictures Industries, Inc. All Rights Reserved.
/Photofest(アフロ)/Beta Film/AP(アフロ)/ロイター(アフロ)/Newscom(アフロ)

『マイケル・ジャクソン フォーエバー』番組詳細

■ [ドキュメンタリー]マイケル・ジャクソン キング・オブ・ポップの伝説
[放送日時]6月25日(金)20:30〜
■ [音楽]マイケル・ジャクソン HIStoryツアー・イン・ミュンヘン 1997
[放送日時]6月26日(土)14:10〜
■ [音楽]マイケル・ジャクソン デビュー30周年コンサート
[放送日時]6月26日(土)16:20〜
■ [映画]マイケル・ジャクソン 「ゴースト」
[放送日時]6月26日(土)18:00〜
■ [エキストラ]メイキング・オブ・マイケル・ジャクソン 「ゴースト」
[放送日時]6月26日(土)18:44〜
■ [映画]マイケル・ジャクソン THIS IS IT
[放送日時]6月26日(土)19:00〜
■ [音楽]マイケル・ジャクソン ベストヒッツコレクション
[放送日時]6月26日(土)21:00〜
■ [ミニ番組]マイケル・ジャクソン レジェンド
[放送日時]6月20日(日)〜6月26日(土)
OFFICIAL SITE OFFICIAL SITE

7つのキーワードを集めて応募しよう!マイケル キーワードクイズ!!

t-shirts

『マイケル・ジャクソン フォーエバー』内の7つの番組内で発表するキーワードを集めて、ケニー・オルテガ監督サイン入りポスター他、マイケル限定グッズに応募しよう。

[募集期間]6月26日(土)〜7月30日(金)
[キーワードを発表する7番組]
6月20日(日)から随時放送のミニ番組『マイケル・ジャクソン レジェンド』
6月26日(土)21時放送『マイケル・ジャクソン ベストヒッツコレクション』

[プレゼント]

  • ケニー・オルテガ監督サイン入り『マイケル・ジャクソン THIS IS IT』 ポスター 2名様
  • 『マイケル・ジャクソン THIS IS IT』 ポスター 25名様
  • 書籍『MJ マイケル・ジャクソン・レジェンド 1958-2009』 10名様
  • マイケル・ジャクソン日本未発売オフィシャルTシャツ 50名様 ほか
    プレゼント詳細

マイケルへのあなたの想いを番組で伝えよう!メッセージ募集!!

 マイケル・ジャクソンへの熱いメッセージを広く募集。Twitterでも簡単に応募ができます。そのなかから10名のメッセージが6月26日の無料放送番組内で紹介されるほか、WOWOWオンラインでも出来る限り多くのメッセージが紹介される。

【募集期間】6月1日(火)〜6月24日(木)
【メッセージ文字数】140文字以内
【応募方法】
(1) 『マイケル・ジャクソン フォーエバー』特設サイト応募フォーム
(2) Twitterから“@wowowmj”をフォロー⇒ハッシュタグ「♯wowowmj」を付けてメッセージをつぶやく。
【メッセージ紹介番組】6月26日(土)特集放送内
【賞品】
(1) 『MJフォーエバーセット』(番組でメッセージをご紹介させて頂いた10名様)
  マイケル・ジャクソン日本未発売オフィシャルTシャツ
  6月23日にリイシューされるマイケル・ジャクソン&ジャクソンズ オリジナル・アルバム 全13作品
 (ジュエルケース盤)
(2) マイケル・ジャクソン日本未発売オフィシャルTシャツ(抽選で90名様)

プロフィール

1966年、父親ジョー・ジャクソンの勧めでジャクソン兄弟によって結成されたジャクソン5
1969年、モータウン・レコードと契約。デビュー時のメンバーは、ジャッキー、ティト、ジャーメイン、マーロン、マイケル。リードボーカルのマイケルは最年少だったが、グループの中で最も才能に長けていた。「アイ・ウォント・ユー・バック」「小さな経験(The Love You Save)」「アイル・ビー・ゼア」など、大ヒット曲を送り出すし、スターグループの仲間入りを果たす。
1979年、1stソロアルバム『オフ・ザ・ウォール』をリリース。同作で、ソロアーティストとしては初めて、1枚のアルバムから4曲もの全米TOP10ヒットを生み出した。
1982年、アルバム『スリラー』の売上は、全世界で1億枚以上を売り上げ、史上最も売れたアルバムとしてギネスブック認定作品となる。また、『グラミー賞』史上最多8部門受賞作で、7曲がシングルカットされ、その全てが全米TOP10入りを果たす。
1987年、アルバム『バッド』をリリース。
1991年、アルバム『デンジャラス』をリリース。
2001年、アルバム『インヴィンシブル』をリリース。
2009年、英国ロンドンのO2アリーナでの12年ぶりのツアーを予定されていたが、同年6月25日に急逝。
2009年10月30日、O2アリーナで予定されていたツアーのリハーサルとビハインド・ザ・シーンの映像を使用した映画『THIS IS IT』が全世界同時公開。
2010年1月27日、DVD『マイケル・ジャクソンTHIS IS IT』をリリースし、初登場1位を獲得。史上3作目のDVD&Blu-rayで2週連続ダブル首位獲得。DVDのみで100万枚を超える大ヒットとなる。

Artist Page Community Official Site

▲このページの最初に戻る