ORICON STYLE

2009年04月15日

 新しい事を始めたくなる新年度の始まりには、ピカピカの新番組がよく似合う。テレビ番組にいろいろな変革が行われた今クールだが、ドラマはいつにも増して様々なタッチのものが揃った。気分に合わせて、毎日異なるテーマの作品を楽しむもよし、同じテーマながら異なるアプローチの作品と比較してみるのもよし。さらに、主題歌にも話題作がたくさん。この春もドラマが面白い、ドラマが熱い!

注目ドラマで新曲をチェック!
GIRL NEXT DOOR
阪井あゆみ

 NHKがドラマ枠を増設するなど、これまで以上に毎日が連続ドラマでにぎわっている春のテレビ界。早速曜日ごとにチェックしてみよう。


 まず、TBS系月曜8時枠は久しぶりの刑事もの。等身大の刑事たちが、地道な努力の積み重ねで事件を解決していく『ハンチョウ〜神南署安積班〜』で幅広い層にアピールする。原作はシリーズ累計100万部超の売り上げを誇る今野敏の小説。主演は、『ギラギラ』(テレビ朝日系)で伝説のホスト役でドラマ初主演を果たした佐々木蔵之介


 CX系“月9”『婚カツ!』で主役を張るのは、1998年『ブラザーズ』以来となる中居正広。とある下町を舞台に、結婚、家族、恋愛、友情などの悲喜こもごもを"婚活"を通して描いていくホームドラマ&ラブコメディだが、上戸彩佐藤隆太釈由美子谷原章介など主役級がズラリと並んだ豪華な共演陣も話題。さらに、連続ドラマ初出演となるKAT-TUN上田竜也も加わり、あらゆる点で見どころが満載だ。


 火曜日9時からは、堀北真希がホームレスという設定で始まるCX系『アタシんちの男子』。ひょんなことから大富豪の嫁として放り込まれ、いきなり未亡人になってしまった主人公のもとに残されたのは、血のつながらない6人のイケメンの息子たち。いわば“シンデレラ”と“イケメンパラダイス”が融合されたような新感覚ホームコメディとなっている。共演に岡田義徳向井理山本裕典瀬戸康史つるの剛士。主題歌はGIRL NEXT DOOR「Infinity」。作詞の千紗いわく「歌詞の中に出演者の役名をちりばめた」というこのノリノリの超アッパーチューンは6月3日に第5弾シングルとしてリリースされる予定だ。


 『アタシんちの男子』に続いて10時からCX系で放送されるのは、“究極の親子愛”がテーマのヒューマンドラマ『白い春』。刑期を終えて出所した男性が偶然出会った小学生の少女は、刑務所に入る直前に元恋人との間にできた実の娘だったという、“どうしようもない最悪の男”役に挑むのは阿部寛。「崖の上のポニョ」で国民的人気を博した大橋のぞみや、注目株の吉高由里子らが脇を固める。主題歌はデビュー曲に続いてドラマテーマを担当する阪井あゆみの第2弾「横顔」。5月13日にリリース予定の、ウェットでほろ苦い大人のラブソングが人間ドラマをさらに盛り上げる。

愛の物語を渾身のバラードで盛り上げる
MONKEY MAJIK

 水曜日も2本の作品が登場。『クライマーズ・ハイ』などで知られる横山秀夫の原作をドラマ化した『臨場』がテレビ朝日系9時から放送。破天荒で乱暴者だが、揺るぎない自信と真の優しさを持つ検視官役に内野聖陽。テレビ朝日系では『ゴンゾウ〜伝説の刑事〜』に続いての主役だが、今回は検視官という異なる角度から犯罪と向き合い、見応えのある人間ドラマを展開していく。


 10時からはNTV系で『アイシテル〜海容〜』がスタート。少年が少年を殺めてしまうという悲しい出来事を通し、被害者・加害者側ともに一度は生きる希望さえなくしたそれぞれの家族が、“家族の再生”を目指し前向きに生きていこうとする姿を描いた愛の物語。主役の稲森いずみをはじめ、板谷由夏山本太郎田畑智子佐野史郎田中美佐子など演技派が勢揃いして、世の中に家族のあり方を問う。主題歌は番組タイトルと同じ「アイシテル」。原作をもとに書き下ろされたMONKEY MAJIK渾身のバラードが胸を揺さぶる。6月10日リリース予定。

(文:田井裕規)

≫ 続きを読む

▲このページの最初に戻る