ORICON STYLE

2008年07月29日

 夏の定番と言えば・・・怪談話。実際にあった心霊体験から、怖い話をする芸能人、この夏行きたいホラーアトラクションなど、全国から寄せられたコメントを基に、選びぬいた“恐怖”ランキングがここに集結

肝試し・・・ペアになりたいのは「天真爛漫な男」上地雄輔

 夏の風物詩のひとつ・・・肝試し。友人や恋人らと楽しめる、夏ならではの楽しみといえるが、あなたはどんな人と一緒に恐怖体験したい? そこでオリコンでは『肝試しでペアになりたい男性有名人』についてアンケート調査を実施。その結果、並居る人気男性タレントを押しのけて、1位には“天真爛漫”で“男らしい”との評価を集め【上地雄輔】が輝いた。

 堂々の1位に選ばれた【上地雄輔】。その人気の理由を見てみると、「何があっても楽しそう」(兵庫県/中・高校生/女性)や「怖くても守ってくれそうだし、いつものテンションで楽しませてくれそう」(神奈川県/20代社会人/女性)と恐怖を吹き飛ばして“楽しい”気持ちにさせてくれる“天真爛漫”なキャラクターが人気の秘密のよう。さらに「いざとなったら守ってくれそう」(神奈川県/20代社会人/女性)という“男らしい”一面が「違う意味でドキドキしそう」(愛知県/20代社会人/女性)と多くの女性を虜にしているようだ。

 2位には【福山雅治】【江原啓之】という対照的な2人がランクイン。理由を見ると、福山に対しては一言「心強い!」(神奈川県/中・高校生/男性)というものや、「どさくさに紛れて抱きつきたい」(東京都/30代/女性)という“ラブ・ハプニング”を期待する声がチラホラ。一方、江原に対しては「怖い理由とか、ちゃんと解説してくれそう」(愛媛県/40代/男性)と彼のスピリチュアル・カウンセラーという職業ならではの意見から、「霊がついてしまった場合除霊してもらえる」(茨城県/専門・大学生/女性)と“アフターケア”を期待する声も寄せられている。

 4位に選ばれた【玉木宏】は、「格好良さにドキドキして、怖さを忘れられそう。優しく『大丈夫?』とか声をかけてくれそう」(愛知県/20代社会人/女性)という、紳士的なイメージで女性の票を多く集めた。また、5位にはSMAPの【木村拓哉】と【香取慎吾】が並ぶ結果に。「自分を置いて逃げるようなことはしなさそう。なにかあっても守ってくれそう」(東京都/専門・大学生/女性/木村)、「大きな体格を生かして守ってくれそう」(東京都/20代社会人/女性/香取)と共に男らしさが評価されてのランクインとなった。

 やはり怖〜い肝試しのパートナーには、その怖さを楽しさに変えてくれて、さらに男らしい一面も持ち合わせる【上地雄輔】に人気が集まるのは、納得の結果といえそうだ。

(6月20日〜6月24日、自社アンケート・パネル【オリコン・モニターリサーチ】会員の、中・高校生、専門・大学生、20代社会人、30代、40代の男女、各100人、合計1,000人にインターネット調査したもの)

>
 
 

© oricon ME inc.