ORICON STYLE

2008年07月16日
やりたかったことがダイレクトに込められたDVD

 西川貴教がボーカルをつとめるロックバンド、abingdon boys school(以下a.b.s.)。今年2月に行われた彼らの最初のツアー『abingdon boys school JAPAN TOUR 2008』の中から、2月29日に行われたZepp Tokyoでのパフォーマンスを中心に収録されたライブDVDがついにリリースされる。もしかしたらコレは、CD作品以上にa.b.s.の魅力を示す作品といえるかもしれない。そう、このライブDVDには西川がこのバンドでやりたかったことが、ダイレクトに込められているのだ。

 モダン・ヘビィロック、オルタナティブ、ダンスミュージックといった幅広い要素をブチ込んだa.b.s.の音楽は、1曲の中に織り込まれた情報量がハンパなく多い。だからこそ、「これをライブでやったら、どうなるんだろう?」という興味がかきたてられるわけだが、本作を観てもらえれば、それぞれの楽曲の方向性がさらに明確になり、a.b.s.の本質がまっすぐに伝わってくることがわかるだろう。ヘビィロック系のダイナミズムと激しくもポップな旋律が絡み合う「HOWLING」、1980年代ヘビィメタル直系のギターリフが凄まじいまでのテンションを生み出す「NERVOUS BREAKDOWN」、切り裂かれるような切なさをともなった西川のボーカルが胸に迫る「Via Dolorosa」。これらの楽曲はおそらく、ステージの上でこそ、真のパワーを発揮するのだと思う。

プレイヤーの表情がリアルに伝わる完成度の高い編集技術

 また、本作は西川以外のメンバーの実力もはっきりと映し出している。アンサンブル全体をコントロールしながら、「DESIRE」などのダンスミュージック・チューンでは切れ味鋭いスクラッチを叩き込む岸利至。腕っぷしの強いハードサウンドを奏でるSUNAO、カラフルかつ繊細なニュアンスを持つ柴崎浩によるツインギターも、ライブという場所のなかで生き生きとしたコントラストを描き出す。プレイヤーの表情がリアルに伝わってくる編集も、本当に素晴らしい。

 いつか柴崎が「a.b.s.らしさが初めて確認できた曲」と評した「LOST REASON」ではMICRO(HOME MADE 家族)が登場。リハーサル、バックステージでの様子もふんだんに挿入されるなど、観る者をひきつける仕掛けもたっぷり。さらに初回盤にはツアーに密着したドキュメント映像も収録され、ゆるゆるのMC、ライブ後の打ち上げなど、貴重なシーンも楽しむことができる。a.b.s.の凄さ、楽しさが多角的に描かれた本作は、彼らの魅力をより広い層にアピールすることになるだろう。

(文:森朋之)
RELEASE
abingdon boys school JAPAN TOUR 2008【初回生産限定盤】

abingdon boys school JAPAN TOUR 2008
【初回生産限定盤】

abingdon boys school
発売日:2008/07/16[DVD] 価格:\5,565(税込)
エピックレコードジャパン 品番:ESBL-2255/6
CDを購入する(Amazon)
このCDについて語ろう

abingdon boys school JAPAN TOUR 2008【通常盤】

abingdon boys school JAPAN TOUR 2008 【通常盤】
abingdon boys school
発売日:2008/07/16[DVD] 価格:\5,040(税込)
エピックレコードジャパン 品番:ESBL-2257
CDを購入する(Amazon)

PROFILE

1996年、T.M.Revolutionとしてデビュー後、数々のヒット曲を世に送り出し、今年10周年という大きな節目を迎えた西川貴教による新バンドプロジェクト。
坂本龍一のコンサートツアーや、布袋寅奏のツアーメンバーとしても活動中の岸利至(Key& Programming)、WANDSの第1期メンバーとしてデビュー。その後は数々の作品で作曲、アレンジなどでも活躍中の柴崎浩(G)。T.M.Revolutionのツアーメンバーとしてはもっとも長く、レコーディングやライブなど、数々のセッションにも参加してきたSUNAO(G)、西川貴教(Vo)の4人組。
“abingdon boys school”というバンド名には、“バンドやろうぜ!という志のもとに男子校の生徒4人が集まった”というコンセプトと、“音楽を楽しもう!という誰しもが音楽を始める時に抱く純粋な初期衝動”が込められている。
2006年12月6日、シングル「INNOCENT SORROW」(TX系アニメ『D.Gray-man』オープニングテーマ)をリリース。
2007年5月16日、シングル「HOWLING」(アニメ『DARKER THAN BLACK―黒の契約者―』オープニングテーマ)をリリース。
2007年7月4日、シングル「Nephilim」をリリース。
2007年10月17日、アルバム『abingdon boys school』をリリース。
2007年12月5日、シングル「BLADE CHORD」をリリース。
2008年7月16日、DVD『abingdon boys school JAPAN TOUR 2008』をリリース。