ORICON STYLE

2008年05月14日

oricon Sound Blowin' 2008〜spring〜 ライブレポート到着!!

圧倒的な存在感を放つ実力派アーティストが終結

 12回目となる今回は、インディーズでの活動歴があったり、すでにメディアでも取り上げられて話題性が高いなど、新人ながらにすでに確固たる個性と実力を兼ね備えたアーティストばかりが登場。スペシャルゲストを含む計7組による熱いパフォーマンスが、抽選で選ばれた500組1000人の観客を魅了した。

CHERRYBLOSSOM
西野カナ
まきちゃんぐ
福原美穂

 まず最初に登場したのは、MEEKOとMAICOの女の子ツインボーカルを中心にした5人組バンドのCHERRYBLOSSOM。出会いと別れをテーマにした最新シングル「春風LOVER SONG」など4曲を熱唱。小柄だけど元気いっぱいに駆け回るボーカル2人の様子に、観客は気がつけばニコニコ顔になり、ノリのいいパンクなサウンドに合わせて自然と身体が揺れていた。この日、MCを務めたカリカとのトークでは「緊張してまだ手が震えてる」と答えていたが、そうとは思えない堂々としたパフォーマンスでトップバッターという重責を見事に果たした。

 二番手に登場したのは、三重弁のトークを交えながらのナチュラルなライブを披露した西野カナ。キュートなルックスに場内から「かわいい」と声がいくつも挙がった。最新シングル「glowry days」など4曲を披露。甘さと真っ直ぐさや切なさなど多彩な面をのぞかせる魅力的な歌声で、観客のハートをがっちり掴んでいたようだ。三重弁のトークも評判で、自ら「目指せ!三重の親善大使です」と明るく地元である三重をアピールした。

 強烈な個性でMCカリカもタジタジだったのがまきちゃんぐ。「短い時間ですが、ありがとうごじゃります。これでシーデー(CD)が売れれば・・・ウヒヒッ」と、独特のトークでカリカからは「爆弾」と呼ばれてしまったほど。会場を笑いの渦にたたき込んだかと思えば、いったん歌い始めると空気が一変。「ちぐさ」など、ピアノの弾き語りで、切なく情感たっぷりの存在感あふれる歌声を披露。場内をまきちゃんぐワールドに染めた。

 米国ロサンゼルスのゴスペル教会も太鼓判を押す実力派の福原美穂は、バンドを従えたパワフル&ソウルフルなパフォーマンスで、ヒットシングル「CHANGE」や7月に発売予定の新曲「ひまわり」などを歌ってくれた。東京のライブハウスで歌うのはこの日が初めてということだったが、日本人離れした力強く圧倒的な歌声に観客は聴きほれるばかり。「(国境とかジャンルとか)いろんなものを超えていくのが音楽だと実感した」と、手応えを感じた様子だった。

歌もキャラクターもそれぞれ違った魅力と輝きを披露
TUT-1026
TSUYOSHI
青山テルマ
カリカ

 オモシロ楽しいキャラクターで、エンターテイナーぶりを発揮したのはTUT-1026。巧みなおしゃべりを交えながらのライブは楽しくてハッピー。「アーユーレディ?」「イエーイ」のかけ声で、場内はあっという間に一体になった。トークではトレードマークのアフロを突っ込まれるなどイジられっぱなしだったが、それでも「今夜は良い酒が飲めそう」と満面の笑顔を見せていた。(ちなみに名前の「TUT」は米国在住時代のニックネームで「1026」は名前がテツローだからとのこと)

 ソウルフルなボーカルのTSUYOSHIは、5月21日発売のデビュー曲「優しい涙」など、ハートフルなバラードを中心に熱唱した。落ち着いた雰囲気で大人の魅力たっぷり。おしゃれでクールなステージは、かっこいいのひとこと!歌声は甘くメロウでルックスもイケているとあって、女性客はみなうっとりとした様子だった。学生時代に水泳で鍛えたという分厚い胸板に、カリカ・家城もメロメロだった。

 トリを務めてくれたのはスペシャルゲストの青山テルマ。今もっとも勢いのある話題の歌姫の登場に場内はドッと沸いた。「疲れていたり、ストレスとか嫌なこととか。今日はそういうものをすべて、ここに置いて帰ってください」と、MCを交えながら5曲を披露。ラストは「実家のお母さんや、離れて暮らしている大切な人を想いながら聴いてください」と、大ヒット曲「そばにいるね」をしっとりと聴かせてくれた。「28才までにグラミー賞を獲る!」という夢も語った彼女。更なる活躍を誓いイベントを締めてくれた。

 話題の新人アーティストの生歌をいち早く聴けるだけではなく、それぞれの素顔も分かるのが、このイベントの良いところ。歌もキャラクターもみんな個性的で、それぞれが違った魅力と輝きを放っていた。これからのミュージックシーンを引っ張ってくれるであろうニューカマー6組の、これからの活躍が楽しみだ!

(写真:斉藤房子)
(文:榑林史章)
過去のインタビュー

■『oricon Sound Blowin' 2008〜spring〜』出演アーティスト特集
  『この春注目の新人アーティストを一挙紹介!!』(2008/04/09)

■『oricon Sound Blowin' 2007〜autumn〜』出演アーティスト特集
  『注目の新人アーティストが出演の熱狂のライブレポート!』(2007/11/14)