ORICON STYLE

2007年10月10日
テレビドラマ探検隊 2007秋のドラマ特集(2)ハタチの恋人
お笑い芸人ドラマはなぜおもしろい??時代は「1ドラマに1芸人」
演技力のあるお笑い芸人ランキング お笑い芸人大集合! 芸人出演ドラマ座談会 80年代・90年代編 お笑い芸人大集合! 芸人出演ドラマ座談会 2000年代編
演技力のあるお笑い芸人
順位 名前
1 劇団ひとり
2 宮迫博之
(雨上がり決死隊)
3 塚地武雅
(ドランクドラゴン)
4 友近
5 山口智充
6 加藤浩次
7 明石家さんま
8 ゴリ
(ガレッジセール)
9 ビートたけし
10 河本準一
(次長課長)
劇団ひとりの写真
 
塚地武雄の写真
最新記事
ドラマや映画に出演してほしいと思うお笑い芸人
順位 名前
1 小島よしお
2 徳井義実
(チュートリアル)
3 柳原可奈子
4 ムーディ勝山
5 にしおかすみこ
小島よしおの写真
最新記事
徳井義実の写真
最新記事
柳原可奈子の写真
最新記事
【調査方法】
自社アンケート・パネル【オリコン・モニターリサーチ】による全国の10代、20代、30代、40代の男女、計1000人にインターネット調査したもの。
「芸人の顔」と「俳優の顔」 そのギャップに注目! 演技力のあるお笑い芸人ランキング

 堂々の1位に輝いたのは、劇団ひとり!一度に何役もこなすひとりコントはもちろん、ドラマや映画での演技も認められているようだ。「俳優にひけをとらない存在感がある」(群馬県/専門・大学生/女性)、「ネタのどのキャラもリアルで特徴をつかんでいる。ドラマや映画の演技も自然」(東京都/20代/女性)など、演技力や存在感を賞賛する声が多く寄せられた。

 2位には「シリアスな役もコミカルな役もできる」(兵庫県/ 20代/男性)と、宮迫博之(雨上がり決死隊)がランクイン!演技の幅広さが支持されている理由。なかには「お笑い芸人とは思えないぐらい演技が上手いと思う」(大阪府/専門・大学生/女性)といった、絶賛の声も。

 3位は、映画『間宮兄弟』で第30回日本アカデミー新人賞を受賞した塚地武雅(ドランクドラゴン)。「裸の大将の好演が光っていた」(秋田県/40代/女性)など、外見とマッチした役どころが、さらに好感度アップにつながっていることが分かる。

 ちなみに『ハタチの恋人』主演の明石家さんまは7位にランクイン。「ドラマではいつものお笑い怪獣ではない面が出て、その意外な感じが好き」(千葉県/30代/女性)、「さんまさんの演技で泣いたことがあるから」(北海道/専門・大学生/女性)など、演技力に注目するコメントが多数。共演する俳優にも負けない熱演が印象深く心に残っているようだ。


みんなの希望は「ドラマ×ギャグ」今後、ドラマや映画に出演してほしいと思うお笑い芸人ランキング

 総合ランキング1位は、現在大ブレイク中の小島よしお!洋服を着てドラマに登場すればまた違った魅力が出てくるのかも。「ドラマにギャグを絡めてほしいから」(東京都/20代社会人/男性)という斬新な意見から、「おっぱっぴー無しの彼を見てみたい」(京都府/40代/男性)など違う一面をみてみたいという意見が目立った。

 2位にランクインしたのは、甘いマスクで女性ファンを魅了する徳井義実(チュートリアル)。「かっこいいから」(秋田県/20代社会人/女性)という声がコメントの大多数を占めたが、一方で「ドラマでも妄想キャラを演じてほしい」(東京都/専門・大学生/男性)といった声もちらほら。全体的に期待する声が多く、来年あたりドラマでもブレイクの予感。

 3位は、ギャル店員のモノマネでおなじみの柳原可奈子。「コントも上手いから、ドラマもこなせそう」(東京都/30代/女性)など好印象!「お店の店員役でみてみたい」(神奈川県/20代社会人/男性)という意見も多く、ギャル店員に扮する柳原可奈子が登場する日も近い!?

10/14(日)START! ハタチの恋人
毎週日曜日夜9:00-9:54
TBS系
脚本:吉田智子
演出:清弘 誠ほか
P:八木 康夫、清水 雅哉
出演者:明石家 さんま、長澤 まさみ、森下 愛子、塚本 高史、小泉今日子、市村正親 ほか

番組オフィシャルサイト:
http://www.tbs.co.jp/20koibito/

story

50才のサラリーマンがハタチの女性に恋するラブコメディー。愛妻家の井上圭祐(明石家さんま)は、大阪の食品会社に20年以上勤める営業マン。営業成績を報告しに東京へ出張する圭祐は、ホテルにカンヅメ状態の旧友の作家を毎回訪ねるようになる。そこで圭祐を待ち受けていたのは、ホテルでルームメイドとしてアルバイトする専門学校生の沢田ユリ(長澤まさみ)との出会い。初恋の人にそっくりなユリに、心惹かれる圭祐は「生きがい」を見出していくが・・・。

見所はココ!
明石家さんま5年ぶりの連ドラ出演!

 ドラマ『空から降る一億の星』以来、約5年ぶりとなる連続ドラマ主演。前作でみせたクール な刑事役とはうって変わり、『ハタチの恋人』では50才の平凡なサラリーマンに扮する。
 とはいえ、同世代とはひと味もふた味も違うサラリーマンを演じてくれるに違いない。さんまドラマならではのアドリブにも注目。長澤との絶妙な掛け合いが今から楽しみだ。シリアスな決め台詞はもちろん、細やかで笑える表情など、演技全体にも期待が高まる。

長澤まさみとさんまの共演が実現 二人の恋はハッピーエンド!?
 さんまも大ファンと公言する長澤まさみは、04年に公開された映画『世界の中心で、愛をさけぶ』で大ブレイク。その後も映画『タッチ』(05)でヒロインを演じ、一躍、人気若手実力派女優の一人に。『セーラー服と機関銃』のドラマリメイク版(07)では、主演のほか主題歌も「星泉」名義でリリース。そんな彼女にメロメロのさんまが、ドラマでは恋してしまう設定だ。果たしてラブシーンは登場するのか!?
Dr.コトーの吉田紀子が脚本担当
 脚本を手がけたのは『Dr.コトー診療所』(03)など、多くの人気ドラマを手がける吉田紀子。倉本聰主宰の富良野塾出身で、倉本ドラマ『優しい時間 』(05)でも何本か担当している。また、『結婚三部作』 とよばれる『成田離婚』(97)『お見合い結婚』 (00) 『できちゃった結婚』(01)なども手がけ、感動的な社会派ドラマから、ラブコメタッチの作品まで守備範囲は広い。今作でも、明石家さんまの新しい魅力を引き出してくれるに違いない。