ORICON STYLE

2007年04月25日
RAG FAIRがゴールデンウィークの楽しみかたを教えちゃいます!
PLAY MOVIE
1. コメント映像 PLAY
2. PV「夏風便り」 配信終了
動画はWindowsMedia Playerで御覧になれます。
アウトドアでの楽しみ方
1 温泉/旅行
2 ショッピング
3 キャンプ/BBQ
4 スポーツ
5 ドライブ/ツーリング
僕は滝好きです(洋輔)

【洋輔】 僕は、旅行するなら海より山派です。特に滝がいい。しぶきの一粒が滝つぼに落ちるまで見つめていたり、滝全体をジーっと眺めて、自分の体が浮き上がるような錯覚を味わうのが好き。僕としては、『日本の滝100選』に続く、『日本の滝101から200選』をつけたいくらい。タッキーの次は滝ブームが来る!?かも(笑)。ショッピングだったら、GWセールとかもやっていたりするので、ポイントとか貯まりそうだよね。個人的には、話題の東京ミッドタウンにも行きたいなぁ。
【レオ】 僕はねー、宝くじが当たったら、やってみたいことがあるんです。それは、ショッピングセンターにあるフー

ドコートの食べ物をぜーんぶ食べること!あと、ランキング3位のBBQについてもひとこと言いたい!ヤキニクのお皿は、平皿ではなく深皿でしょう!そうじゃないと、お皿からいつタレがこぼれるかわからないから、なかなか肉に集中できない。みなさん、BBQをやるときは、深皿ですよ!!
【洋輔】 GWのスポーツといえば、サッカーとか野球っていうイメージがあるけど、公園で手軽にフリスビーとかも楽しいですよ。ドライブも、目的地を決めずに“交差点を常に右に回るとどこに着くか”とか、渋滞のときに、前の車のナンバーを年号に当てはめて、その時代の物語を想像してみるのもいいかも。僕が子供のときは、前の車に乗っている子に「どこから来たの?」って書いたメッセージを見せて、筆談したこともありました。

ハメハメハ大王のように(レオ)

【レオ】 見る(調べる)だけで、いろんなところに行けたり、様々な情報を知ることができるインターネットって、電車好きの僕が、時刻表を見ながら旅に行った気分になれるのと似てるよね。妄想だけでイケる(笑)。映画も、劇場なら1,800円、レンタルなら数百円で“構想30年、製作費何百億円”っていう大作が観られるし、日常では味わうことのできない、いろいろな体験ができちゃうなんて、リーズナブルだけどすごく贅沢。もし、このGWに音楽を聴くとしたら、ビヨンセかな。『ドリームガールズ』もそうだけど、キラキラしていて、いかにもゴールデンって感じだから。あ、そういう意味では和田アキ子さんもゴールデンって感じかも。

インドアでの楽しみかた
1 インターネット
2 音楽鑑賞
3 映画鑑賞/DVD鑑賞
4 昼寝
5 読書

【洋輔】 『ドリームガールズ』といえば、映画を観たあとでサントラを聴くのもいいよね。この前、十数年ぶりに映画『ショーシャンクの空に』を見たけど、すごくよかった!!読書だったら、お風呂に入りながらエッセイや実用書をよく読みます。好きなのは、みうらじゅんさん、三谷幸喜さんとか・・・。あ、土屋礼央さんの本も好きですよ!でも、濡らしちゃうといけないので、お風呂には持って入らないけど。
【レオ】 そりゃ、もちろんですよ。このGWに休みが取れるかは別として、理想のオフは、時計も携帯も持たず、ハメハメハ大王のように、“風が吹いたら、ご飯を食べる”みたいなのがいいな〜。

おっくんのワンポイントお天気
メイ・ストーム(May storm)にご注意!

 待ちに待ったゴールデンウィーク。長い休みを利用して、普段は足を伸ばさない山や海へと、予定を立てて楽しみにしている人も多いことでしょう。そんな人たちに知っておいて頂きたいのが、「メイ・ストーム(Maystorm)」という言葉。これは文字のとおり「5月の嵐」を意味するのですが、これは4月後半から5月頭のちょうどゴールデンウィークの頃に、日本海から北日本を通過する低気圧が猛烈に発達し、強風や大雨などをもたらす気象現象のことを言います。この冬も何回か天気予報で解説されていた、いわゆる「爆弾低気圧」の春バージョンです。短時間で急激に低気圧が発達するため、「せっかくの休みだし、これくらいの雨や風なら・・・」と予定を強行した結果、山岳事故や海難事故につながることも多いのです。もちろん、晴れればとても気持ちのいいこの季節。夏並みに気温が上がれば、今度は熱中症の危険も。くれぐれも最新の気象情報のチェックを欠かさず、無理な計画は立てないようにして、楽しいGWをお過ごしください。

新曲「夏風便り/ココロ予報」
聴けばマイナスイオンの風が吹く

【レオ】 「夏風便り」は、サウンドもさわやかで、これから始まる夏に向けてピッタリ。コーラスワークだけじゃなく、ピアノからストリングスへとバトンタッチしていくサウンドの受け渡しも聴きどころです。聴けばマイナスイオンたっぷりの風が吹いてきますよ。
【洋輔】 この曲は、季節の変わり目にふと思い出す、昔の恋人や友達のこと、辛かった日々もいい思い出になる・・・という大人っぽい感じに仕上がっています。歌詞カードには載っていないけど、バックコーラスもかなりこだわって作り込んでいるんですよ。「ココロ予報」は、日本テレビ『ズームイン!!SUPER』のお天気コーナー用テーマソングです。毎朝4、5回聴いてもらうことになるので、学校やお仕事に向かう人たちのウォーミングアップになるように意識しました。外がどんなお天気でも、“ココロ予報”は快晴にしてほしいですね。
【レオ】 2曲とも“空”が描かれているけれど、僕も、空を見上げると気持ちがリフレッシュするんです。できれば高い建物がなくて360度空を見渡せるような場所に行って、空と一体になりたいって思います。青空だけじゃなくて、雨や雪の日の空もいいですよ。
【洋輔】 僕は毎朝、パジャマを着たままベランダに出て空を見上げます。でも、下は決して見ません!コワイから(笑)。

(文:内山磨魅)

【調査方法】
自社アンケート・パネル【オリコン・モニターリサーチ】による全国の中高校生、専門・大学生、20代社会人、30代、40代の男女、計1,000人にインターネット調査したもの。

RELEASE PRESENT
夏風便り/ココロ予報
RAG FAIR
2007/04/18[シングル]
\1,000(税込)
トイズファクトリー
TFCC-89202
CD購入(Amazon)
RAG FAIRのサイン
入りポラを抽選で2名
様にプレゼント!!
多数のご応募、ありが
とうございました。
プレゼントの当選は、
発送をもって換えさせ
て頂きます。

その他、開催中のプレ
ゼントはコチラ
おっくんの「HAPPY☆LUCKYの見つけかた」 お得な宿泊&ツアー情報が満載!旅がテーマのオリコンランキングサイト
PROFILE

荒井健一、奥村政佳、加藤慶之、加納孝政、土屋礼央、引地洋輔による6人組アカペラグループ。
1997年7月に結成。
2001年12月19日、ミニアルバム『I RAG YOU』でデビュー。
2002年6月19日、シングル2枚同時リリース。「恋のマイレージ」が初登場1位、「Sheサイド ストーリー」が2位を獲得。 その後も数々のヒット曲をリリース。
2005年11月30日、初のベストアルバム『RAGッ STORY』をリリース。
2006年6月14日、シングル「降りそうな幾億の星の夜」をリリース。
2006年9月20日、シングル「君のために僕が盾になろう」をリリース。
2006年10月4日、アルバム『オクリモノ』をリリース。
2007年4月18日、シングル「夏風便り/ココロ予報」をリリース。

オフィシャルサイト

▲このページのTOPに戻る