ORICON STYLE

2007年04月25日
ウエンツ瑛士,小池徹平 SPECIAL ISSUE
PLAY MOVIE
PV「Awaking Emotion 8/5」 配信終了
鬼太郎=ウエンツ瑛士から、すべての若者へ贈る応援ソング
動画はWindowsMedia Playerで御覧になれます。
 07年、WaTの2人は、小池徹平が「君に贈る歌」で、ウエンツ瑛士が“ウエンツ瑛士とガチャピン・ムック”として「ラッキーでハッピー」でCDソロデビューの幕を開けた。そして、早くもソロシングル第2弾としてリリースされるのは、ウエンツ主演の映画『ゲゲゲの鬼太郎』の主題歌「Awaking Emotion 8/5」と、小池徹平出演のロート製薬『アクネス』CMソング「my brand new way」。CDジャケットもウエンツ盤と徹平盤の2種類。こりゃ、絶対に両方ほしい!

一歩踏み出す勇気をくれる

  水木しげる原作の超人気コミック『ゲゲゲの鬼太郎』が実写版映画になるなんて、しかもウエンツが鬼太郎だなんて予想外だった。鬼太郎、かなりの美少年です。そして大泉洋のねずみ男に、田中麗奈の猫娘など、妖怪仲間もナイスキャスティング。彼らが巻き起こすスリリングなアクション&冒険活劇を彩る主題歌が、「Awaking Emotion 8/5」。スピード感たっぷりのロックサウンドと、ウエンツの激しく勢いあるボーカリゼーションがピッタリとハマッた。
  “Awaking Emotion”とは“目覚めたばかりの感情”のこと。その歌い出しから、強い言葉で一歩踏み出す勇気を与えてくれるのだ。鬼太郎=ウエンツ瑛士から、すべての若者へ贈る応援ソングとなったのではないだろうか。

新しい道は、自分の一歩から

  一方、小池徹平の「my brand new way」は、ピアノとストリングスが効いた優しいミディアムチューン。Bメロからサビへの切なさが加速していく感覚など、徹平ならではのメロディセンスが、これまで以上に研ぎ澄まされてきた観がある。歌詞の内容は、CMともリンクしている。ロート製薬『アクネス』のCMキャッチフレーズは“初めての恋のその前に”。現在放映中の「前髪・治療篇」と「前髪・洗顔篇」で爽やかな制服姿で、「前髪上げたら?」と笑顔の徹平。そこには“自信を持って”というメッセージが。それはmy brand new way(新しい道)は、自分の一歩からという歌のメッセージと重なる。
  こうしてみるとウエンツ、徹平、それぞれの感覚とやりかたで、“一所懸命に歩いていこうよ”とメッセージしているんだということが見えてくる。ウエンツの<歩むべき道照らしたら 約束の場所〜>、徹平の<自分の辿り着く 場所はまだ〜><新しい道君と歩こう>など、言葉の選びかたといい、目指すものが同じだからこそ出てくる言葉。今後2人がそれぞれの音楽で見つけたモノをWaTに持って還ってきたとすれば、今まで以上に大きくて素敵なものができるに違いないと想像してしまうのだ。
(文:三澤千晶)
RELEASE
Awaking Emotion 8/5 / my brand new way
ウエンツ瑛士,小池徹平
2007/04/25[シングル]
\1,000(税込)
ユニバーサルミュージック
UMCK-5168
CDを購入する(Amazon)
Awaking Emotion 8/5 / my brand new way
ウエンツ瑛士,小池徹平
2007/04/25[シングル]
\1,000(税込)
ユニバーサルミュージック
UMCK-5169
CDを購入する(Amazon)
PROFILE
ウエンツ瑛士は、4才の時からモデルで活躍。以降、ドラマ・映画・バラエティ番組に出演し、持ち前のキャラクターでお茶の間の人気者に。
小池徹平は、2001年第14回『JUNONスーパーボーイ・グランプリ』受賞後、CX系『ウォーターボーイズ2』、NTV『ごくせん』、TBS系『ドラゴン桜』と人気ドラマに次々と出演。
2005年11月2日、WaTとしてシングル「僕のキモチ」でメジャーデビュー。その後も、シングル、アルバムとヒットを記録する。
2007年2月14日、小池徹平,ウエンツ瑛士とガチャピン・ムックとして、シングル「君に贈る歌/ラッキーでハッピー」をリリース。2位を獲得。
2007年4月25日、ウエンツ瑛士,小池徹平として、シングル「Awaking Emotion 8/5 / my brand new way」をリリース。
オフィシャルサイト
【過去のインタビュー(WaT)】
■シングル「ボクラノLove Story」特集
  WaT『デビュー1年を締めくくる、集大成的ラブソングが完成』(2006/12/13)