ORICON STYLE

2006年12月13日
土屋アンナ、キンモクセイも登場!
専門学校ESPミュージカルアカデミー主催
ライブイベント『COLORS 2006』
土屋アンナ、キンモクセイも登場!
専門学校ESPミュージカルアカデミー主催
ライブイベント『COLORS 2006』
土屋アンナ キンモクセイ
LIVE REPORT
新人からベテランまでが集うステージ

 豪華な出演アーティストと在校生のパフォーマンスが繰り広げられるこのステージへ最初に登場したのは、デビュー5周年を迎え、圧倒的なグルーヴと楽曲に定評のあるキンモクセイ。新曲「さよならの表情」では、ボーカル・伊藤の歌声と歌詞が相まって、切ない恋心と夕日が目に浮かんでくるほど情感溢れるものとなった。ESP学園卒業から10年となる彼等の演奏には、技術だけでは表現することのできないロマンティックさを感じることができた。
 続いて登場したのは、スタイリッシュロックを掲げる4ピースバンドの麒麟。突き刺すようなギターと激しいビートが独特なアバンギャルドさを醸し出し、会場を圧倒していく。11月22日リリースのクールなラブソング「シェルディ」では、ボーカル・上村の歌声が思わずドキッとしてしまうほどセクシーであった。そして、注目すべき新人バンド・RAVEは、純粋で真っ直ぐな歌詞と情熱を持った歌声が印象的で、メンバーの生き生きとした表情と希望に満ち溢れた楽曲が、観客の心に刻まれたことだろう。

夢と希望、そして勇気を与えるイベント

 今回のスペシャルゲストである土屋アンナが登場すると、場内に大きな歓声が沸き起こった。スタイル、衣装、ラウドなサウンド、ボーイッシュな歌声は、圧巻の一言で、あっという間に観客をアンナ色に染め上げていく。疾走感溢れる「True Colors」や、アニメ版『NANA』で人気を博した迫力あるロックナンバー「rose」など、全ての楽曲が観客の身体と心を打ち抜いていく。シンガー・土屋アンナを知る人も知らない人も、旋律を我がものとして操る彼女の姿に魅了されたことだろう。
 瞬く間に過ぎていく時間のなかで、多くの人々に夢や希望、そして勇気とエネルギーを与えるイベントとなった。

(文:音楽ライター科1年・西方愉実子)
RAVE
BLOSSOMspecial
麒麟
DJ MAR-BOU大山藍松永新那
SCHOOL INFORMATION
学校法人イーエスピー学園
専門学校ESPミュージカルアカデミー

[設置学科]
音楽アーティスト科、音響アーティスト科、音楽イベント科、音楽マネジメント科、音楽ライター科、音楽映像プロデュース科、ギタークラフト科、管楽器ビジネス科、ピアノビジネス科、バイオリン製作科

[住所]
〒169-0075 東京都新宿区高田馬場3-3-19
フリーダイヤル:0120-37-6986

[体験入学実施中!]
12/17(日)、23(土)、26(火)
学校説明会、毎週土曜日開催
交通案内:JR/東京メトロ「高田馬場」駅下車 徒歩3分
オフィシャルサイト