ORICON STYLE

2006年12月13
WaT Special issue
「ボクラノLove Story」は、すべてを包み込む集大成的ラブソング
PLAY MOVIE
PV「ボクラノLove Story」配信終了
動画はWindowsMedia Playerで御覧になれます。
今年はTBS『世界バレー』のオフィシャルテーマソング「Ready Go !」が初登場1位を記録するなど、シンガーとしての実力をつけてきたWaTの2人。シングル「ボクラノLove Story」は、デビューからのシングル4部作ストーリーの完結編。DVD『My Favorite Girl −The Movie−』と合わせて彼らの成長を感じ、ちょっぴりドラマティックで、やっぱり温かいWaTの世界を堪能してください。

新しいウインターソングが誕生

 「僕のキモチ」、「5センチ。」、「Hava Rava」と、等身大の素直なメッセージが共感を呼んできたWaT。今回の「ボクラノLove Story」は、デビューから1年を締めくくるという意味でも、すべてを包み込む集大成的ラブソングとなった。それは、ピアノの音色を中心に展開してゆく大きなサウンド、2人のハーモニーは輝きを増していき、この上ないハッピー感に満ちたバラードだ。2人の声もバラードを歌うにふさわしく、太くぶれなくなった印象。これも2人でここまで頑張ってきた賜物だ!歌詞では、恋人との初めてのデートまでさかのぼり、だんだんと2人の距離が近づいていったこと、キモチがすれ違って離れてしまった日々を振り返る。そんな日々があったからこそ、今、真っ直ぐに、君と足音を重ねながら一緒に歩いていこうといえるという、出会った頃よりも愛が大きく育っていることを感じる内容になっている。
 PVでは、白い部屋でウエンツがピアノを奏で、徹平が傍でアコースティックギターを爪弾くという、冬の陽だまりのような温かさが伝わってくるシチュエーション。新しい定番ウインターソングが、またひとつ生まれた。
 そして、シングル4部作をモチーフにした漫画『My Favorite Girl 』(藤村真理作、集英社 『別冊マーガレット』8〜11月号にて連載)がWaT主演で実写映像化され、DVD発売となる。ウエンツと徹平、実はコレが初共演。歌詞の世界観が漫画となり、ドラマとなることによって、WaTの歌の世界がより広がりを得ることとなった。

WaTの歌の世界がより広がっていく

 ドラマは、マジシャン志望で工事現場でバイト中の魁(ウエンツ)と、ラーメン屋でバイト中の隼斗(徹平)が、それぞれ好きな人のために頑張りながら成長していく青春ストーリー。話の流れに沿って「僕のキモチ」、「5センチ。」と順にPVを織り交ぜながら、物語は進んでいくのだ。
 「いつか僕が心から笑わせてあげる。それが、僕のキモチだから」なんて、好きな人に一生懸命な姿がつまっていて、至るところでウルッときたり、ドキッとしたりしてしまうのだ。それにしても、まだ1年しか経っていないのにPVの中の2人、若いです(笑)。男の子って経験値が上がるにつれて顔立ちが変わるんだなぁと、実感。
 先日はドラマの試写会も行われ、舞台挨拶に立ったウエンツと徹平。その後行われた囲み取材では、アルバイト経験を尋ねられ、徹平は「植木の花に水をやるバイト」を、ウエンツは「嘘だって言われるけど・・・」と、断りを入れた上で(笑)、「小学生対象の塾の先生をしていたことがあるんです」と告白。思わぬところで、意外な素顔を発見できて、ファンも大喜びだったのでは?
 昨年メジャーデビューから史上最速で果たしたNHK紅白歌合戦への出場権も2年連続で手にした彼ら。
  「来年も段階を踏んで、進んでいけたら・・・」という徹平の言葉もリアルに感じる。WaTは、ますます07年へ加速をつけることとなったようだ。
(文:三沢千晶)
RELEASE
ボクラノLove Story【初回盤】
WaT
2006/12/6[シングル]
\1,200(税込)
ユニバーサルミュージック
UMCK-9153
CDを購入する
ボクラノLove Story【通常盤】
WaT
2006/12/6[シングル]
\1,000(税込)
ユニバーサルミュージック
UMCK-5158
CDを購入する

My Favorite Girl -The Movie-
WaT
2006/12/20[DVD]
\4,500(税込)
ユニバーサルミュージック
UMBK-1114
CDを購入する
PROFILE
ウエンツ瑛士、小池徹平の2人組。
ウエンツ瑛士は、4才の時からモデルで活躍。以降、ドラマ・映画・バラエティ番組に出演し、持ち前のキャラクターでお茶の間の人気者に。
小池徹平は、2001年第14回『JUNONスーパーボーイ・グランプリ』受賞後、CX系『ウォーターボーイズ2』、NTV『ごくせん』、TBS系『ドラゴン桜』と人気ドラマに次々と出演。
2005年11月2日、シングル「僕のキモチ」でメジャーデビュー。2位を獲得。
2006年3月1日、アルバム『卒業TIME〜僕らのはじまり〜』をリリース。初登場2位を獲得。
2006年8月2日、シングル「Hava Rava」をリリース。4位を獲得。
2006年11月1日、シングル「Ready Go」をリリース。自身初となる1位を獲得。
2006年12月6日、シングル「ボクラノLove Story」をリリース。
オフィシャルサイト
【過去の特集】
■シングル「Ready Go」インタビュー
  『日本代表にエールを贈るにふさわしい応援ソングが完成!』(2006/11/01)
■シングル「Hava Rava」特集
  『初のサマーチューンは男女の友情をテーマにした失恋ソング!!』(2006/08/02)
■『WaT Entertainment Show 2006 ACT“do”LIVE Vol.4』ライブレポート特集
  『公開リハーサルに潜入!』(2006/03/15)
■シングル「5センチ。」特集
  『鮮烈なデビューを飾ったWaTの2006年第1弾シングル!!』(2005/01/25)
■シングル「僕のキモチ」インタビュー」
  『ストリートから飛び出し遂にデビュー!』(2005/11/02)