ORICON STYLE

2006年12月13日
サンタクロースになってほしいアーティスト・ランキング大発表!
サンタクロースになってほしいアーティスト・ランキング【女性アーティスト編】
順位 アーティスト名
1

倖田來未

2

大塚 愛

3

aiko

4

浜崎あゆみ

5

BoA

6

上戸彩

7

木村カエラ

YUKI

9

マライア・キャリー

10

松浦亜弥

倖田來未 大塚 愛
インタビュー インタビュー
どんな衣裳を身にまとってくれるのかに期待が

 サンタクロースに対するイメージは、ほとんどの人が似たようなものを抱いていることだろう。大柄で、柔和な笑顔で、赤と白のコスチュームで、大きな袋を担いでて、ソリに乗ってやって来る・・・。では、そんなある程度固定されたイメージのあるサンタクロースになって欲しいアーティストというのは、いったいどんな人物なのか。

 まず、“温かいイメージのある人”。にこやかで爽やかで“夏のイメージが薄い人”ではないだろうか。さらに、“あの印象的な衣裳が似合いそうな人”。キュートに、あるいはかっこよくあの衣裳を着こなせる人かもしれない。そして、トナカイとセットということもあって“動物好きそうな人”というのも候補に挙げられることだろう。しかし、それ以上に重要なのは、サンタが“プレゼントを届けに来る”という役割を持っていること。自分のところにプレゼントを運んできてくれる──すなわち、そのアーティストが自分のところに来てくれる、というのが最大のポイントと言えそうだ。

 そうしたイメージを踏まえて、投票結果を見てみよう。女性アーティストのトップは倖田來未。「赤のふわふわのミニスカが似合いそうだから」(福島県/10代/女性)、「サンタの衣装をかわいくアレンジして着こなしてくれそうだし、サプライズな何かをやってくれそうだから」(愛知県/20代/女性)、「こういうコスプレも結構楽しんでやってくれそうだから」(大分県/20代/男性)など、どんな衣裳を身にまとってくれるのかを期待する声が多い。サンタというだけでさまざまなイマジネーションを広げてくれる、その存在感に改めて驚かされる。

浜崎あゆみ BoA 上戸彩
特集 インタビュー インタビュー
サンタクロースになってほしいアーティスト・ランキング【男性アーティスト編】
順位 アーティスト名
1

福山雅治

2

平井堅

3

小池徹平

4

Gackt

5

桑田佳祐

6

稲葉浩志

7

香取慎吾

T.M.Revolution

9

HYDE

10

岡野昭仁

異性はもちろん、同性からも支持を受けているアーティストが上位に

 一方、男性アーティストでは福山雅治が圧倒的な人気。「渋くて良い声で“メリークリスマス”って言っている姿がカッコよさそう」(大阪府/10代/男性)、「大きな荷物を背負った登場のしかたが一番カッコよさそうだから」(東京都/20代/男性)、「弾き語りをしてほしい」(茨城県/30代/女性)。カッコいい。彼への支持理由はこの1点に集約される。異性はもちろん、同性からもカッコいいと思われている福山。彼がいるだけでクリスマスが一気に華やいでくる。

 このほか、女性アーティストのトップ3は大塚愛とaiko。男性アーティストでは平井堅と小池徹平が上位につけた。「大阪弁のかわいいサンタさんになりそうだから」(大塚愛・北海道/30代/男性)、「喜びそうなことを真剣に考えて、すごく楽しいプレゼントをくれそう」(aiko・千葉県/20代/女性)、「ホリが深いから、本場のサンタっぽく見えそう」(平井堅・東京都/20代/女性)、「あの笑顔で“これプレゼント”と渡されたら駄菓子でも嬉しい。癒される」(小池徹平・兵庫県/20代/女性)など、それぞれのキャラクターに合わせた“選出ポイント”が寄せられており、興味深い結果となっている。
(文:田井裕規)

福山雅治 平井堅
特集 インタビュー