ORICON STYLE

2006年08月09日
柴咲コウ PV&コメント映像必見!!
刺激的で情熱的な新たな柴咲コウの世界を感じる新曲
PLAY MOVIE
1.コメント映像 PLAY
2.PV「invitation」 配信終了

動画はWindowsMedia Playerで御覧になれます。

柴咲コウの新曲「invitation」がリリースされた。途切れることなく繰り出される言葉、めくるめく場面展開、ビートが刻み込むもうひとつの柴咲の世界。真夏の青春疾走劇へと誘う“招待状”は、これまでになく刺激的で情熱的だ。眠らない夏、眠れない夏をこの曲とともに駆け抜けていきたい。
これまで以上に柴咲の魅力を発揮できる楽曲
 柴咲コウの“あっかんべー”顔を見たのはいつのことだろう。おそらく彼女が出演していたドラマ『GOOD LUCK!!』の中でのことだから、3年半くらい前のことになるのだろう・・・・・・。
 柴咲の新曲「invitation」は、TBS系金曜ドラマ『タイヨウのうた』の主題歌だ。柴咲、TBS、ドラマ、主題歌とくれば、ファンの誰もがピンとくるほど、そこには“ヒットの方程式”が潜んでいる。『世界の中心で、愛をさけぶ』の主題歌「かたち あるもの」、『白夜行』の主題歌「影」はともに最高位2位を記録、さらに映画でもTBSが関わった『黄泉がえり』の挿入歌「月のしずく」(RUI名義)では1位を獲得している。柴咲とTBSのつながりは強く、これら以外にも現在公開中の『日本沈没』や上記の『GOOD LUCK!!』をはじめ、彼女が出演したり、歌をうたった作品は数多く挙がってくるのだが、“涙”というキーワードで絞っていくと、このあたりになるのではないだろうか(厳密には、『白夜行』は涙の質が若干異なるのだが)。
 『タイヨウのうた』は先に映画化もされ、注目も集めている作品だけにストーリーについて改めて触れるまでもないだろう。出会いと別れ、運命を受け入れなければならない青春という点では、前出の各作品との共通項も多く、“泣かずにはいられないストーリー”という点でも、柴咲の歌の“聴かせどころ”のドラマということができる。しかも、今回のドラマはヒロインにまつわる設定上、夜が基本的な舞台となっている。
 夜が舞台──1年程前、このコーナーで柴咲について“夜を歌うことのできるシンガー”という捉え方をさせてもらった。その見地から言うと、まさに柴咲の歌のためにある舞台設定ではないかと思えるほどだ。「かたち あるもの」や「影」がストーリーを絶妙に投影し、登場人物の心象風景を鮮やかに描き込んだ“泣かせる曲”だったこともあり、今回もたらされた設定は、これまで以上に彼女の魅力を発揮できるフィールドに思え、どんな“泣ける曲”が完成するのかと心待ちにしていた。

音楽性の拡がりと鋭さを感じる新曲
 そして、完成した「invitation」は・・・・・・こちらの思いを根こそぎ持っていってしまう、バラードではなくビートの効いたアップテンポの楽曲だった。だが、ここには“心地いい裏切り”に遭ったという思いはあっても、“失望”はまったくない。“泣かせるストーリー”だから“泣かせる曲”、“夜”が舞台だから“静かな曲”というこちらの勝手な思い込みが招いた予期せぬ展開だったということだ。
 爽やかであり、躍動感があって、どこかノスタルジーにも浸れる、という不思議な味わい。こんな柴咲コウの世界もあったのだな、と感心してしまうと同時に、彼女の音楽性の拡がりと鋭さに素直に舌を巻く。
 おそらく、柴咲はこう考えたのではないだろうか。ストーリー全体を覆う“重い雰囲気”を和らげるために軽快なナンバーにしてみよう、“夜”が舞台だからこそ、彼らがもっと輝ける“日中”を、“青春”の象徴である“アウトドア”に路面電車で飛び出してみよう、と。自身が女優であり、そのストーリーを自分が演じるかのように曲を作りあげる彼女だから、そこまで考えたとしても不思議ではない。
 もちろん、“今回も泣かせる曲でくるんじゃないの?”と考えていた筆者のようなリスナーへのサプライズとしての“いたずらゴコロ”を、ほんのちょっぴり隠し味として使うことも忘れずに・・・・・・。
 曲の向こうに“あっかんべー”をする柴咲コウの顔が浮かんでくる。僕はその顔がたまらなく好きだ。(文:田井裕規)
(動画撮影時ヘアメイク:飛田卓司)
(動画撮影時スタイリスト:小山よし子)

RELEASE

invitation
柴咲コウ
2006/08/09[シングル]
\1,260(税込)
ユニバーサルミュージック
UPCH-5415
CDを購入する

TBSテレビ系ドラマ『タイヨウのうた』主題歌

PRESENT


柴咲コウのクリアファイルを抽選で10名様に
プレゼント!!
多数のご応募、ありがとうございました。プレゼントの当選は、発送をもって換えさせて頂きます。
その他、開催中のプレゼントはコチラ

PROFILE

1981年8月5日生まれ。東京都出身。
映画、ドラマ、CM、アーティストとして幅広く活躍。
2003年、東宝系映画『黄泉がえり』の劇中に登場するカリスマ・ボーカリスト“RUI”として、オリジナル・テーマ・ソング「月のしずく」を唄う。“RUI”名義でリリースしたこの曲で首位獲得という偉業を遂げる。
以降、シングル「眠レナイ夜ハ眠ラナイ夢ヲ」 「かたち あるもの」 「Sweet Mom」で、ヒットを記録。
2004年2月11日、アルバム『蜜』をリリース。2位を獲得。
2006年2月15日、シングル「影」をリリース。2位を獲得。
2006年8月9日、シングル「invitation」(TBSテレビ系ドラマ『タイヨウのうた』主題歌)をリリース。
オフィシャルサイト


【過去の特集】
■音楽ダウンロード特集
  『話題のドラマ『タイヨウのうた』主題歌「invitation」配信!』(2006/08/09)
■シングル「影」インタビュー
  『2006年第1弾はあの大人気ドラマの主題歌!』(2006/02/15)
■シングル「ひとりあそび」特集
  『“女優”“役者”の一面が溢れたアルバム』(2005/12/14)