ORICON STYLE

2005年07月06日



 ヤイコ、約9ヶ月ぶりの新曲「マワルソラ」が完成!人生に新しい翼を与えてくれるような、爽快なポップ・チューンである1曲。シンガーソングライターとして、また女性として充実している彼女の現在を色鮮やかに綴じ込めている内容でもある。

 今年でデビュー5周年、今やすっかり実力派シンガーソングライターと評価されるヤイコこと、矢井田瞳。ここ最近は『MTV Unplugged』に出演したり、アコースティック・ライヴ・ツアー『オトノシズク』を敢行するなど、ライヴ活動を精力的に行ってきた彼女だが、久々に新曲「マワルソラ」を完成させた!首を長くして新曲のリリースを待ちわびていた甲斐のある、完成度の高い仕上がりになっている。
 いきなりヤイコの歌声から始まり、だんだんダイナミックに盛り上がっていく、ポップ・チューンである1曲。「誰の目も気にすることなく、鳥のように翼を広げて人生という空の下を飛び回ろう。」そんなことを伝えているような、前向きな内容だ。ゆえにヤイコの歌声はとてもしなやかで、解放的な感じ。特にサビの部分に入る彼女独特のファルセット・ヴォイスは、爽快な風を運んでくれる。聴いてると、「人生にやれないことなんて何もないんだ」ということを教え、目の前にパァーッと明るい光をもたらしてくれるのだ。何かを始めたくて、でも飛び出す勇気がないときこの曲に触れたら、何でもできちゃいそうな気分になれるだろう。
 またこの曲は、夏休み全国ロードショーされるアニメ映画『ロボッツ』(7月30日〜)のエンディング・テーマにも起用されている。ロボットたちが夢をかなえるまでを描いた愛と勇気の物語に、ヤイコの描いたしなやかなサウンド世界がどうからみあい、映画にどんな感動をもたらすのか?それも楽しみなところだ。
 夢に向かって前進していこうとする姿勢を描いた「マワルソラ」とは一転、カップリング曲「ビルを見下ろす屋上で」は、夢を追う中で忘れてはいけない気持ち、自分のルーツとは何か?を描いたセンチメンタルなバラード・ナンバーだ。ピアノをメインにしたシンプルなアレンジのもと、ひとつひとつのフレーズを噛み締めながら歌うヤイコの声が、胸にじんわり感動&涙をもたらす。ヤイコというと、いつも元気で前向きというイメージを持つ人が多いと思う。しかしこの曲はそんな印象とはひと味異なる、彼女の深みを感じることができるはずだ。
 しなやかさとセンチメンタル、彼女のなかにある2つの感情を引きだした今回のシングル。それに引き続き、8月15日(ヤイコの日)には、2年ぶりとなるオリジナル・アルバム『Here today-gone tomorrow』のリリースが決定した。実はちょっと試聴させていただいたのだが、アップテンポからバラードまで、いろんなヤイコの表情が詰まりながらも、心にしみるいい曲ばかりが収録されている。楽しみにしてもらいたいのだが、ぜひその前に今回のシングルをじっくり味わってもらいたい。この2曲の持つエネルギーが、アルバムをさらに味わい深いものにするはずだから。
(文・松永尚久)



PV「マワルソラ」 配信終了
動画はWindowsMedia Playerで御覧になれます。

ニューシングル「マワルソラ」 マワルソラ
矢井田瞳
2005/07/06[シングル]
\1,050(税込)
東芝EMI
TOCT-4860
夏休み全国ロードショー映画『ロボッツ』 エンディング曲
CDを購入する

2年ぶり5枚目のオリジナルアルバム『Here today-gone tomorrow』のリリースが決定!シングル「マーブル色の日」「モノクロレター」「マワルソラ」を含む全12曲収録!! 
ニューアルバム『Here today-gone tomorrow』

Here today-gone tomorrow
矢井田瞳
2005/08/15発売
\3,000(税込)
東芝EMI
TOCT-25815


 3回目を迎えたヤイコのアコースティック・ライヴ・ツアー。今回は『オトノシズク』と題し、全国各地でさまざまな“しずく”をふりまいてきた。その最終公演となった東京・品川ステラボールの様子をレポート!
 全国15カ所、延べ1万人以上を動員(ちなみに全公演ソールドアウト)したツアーの千秋楽。もともと彼女のアコースティック・ライヴはとてもほのぼのした雰囲気で気持ちいいのだが、最終日ということもあってか、この日ステージに登場したヤイコの表情は、さらにリラックスした感じだ。そんな中「My
Sweet Darin'」などのヒット曲はもちろん、MCの途中ではTVCM用にカバーした「ユー・アー・マイ・サンシャイン」を披露。ヤイコ自身が音楽をとことん楽しんでいる様子が伝わるパフォーマンスだった。だからか、ふだん1000人以上集客する大きなライヴハウスなのに、ヤイコのリビング・ルームで音楽を聴いているかのような錯覚に陥ったほどだ。
 「Life like a love song」で感動的なフィナーレを迎えたステージ。その頃には観客全員が、ヤイコの作った“音のしずく”で心が潤ったような表情を浮かべていた。
(文・松永尚久)


7月
7月18日(月・祝)※雨天決行
お台場冒険王2005 LIVE FACTORY 721
OPEN 13:00 / START 15:00 / END 21:00
会場:R地区野外特設会場
詳しくはコチラ
7月24日(日)
FM802 MEET THE WORLD BEAT 2005
OPEN 11:30 / START 13:00
会場:万国博記念公園もみじ川芝生広場
詳しくはコチラ
7月31日(日)
HIGHER GROUND 2005
START 13:30
会場:海の中道海浜公園野外劇場
詳しくはコチラ
8月
8月27日(土)
TSS 30th ANNIVERSARY SOUND MARINA 2005
〜Feel the Voice 4〜
OPEN 14:00 / START 16:00
会場:広島港出島野外特設会場
詳しくはコチラ
8月28日(日)
NTT DoCoMo 四国 presents
MONSTER baSH2005
OPEN 9:00 / START 11:00 / END 20:00(予定)
会場:国営讃岐まんのう公園内 芝生広場
詳しくはコチラ
9月
9月4日(日)
TREASURE 052 with ZIP-FM 〜walking on air〜
START 15:30
会場:名古屋港オープンエアパーク
サンデーフォークプロモーション 052−320−9100


1978年大阪生まれ。
2000年5月、「Howling」でデビュー。7月にシングル「B’coz I Love You」でメジャーデビュー、同時にUKでもインディーズレーベルと契約。10月25日、ファーストアルバム『daiya-monde』リリース。初登場1位を獲得。
2001年3月21日から全国7都市にて初の全国ツアー開催。この間に計6ヶ所のUKツアーも敢行。10月31日、2ndアルバム『Candlize』リリース。初登場1位を獲得。
2002年1月23日、UKでの音楽活動の軌跡をまとめた”YAIKO”名義のアルバム『U.K.Completion』リリース。10月9日、3rdアルバム『i/flancy』リリース。初登場1位を獲得。
2003年10月29日、4 thアルバム『Air/Cook/Sky』リリース。
2004年7月28日、初のベストアルバム『Singlecollection』(BOXセット同時発売)リリース。12月1日、ヤイコ選曲のアルバム『Yaiko's selection 』リリース。

2005年4月24日、『MTV Unplugged』出演。日本人アーティストとしては3人目。
2005年5月8日〜6月15日、アコースティックツアー『オトノシズク』開催。
2005年7月6日、ニューシングル「マワルソラ」リリース。
2005年8月15日、ニューアルバム『Here today-gone tomorrow』リリース。
オフィシャルサイトへGo