ORICON STYLE

2004年10月29日
 SIMPLE PLAN ORICON STYLE SPECIAL COMMENT
SIMPLE PLANのコメント映像とPV映像が見れます!!
  シンプル・プラン
  ニューアルバム『スティル・ノット・ゲッティング・エニイ』 はファンに捧げるアルバム
PROFILE
カナダ・モントリオールの出身の5人組。メンバーは、ピエール・ブーヴィエ(Vo)、チャック・コモー(Dr)、デヴィッド・デロシアーズ(B・B.Vo)、セバスチャン・ルフェーヴル(G・B.Vo)、ジェフ・スティンコ(RG)。
2002年06月12日、アルバム『シンプル・プラン』でデビュー。全世界で200万枚以上のアルバム売上を記録。
日本へは2002年9月にJapan Tour(東京、大阪、名古屋、福岡、札幌)で初来日、2003年5月にはアヴリル・ラヴィーンのJapan Tourのサポート・アクトとして再来日を果たしている。
2004年10月20日、ニューアルバム『スティル・ノット・ゲッティング・エニィ』リリース。初登場10位を獲得。
2004年11月3日、DVD付限定盤『スティル・ノット・ゲッティング・エニィ』リリース
オフィシャルサイトへGo
PLAY MOVIE  
1. スペシャルインタビュー映像   movie
2. コメント&PV 「ウェルカム・トゥ・マイ・ライフ」   movie
動画はWindows Media Playerで御覧になれます。
NEW RELEASE
スティル・ノット・
ゲッティング・エニィ

シンプル・プラン
WPCR-11920/アルバム
2004.10.20/\2,079(税込)
ワーナーミュージック・ジャパン
初回限定スペシャル・プライス
CDを購入する
NEW RELEASE
スティル・ノット・
ゲッティング・エニィ

シンプル・プラン
WPCR-11941/アルバム
2004.10.20/\2,520(税込)
ワーナーミュージック・ジャパン
通常盤
CDを購入する
NEW RELEASE
スティル・ノット・
ゲッティング・エニィ

シンプル・プラン
WPZR-30062-3/アルバム
2004.11.03/\2,604(税込)
ワーナーミュージック・ジャパン
初回限定プレミアム・エディション スペシャル・プライス/DVD付き
CDを購入する
2ndアルバム『スティル・ノット・ゲッティング・エニィ』が週間アルバムランキングで初登場10位を獲得し、今も好調なチャートアクションをみせているシンプル・プランからスペシャルインタビュー映像とコメントが届いた。映像は、アルバムについて語る姿やレコーディング風景、ライブ映像と盛りだくさんの内容になっており見応えは充分。 11月3日には『スティル・ノット・ゲッティング・エニィ』のDVD付限定盤が発売、また同月25日にはイベントライブのため来日も決定しているシンプル・プラン。今後ますます目が離せなくなりそうだ。

いざレコーディングという段階で、彼らはかの有名なボブ・ロックにプロデュースを依頼した。(彼はメタリカ、モトリー・クルー、ボン・ジョヴィなどの大ヒット作のプロデュースを手掛けてきた人だ。)『スティル・ノット・ゲッティング・エニイ』へ向けてバンドが掲げたビジョンはシンプルだった。パンクというジャンルに捕われない事。最近、パンクというジャンルには、数え切れない程のルールがあるようだ。

「デビュー作では、ただ純粋なポップ・パンク・アルバムを作りたいって思ってたんだ。今回は気にしなかった。ただ良い曲を書きたいって思った。」とチャックは説明する。ピエールはこんなバンドのアプローチにピッタリの説明を付け足してくれた。「アーティストとして、わざわざ自分に制限を設ける必要ってある?」と彼は問う。「画家に例えると、7色とか8色だけ使おうって決めるのか、それとも色をブレンドして最高に美しい絵画を仕上げるかって聞かれてるようなもんだよ。」ファースト・シングル「ウェルカム・トゥ・マイ・ライフ」に隠されたとてもパーソナルな話から、「プロミス」の勢いあるギター・ソロまで、全てが彼らのソングライティング・アプローチを物語っている。

『スティル・ノット・ゲッティング・エニイ』がCDショップのヒップホップ・コーナーに置かれる程の驚きはないだろうが、アルバムにはかなり驚くような要素が詰まっている。「シャット・アップ」のパワフルだけど主張し過ぎないインタールード、「パーフェクト・ワールド」のクールだけど複雑なドラム・ループ、「アンタイトルド」の美しいストリングスと心に響く歌詞、「ワン」の叙事詩的なストリング・アレンジメント。「サンキュー」は90年代初期のメロディック・パンク・バンドを彷彿とさせるが、これらのバンドはチャックとピエールが以前結成していたハードコア・バンドであるリセットにも多大なる影響を与えたという。「このアルバムは前作とは少し違うけど、でも俺達である事には変わりないんだ」とセバスチャンは言う。しかし、シンプル・プランは実験的な事をすると同時に、以前から応援してくれているファンをカッガリさせたくないと強く思っている。今作はそういうファンに捧げるアルバムなのだ。「俺達にとって何より大切なものは、俺達とファンとの関係。」とデヴィッド。「彼らは俺達のアルバムを成功させる事も出来るし、失敗させる事も出来る。既に俺達に評価を下した評論家なんて、関係ないんだ。」とジェフが付け加える。「ファンがいなかったら、俺は苦手な会社員とかやってたと思う・・・」

何より、彼らの気持ちは歌詞を通じて語られている。「シャット・アップ」でピエールが“Nothing you say today will ever bring me down (きょうの僕は 何を言われても平気だ)”と歌っているが、これは計算された反発ではない。真実だ。さて、あなたは、どちらの味方する?

LIVE INFORMATION

シンプル・プランの一夜限りのスペシャル・ギグ!
   日時:2004年11月25日(木)OPEN 18:00  START 19:00
   場所:Ebisu Liquid Room
チケットについて
一般発売分は即日完売となっておりますが、アルバム『スティル・ノット・ゲッティング・エニィ』CD初回盤および、11/3発売のCD+DVD を購入し、応募した方の中から抽選でご招待があります。 応募締切 は2004/11/12(金) (当日消印有効 )。詳細はアルバム帯裏に記載の説明を参照ください。

INFORMATION

シンプルプラン サポーターズ“S☆P☆S”募集中!
シンプルプランのニューアルバムリリースを、強力にサポートしてくれるSPへッズを大募集!
   ・S☆P☆Sへの登録は無料。年会費等も一切ありません。
   ・過去に、登録者限定のライヴチケット超先行予約や、メンバーが生TELで出演した世界先行試聴イベントを実施。
    11月の来日時には、超スペシャルな企画を実施予定。
   ・詳細はこちらから  「JOIN!S☆P☆S」 をクリック!