ORICON STYLE

変化を望むなら、まずは自分から

『この声』ジャケット写真 『この声』ジャケット写真

――アルバムの1曲目「序曲」が、エレキのインストで始まるのが意外でした。全体にアップテンポも多くて、「卒業」などのシングル曲で高橋さんを知ったリスナーは驚くでしょうね。 【高橋】 僕のイメージってアコギの弾き語りというものが強いと思いますが、その「序曲」や2曲目の「蛍」のような曲調も、すごく自分らしい一面なんです。今回2作目のアルバムではあるけれど、改めて“こういう曲もやっています!”ということを分かってほしくて。

――歌詞のテイストも様々ですね。まず「蛍」や「雑踏の片隅で」のように、メッセージ性の強い楽曲で伝えたいと思ったことは何ですか? 【高橋】 今回アルバム全体に込めたことは、敵か味方、正義か悪かという話ではないということ。今の日本のムードが悪いのは政治家のせいだと言う人もいるけど、その政治家だって元を正せば、ただの子どもだったわけで……。変化を望むのなら、自分から変わっていかなきゃいけないと僕は思っています。そういうところから、大切なことが見えてきたらいいなと思いました。

――そういう考えを歌おうと思ったのは、昨年ロックフェス『LIVE福島』に出演されたことも要因にありますか? 【高橋】 福島に6日間滞在したことは、大いに生きていますね。実際に行ってみて、噂だけで「あそこの地方は大変だ」とか「あそこの食べ物は大変だ」とか、言わないでほしいなって思いました。それは福島に限らず、どんな地域やどんなことにも言えることで、そこに立ち入ってみないと語れないことのほうが、ほとんどだと思うんです。特に「蛍」や「雑踏の片隅で」などの新曲は、そうした経験せずに語れないことや、ひと筋縄ではいかない出来事、いろいろな視点で感じたことから生まれました。

歌の世界だからこそ言えること

――その一方で「気ままラブソング」は、メッセージ曲とは対照的に無責任な立ち位置が面白いですね。 【高橋】 前作のアルバム『リアルタイム・シンガーソングライター』では、僕のわりとマジメな人間性が出せたと思っていて、でもそれほどマジメでもないなっていうところも僕には実際あって(笑)。シリアスばかりじゃなく、もっといろんな表情を歌わないと、自分というものをしっかり表現したとは言えないんじゃないかと思ったんです。それに、<気ままに生きれば良いよ>なんて、歌でくらいしか言ってもらえないじゃないですか。「絶頂は今」もそうで、絶頂はいつか?って聞かれて「今だ」って答える人は、ほとんどいない。歌の世界だからこそ言ってあげられることってあると思ったので。僕自身、こういう歌を歌ったことで、気が楽になった部分もすごくありました。

――タイトル曲「この声」に込めたものは? 【高橋】 現実的ではない歌詞の世界観で、僕の曲のなかではちょっと珍しいタイプですね。でも歌っていることは、ホンネです。自分が歌うことで、誰かの希望や笑顔のきっかけになればいい、そういう想いで歌ってます!という選手宣誓みたいな。だから、路上ライブや『胡座(あぐら)』(札幌時代から行ってきた弾き語りライブ)のときは、必ず1曲目に歌っていたんです。ニューヨークで路上ライブをやったときも、1曲目はこの曲でした。

――5月からツアーが始まりますが、“この声って誰?高橋優じゃなぁい?”というサブタイトルが面白いですね。 【高橋】 実は偶然、喫茶店で耳にした会話なんです。有線放送で僕の曲が流れていて、隣のカップルが「この声って誰?」「高橋優じゃなぁい?」って(笑)。2人いて1人が僕のことを知っていたというので、すごく感動したんです。アルバムタイトルとも掛かっているし、実際にそんな世界になったらいいなと思って。ワンマンのホールツアーは初めてなので、新しい発見をしながら、これまでのツアーの経験も活かしつつ、ちゃんとその場を楽しめるものにしたいです。今まで自分のライブを観たことのない方にも、また違った高橋優をお見せできると思います!

(文:榑林史章)

RELEASE

この声【初回限定盤】 CD購入(Amazon) CD購入(HMV) このCDについて語ろう! この声 【初回限定盤】
高橋優
2012/03/14[アルバム]
価格:\3,500(税込)
ワーナーミュージック・ジャパン
品番:WPZL-30360/1

この声【通常盤】 CD購入(Amazon) CD購入(HMV) 着うた®配信 この声 【通常盤】
高橋優
2012/03/14[アルバム]
価格:\3,150(税込)
ワーナーミュージック・ジャパン
品番:WPCL-11049

PROFILE

高橋優
1983年12月26日生まれ、秋田県横手市出身のシンガー・ソングライター。北海道・札幌の大学進学と同時に路上での弾き語りを始め、2008年に活動の拠点を東京に移す。
2009年7月8日、初の全国流通盤『僕らの平成ロックンロール』をリリース。
2010年7月21日、シングル「素晴らしき日常」でメジャーデビュー。
2011年2月23日、シングル「福笑い/現実という名の怪物と戦う者たち」をリリース。
2011年4月20日、1stアルバム『リアルタイム・シンガーソングライター』をリリース。
2012年1月18日、シングル「卒業」をリリース。
2012年3月14日、2ndアルバム『この声』をリリース。

ARTIST PAGE  COMMUNITY  OFFICIAL SITE

BACKNUMBER

■シングル「素晴らしき日常」インタビュー
 『箭内道彦プロデュースの期待の新人・高橋優がメジャーデビュー!』(2010/07/07)

▲このページの最初に戻る