ORICON STYLE

今までの作品の中で一番好きなように作ったアルバム

――居心地のよいアルバムですね。この音楽に包まれていたいという気持ちになりましたし、もしかしたら私を含め、このアルバムを聴くすべての人が愛されていると感じるんじゃないかな?って思いました。
【清水翔太】 ありがとうございます。今回は『Naturally』というタイトルもそうなんですけど、もっと自分らしくというか、原点回帰という言葉が一番近いのかな?その原点っていうのも本当の原点であるデビュー前の自分なんです。

――自分の好きな音楽と向き合っていた頃ということですか?
【清水】 うん、自分が好きで作っていた音楽ですね。プロになるとビジネスを視野に入れた作品作りは必要になってくるわけで、そういうことを考えてきたこれまでの僕があって、今もう一度アナログな音楽の楽しみ方だったり、音楽の快感を自分なりに追いかけた作品を作りました。今までの作品の中で一番好きなように作った感じです。

――『Umbrella』、『Journey』と試行錯誤をしてきた翔太くんがいて、3枚めの『COLORS』で解き放たれた観がありましたね。今は、そこからさらに自分の行きたい道を歩いているような気がします。
【清水】 そうですね。基本的に『COLORS』というアルバムがあったからこのアルバムがあるともいえるし、『COLORS』の曲作りの延長線上にあるといえます。僕はデビューしてからずっと……何かに対して曲を作ってきたんですね。そのほとんどが応援してくれるファンに対してだと思うんです。

――清水翔太に求められているものに応えてきたと?
【清水】 “何が?”っていうのがいまだにはっきりとはわからないんですけど、ファンのみんなが自分のことを信じてついてきてくれているのだから、みんなの顔色をうかがうよりも自分の思うようにやればいいのかな?と思って……むずかしいんですけれどね。

――自分なりに汲みとったファンの気持ちは、4年も経つと翔太くんのなかに根付いているんじゃないですか?それが“自分の好きなこと”と自然に融合してできたのが『Naturally』なんじゃないかと、今ふと思ったんですけど。
【清水】 そうかもしれないですね。曲作りの過程がどんどん自然になっていくとか、ファンの気持ちを自然に汲み取ることとか、それでいながら自分の好きなことをやりつつもビジネスであったり。それを考えずにできるようになった、そういう意味での『Naturally』でもあるかもしれないですね。

――曲的にはR&B、ソウルと本当に翔太くんの好きな音楽に溢れていますよね。しかもかなりクラシカルだったりする。
【清水】 もっとも自分の中心にある音だと思います。だからエレクトロっぽい音だったり最近の洋楽の流れっていうものが入ってないんですよ。あとはやっぱりR&Bやソウルを自分なりに表現することをずっと考えてきたんですよ。でもそういう音楽を日本語で表現することはすごくむずかしくて。カッコいいR&Bを日本語でやると、こういうことになったのかな?とは思います。

リアルじゃないことも書きたいと思った

――1曲めの「Get Back」は、そんなアルバム全体のテーマ曲になっているのかな?「Get Back」の“帰る、戻る”という意味は、翔太くんのいう原点回帰のことだろうし。
【清水】 そうですね。アルバム全体がほぼでき上がってきてから作ったし、そういう曲にしたいなと思っていたので。別に変わってはいないんだけども、なかなか難易度の高いアルバムだぞっていう1曲目で“ふるい”にかけたいなと思ったんです。

――傘、旅、カラフルに〜と、過去3枚のアルバムタイトルをすべて歌詞の中に入れているところもおもしろいですね。
【清水】 なんとなく思いついて入れたんですけれど、そこがこの曲で言いたかったことなのかな?と。

――そして思ったのは、歌い方が力強いってこと。
【清水】 このアルバムのレコーディング全体にいえることかもしれないんですけど、歌をもう少しライブ寄りにしたかったというか。耳触りのいい歌い方が好きなので、ついついキレイに歌ってしまうけど、ライブだとソウルに歌っていてそれがいろんな人から支持を得ているので、音源でもそういう歌い方をしていいかな?と。なので、ソウルやパッションを感じるように歌いました。

――これはウェディングソングですよね?
【清水】 そうなんです。みなさんご結婚される際には、ぜひ歌ってください(笑)。これもアルバム全体にいえることなんですけど、もうちょっと自分の未知の世界も書きたいというか、リアルじゃないことも書きたいと思ったんです。

――翔太くんが経験したことじゃないことも書きたいと。
【清水】 僕は自分の目で見たものや自分の想像する範囲のものしか書いてこなかったので、もっと広げて知らない世界から持ってこようかなと。でも実は、デビュー前の自分はそうだったんです。いろんな想像を広げて物語を書くみたいな。それが楽しかったので久々にしてみようと思って、「The Day」や「Picture Prefect」とかもそうですね。

――個人的に心地よさNo.1の「Gamble」から「love」、「Overflow」の流れが大好きです。(歌詞的に)Loveゾーンになっていますよね。
【清水】 僕もこの曲順、好きです。「Overflow」は一番好きですね。最近ずっとこのアルバムばかり聴いてるんですけど、この曲が来た瞬間にテンションが上がります。

――ラスト曲が「マダオワラナイ」という強い気持ちのメッセージソングですね。
【清水】 これを書いたときは、とにかく応援ソングを書きたいと思っていたんです。“自分もがんばるからさ、みんなもがんばろうよ”ってね。そういう想いもあるし、ライブでもアンコールで歌う飛び道具的な楽曲なんです。なんとなく僕のアルバムはやさしい曲で終わるんですけども、今回は敢えてもう一発ハジケとこうみたいな(笑)。そんな気持ちです。

――次のツアーは、アルバムならではの内容になりそうですね。
【清水】 通常のライブもやりつつ、小さなライブハウスでお酒とか飲みながらやってもおもしろいのかな?って思っています。そういうライブをするとなったら、僕は渋い感じで全然しゃべらないですよ(笑)。

(文:三沢千晶)

RELEASE

Naturally【初回生産限定盤】 CD購入(Amazon) CD購入(HMV) このCDについて語ろう! Naturally
【初回生産限定盤】

清水翔太
2012/03/21[シングル]
価格:¥3,500(税込)
ソニー・ミュージックレコーズ
品番:SRCL-7921/2

Naturally【通常盤】 CD購入(Amazon) CD購入(HMV) 着うた®配信 Naturally
【通常盤】

清水翔太
2012/03/21[シングル]
価格:¥3,059(税込)
ソニー・ミュージックレコーズ
品番:SRCL-7923

PROFILE

清水翔太
地元・大阪のスクールでゴスペルを学び、ソウルミュージックに魅せられたことをきっかけに作詞・作曲・アレンジを行うようになる。
2007年7月18日、デビューに先駆け、童子-Tのシングル「ONE LOVE feat.清水翔太」に参加し、新人らしからぬ堂々たる歌唱にファンの間で話題になる。
2007年9月26日、セリーヌ・ディオンのトリビュートアルバム『セリーヌ・ディオン トリビュート』では、国内の実力派アーティストたちと肩を並べ、「I'M YOUR ANGEL」を加藤ミリヤ&清水翔太名義で参加。セリーヌ・ディオン&R.ケリーによるオリジナルを独自の解釈で歌い上げ、日本人離れした、ソウルフルかつ圧倒的な歌唱力を印象付けた。
2008年2月20日、シングル「HOME」でメジャーデビュー。新人ながら異例の初登場5位を獲得し、各方面より話題を集める。
2008年11月26日、アルバム『Umbrella』をリリース。
2010年3月3日、アルバム『Journey』をリリース。
2011年3月9日、アルバム『COLORS』をリリース。

ARTIST PAGE  COMMUNITY  OFFICIAL SITE

BACKNUMBER

■アルバム『COLORS』インタビュー
  『未知の可能性を感じる最新アルバム!』(2011/03/09)
■シングル「君が暮らす街」インタビュー
  『一度は経験したことがある、失恋後の物語』(2010/10/20)
■シングル「GOODBYE」インタビュー
  『優等生じゃない自分を表現した新曲とは!?』(2010/07/07)

▲このページの最初に戻る