ORICON STYLE

幸せなことや辛かったことも…努力の結晶

――1stアルバム『Love Letters』が完成しましたね。 【ジェイ】 アルバムが出せるのは、僕たちを応援してくださったファンのみなさんのおかげだと心から思っています。なので、感謝の気持ちを込めて、僕たちの全力を注いで作りました。
【ヒョンミン】 タイトルにあるように、大国男児からファンのみんなに贈る手紙のようなアルバムになったと思います。今、大国男児が表現できるすべてをこのなかに詰め込みました。
【カラム】 僕たちは今までも、いろんなジャンルに挑戦してきたんですけど、このアルバムでさらにいろんな楽曲を表現できる、1つの枠にとらわれないグループであることがわかってもらえると思います。
【インジュン】 これまでの“Loveシリーズ”も全部入っていますし、それ以外にもロックっぽい曲とか、切ないバラードとか、みなさんの想像を超える、期待以上の内容になったと思います。
【ミカ】 僕たちが日本で生活をしているなかで感じたこと、幸せなこともあれば、辛かったこともたくさんありました……いろんな気持ち、経験したいろんなことがこのアルバムの中に詰め込まれていて。自分達で完成した作品を聴きながら、たくさんの出来事や気持ちがよみがえってきました。

――今までで辛かったこととは? 【ジェイ】 日本に来たばかりのときは、日本語が話せなくて、周りの人達と会話ができなかったことが本当に辛かったですね。もともとカラムは日本(のドラマや映画)に興味があって、少し日本語が話せたんですけど、僕らはまったく話せなくて。でも、すぐにそれじゃダメだって、必死に日本語の勉強をして覚えたんです。

――そんな状況の中から、今ではみんなが自分の言葉(日本語)でちゃんと自分の想いを伝えているよね。しかも、わずか1年でこんなにもマスターできるのは、大国男児のみんなの努力以外の何物でもないよね。 【カラム】 いやいや〜。
【ヒョンミン】 (全員が謙遜する中、満面の笑みで)僕たち、頑張りました!
【一同】 (笑)

――しかも、大国男児はトークが面白い!という。 【ヒョンミン】 日本語を覚えるために、日本のバラエティー番組もたくさん観たんです。そうしたら、お笑いにハマってしまって。日本のお笑いって、独特の“間”があるじゃないですか?その“間”が大好きなんですよね(笑)。

――韓国のアーティストからまさか“間”という言葉が飛び出すとは!? 【ヒョンミン】 アハハハ。トークは“間”が命ですから!

意外な一面も垣間見れるアルバムに

――確かにね。では、それぞれのお気に入りの1曲を教えていただけますか? 【ジェイ】 僕は「Love song for you」。これは僕が初めてメインパートを取った記念すべき楽曲で。レコーディング中は緊張してドキドキもしたんですけど、それ以上に幸せな気持ちで、楽しく歌うことができました。
【ヒョンミン】 僕は「片想い」という曲です。
【インジュン】 僕も「片想い」です。
【ヒョンミン】 この曲を歌いながら、小学校のころ片想いしていた淡い気持ちを思い出しました。<そうさ わかってるけど>とか<やっぱりね>とか、相手に話しかけているような歌詞が身近に感じられて好きですね。
【インジュン】 でも、全体的な雰囲気は大人っぽくて。アルバムの後半になるにつれて、だんだん歌詞もメロディーも大人度が増していくんです。
【ジェイ】 大国男児の意外な側面がたくさん見れると思います。

――カラム君のお気に入りの曲は? 【カラム】 僕は「Love Story」です。これまで“ラブシリーズ”を歌ってきたんですけど、そのなかで誰かを好きになって、その後どうやって恋に発展するのか、僕らはその過程をさまざまな形で表現してきたんです。だけど、この曲は、完全に君のことが好きで、「100年後も君だけを愛してるよ」と永遠の愛を誓った歌で。僕はファンのみなさんに向けて、この先にはいろんなことが待ち受けているかもしれないけど、僕らとずっと一緒にいきましょう!っていう気持ちを込めて歌いました。

――こっちは両想いソングだね。 【カラム】 最初は普通にファンの子たちのことを好きだったんですよ。だけど、日本デビューして、ライブやイベントでファンのみんなと直接会う機会が増えるたびに、どんどん好きな度合いが増していって。でも、ファンのみんなと会うたびに、前よりももっとカッコいい、成長した大国男児を見せたい、見せなきゃいけないって思うんです。だから、みんなの存在が僕たちを成長させてくれているんだなって思います。
【ヒョンミン】 ファンの子にもっと幸せな想いやこれまで感じたことのない嬉しい気持ち、最高の景色をこれから僕達が見せてあげたいと思います。

――そういった意味でも、「Dearest」や「MAGIC」は、みんなの大好きなファンの人たちへ向けた直接的なメッセージソングというか。ライブ会場でファンの人達と大国男児が一体となっている光景が浮かんできました。 【インジュン】 「MAGIC」は夢のために走り続けるという内容で。歌詞のとおり、僕たちにはたくさん夢があるから、今の状況で決して満足しているわけではないですけど、アルバムでは、今僕らが持っている最大限の力を発揮できたと思うので、デビュー当時から僕達のことをずっと応援してきてくださっているファンの人たちには、僕たちの成長をアルバムから感じ取ってもらえたら嬉しいです。
【ミカ】 僕はアルバムの曲、全部が本当に好きなんですけど、今までの大国男児との違いを感じたという意味で「Friends〜ありがとうを君〜」がおススメです。スリリングなビートで、クールな僕たちの魅力を感じられると思いますし、幅が広がった1曲です、これからもっと新しいジャンルに挑戦していきたいという気持ちになりました。
【ヒョンミン】 いつか本当に大きな会場で大好きなファンのみなさんと一緒にコンサートをしたいです!

⇒ 次のページへ【バレンタインデーはチョコレートを……】

(文:星野彩乃)

RELEASE

Love Letters【初回生産限定盤A】 CD購入(Amazon) CD購入(HMV) このCDについて語ろう! Love Letters
【初回生産限定盤A】

大国男児
2012/01/18[アルバム]
価格:\4,000(税込)
ソニー・ミュージックレコーズ
品番:SRCL-7836/7

Love Letters【初回生産限定盤B】 CD購入(Amazon) CD購入(HMV) 着うた®配信 Love Letters
【初回限定盤B】

大国男児
2012/01/18[アルバム]
価格:\2,500(税込)
ソニー・ミュージックレコーズ
品番:SRCL-7838

Love Letters【初回限定盤A】 CD購入(Amazon) CD購入(HMV) Love Letters
【通常盤】

大国男児
2012/01/18[アルバム]
価格:\3,000(税込)
ソニー・ミュージックレコーズ
品番:SRCL-7839

PROFILE

大国男児(だいこくだんじ)
ミカ、カラム、ヒョンミン、インジュン、ジェイの5人で構成される5人組ボーカルグループ。デビュー前からファンサイトの登録者数が4万人を超えるなど熱い注目を集める中、2010年3月『憧憬少年』で韓国デビュー。2011年4月13日、シングル「Love Power」で日本デビューを果す。

2010年3月4日、『憧憬少年』で韓国デビュー。“国民の弟アイドル”として人気を博す。2011年1月、『第20回ソウル歌謡大賞』で、新人賞を受賞。
2011年4月13日、シングル「Love Power」で日本デビュー。
2011年6月15日、シングル「Love Bingo!」をリリース。
2011年9月21日、シングル「Love Parade」をリリース。

ARTIST PAGE  COMMUNITY  OFFICIAL SITE

BACKNUMBER

▲このページの最初に戻る