ORICON STYLE

ドラマで主題歌が流れた瞬間は…

(左から)TAXMAN,ROY,JIM,MARCY(左から)
TAXMAN(G),ROY(Vo&B),
JIM(G),MARCY(Dr)

──今年第1弾シングルは、なんとTHE BAWDIESにとって初のドラマ主題歌ということで。 【ROY】 ドラマ『ハングリー!』の主題歌のお話をいただいたときは、まず最初に“なんで!?”って思いました。驚きと同時に疑問も浮かんだというか。というのも、俺らみたいなロックンロール・バンドをドラマ主題歌に起用するケースって珍しい気がして。それで詳しい話を聞かせてもらいました。そしたらスタッフの方々は、ものすごくロックンロールを愛していて。しかも「THE BAWDIESらしいストレートなロックンロールを書いていただければ、それがドラマにとって1番だと思います」と言って下さったので、ものすごくうれしかったですね。ロックンロールというのは歴史のある音楽だけど、でも現代の日本のポピュラーミュージックの中に根付いてるかといえば、そうではない。残念ながら。僕らの夢は、ロックンロールが日本のポピュラーミュージックのひとつになることなんです。ドラマの主題歌になれば、まだロックンロールの魅力を知らない人たちに届く可能性が高まるから、自分たちの夢のためにも、ぜひチャレンジしたいと思いました。

──そして完成したのが「ROCK ME BABY」。ドラマはご覧になりましたか?(ちなみに第1話にはTHE BAWDIESの4人も、ちらっと出演!) 【ROY】 はい。入り込んで観てたら、ぐっと物語が盛り上がった瞬間に自分たちの曲が流れてきて“おおっ!”みたいな(笑)。
【TAXMAN】 僕なんか録画して2度も観ちゃいました(笑)。ドラマを観てる人に、どんなふうに聴こえてるんだろうって、すごく気になりましたね。反応が楽しみです。
【JIM】 主役の向井理さんが何かを決意したりする場面で、いきなり流れてきて。不思議な感じがしました。不思議だし、なんとなく恥ずかしいような感覚もありました。
【MARCY】 曲が流れたら、そっちのほうが気になって。ストーリーがわかんなくなっちゃいました(笑)。
【ROY】 自分たちの曲に、そこまで聴き入るなよ(笑)。

ロックンロールは誰にでも響くはず

「ROCK ME BABY」「ROCK ME BABY」

──間口が広くて、しかも奥が深い。そんな印象の楽曲ですね。 【ROY】 そのへんは意識しました。これまで以上に多くの人に伝わるようにしたかったし、それでいて、しっかりロックンロールとしての魅力のあるものにしたかったんです。両方の目線で判断しながら作っていきました。
【MARCY】 ドラムに関していえば、シンプルにまとめつつ、ただサビだけはニュアンスを変えました。バスドラを4つ打ちにしたんですよ。聴いてる人が、ふと気づいたら踊ってた、みたいな感じになったらいいなあと思って。
【TAXMAN】 ギターもロックンロールならではのシンプルなかっこよさを意識しつつ、でも音作りは、かなり練りました。ちゃんと現代の感覚も加えたかったんで。

──ほんのりサイケデリックな味付けもされていますね。 【JIM】 シタールや逆回転なんかが入ってますからね。サイケといってもドロドロした方向ではなく、より軽やかに、よりカラフルにしていく方向性で。
【ROY】 これまでロックンロールに触れたことがない人でも、確実に踊れる楽曲だと思います。そもそも、ロックンロールもソウルミュージックも、人間の感情から湧き出たエネルギーによって熱を伝えていく音楽なんですよ。だから誰にでも響くはずなんです。

(文:大野貴史)

RELEASE

ROCK ME BABY ROCK ME BABY
THE BAWDIES
2012/02/08[シングル] ¥1,200(税込)
ビクターエンタテインメント 品番:VICL-36690
CD購入(Amazon)CD購入(HMV)このCDについて語ろう!着うた®配信

INFORMATION

『ROCK ME BABY TOUR 2012』
06.07(木)新代田 FEVER
06.09(土)横浜 BLITZ
06.12(火)新潟 LOTS
06.14(木)福井 響のホール
06.15(金)京都 KBSホール
06.17(日)Zepp Fukuoka
06.19(火)BLUE LIVE 広島
06.21(木)岡山 CRAZYMAMA KINGDOM
06.23(土)Zepp Namba(OSAKA)
06.24(日)Zepp Nagoya
06.26(火)Zepp Tokyo
06.29(金)Zepp Sendai
07.01(日)Zepp Sapporo(TOUR FINAL)

PROFILE

THE BAWDIES(ザ・ボゥディーズ)
小学校からの同級生のROY(Vo&B)、JIM(G&Cho)、MARCY(Dr&Cho)と、高校からの同級生のTAXMAN(G&Vo)によって結成されたロックバンド。2004年結成。
2006年3月15日、インディーズ1stアルバム『YESTERDAY AND TODAY』をリリース。
2009年4月22日、アルバム『THIS IS MY STORY』でメジャーデビュー。
2009年11月4日、メジャー1stシングル「IT'S TOO LATE」をリリース。
2010年3月17日、シングル「HOT DOG」をリリース。7位を獲得。
2010年4月21日、アルバム『THERE’S NO TURNING BACK』をリリース。6位を獲得。
2010年9月15日、シングル「JUST BE COOL」をリリース。8位を獲得。
2011年3月30日、AIとのコラボシングル「LOVE YOU NEED YOU feat.AI」をリリース。3位を獲得。
2011年6月8日、アルバム『LIVE THE LIFE I LOVE』をリリース。6位を獲得。
2011年10月19日、シングル「RED ROCKET SHIP」をリリース。
2011年11月27日、全国ツアー『LIVE THE LIFE I LOVE』の最終公演を、自身初の日本武道館で開催。
2012年2月8日、シングル「ROCK ME BABY」をリリース。向井理主演ドラマ『ハングリー!』(関西テレビ・フジテレビ系)の主題歌に抜擢。

ARTIST PAGE  COMMUNITY  OFFICIAL SITE

▲このページの最初に戻る