ORICON STYLE

プロフィールオフィシャルサイト

──ニューシングル「MASK」。2012年の1枚目を飾るにふさわしい勢いのある仕上がりですね。
【OKP-STAR】 昨年のアルバム『カルペ・ディエム』以来のリリースだし、しかも9月に行ったツアー『Make the Best of Tour 2011』以降は、表だった活動が少なかったじゃないですか。だから早くみんなに聴いてもらいたい、という気持ちが強くて。間隔が開いた分、期待されているのも感じていました。その期待に応えられるシングルになったかな、と思います。
【大介】 昨年の8月24日に日本武道館という大きな舞台に立つことができて、それがある意味でひとつの節目になったというか。そこからの最初の一歩というイメージもありますね。
【TASSHI】 ここから僕たちは、またガンガン走っていきますよ、という意思表明がちゃんとできている曲っていうか。
【mayuko】 殻を破ったというか、扉を開いたというか。そんな感覚があって。バンドって楽しいなあ、ということを、この曲を作っていて改めて実感しました。結成して今年で9年目になるんですけど、この時期に、そう思えることがすごくうれしいですね。
【太志】 ツアーが終わった後、昨年の10月にメンバー全員で合宿をしたんですよ。いわゆる曲作り合宿ってやつを初めてやったんです。そんななかでできたのが、この「MASK」という曲。

──勢いのある曲調ではありますが、でも歌詞には、どことなく切羽詰まっているような感覚もありますね。
【太志】 久々にヒリヒリした感じの歌詞になりました。音は進化しつつ、でも歌詞は初期のAqua Timezっぽい感じもあるんじゃないかな。自分が思ったことを素直に誰かに伝えることって、すごく難しいじゃないですか。相手に気を使って、ちょっと形を整えたりだとか。カッコいい言葉に置き換えたりだとか。そういうことをしちゃうことって多いと思うんです。でも考えすぎないで素直に口にしたほうが、ちゃんと伝わったりするんですよね。

──感情に貼り付けたマスクを外して素直に言葉にしよう、と。
【太志】 うん。それが難しいことはわかってるけど、そうしたほうが最後にはちゃんと笑えるっていうか。感情を溜め込んじゃうのはよくないと思うから。
【TASSHI】 激しい曲調ですけど、そういった少し切ない要素も混じってるんですよ。そのへんもAqua Timezらしいかなって思うし、あとメンバー全員がサッカーでいうフォワードのような存在になっているのも、この曲の特徴だと思います。5人全員で攻めているというかね。
【大介】 ギターに関していえば、これまでの流れを一度完全にリセットして、とにかく好きな音で弾こうと思ったんです。これまでとは違う機材を使って、これまで以上に攻撃的な音を出しました。
【OKP-STAR】 さっき節目という話がありましたが、プレイに関してもそんな意識があって。これまでの自分のプレイを見直しつつ、もっと面白いことができるはずだっていう、そういう気持ちで弾きました。グルーヴに注目してほしいですね。
【mayuko】 激しいサウンドのなかでピアノの音をどんなふうに響かせるか、それが私のテーマでした。こういうテンポの曲の場合、これまではサビだけピアノの音色を使うことが多かったんです。でも今回は、AメロもBメロもピアノで、新しい挑戦でした。

──ところで<悲しいのに泣けなかった 僕ずっと 僕ずっと 泣きたかったんだなぁ>というフレーズがあるじゃないですか。それを聴いて代表曲「決意の朝に」の<辛い時 辛いと言えたらいいのになぁ>という一節を思い出しました。
【太志】 ああ、そうですね。結局のところ、そこらへんが自分が生きていく上でのテーマみたいなものなんでしょうね。素直になれるかどうか、ということがね。

(文:大野貴史)
MASK
Aqua Timez
発売日:2012/02/22[シングル] 価格:¥1,223(税込)
エピックレコードジャパン 品番:ESCL-3851
CDを購入する(Amazon) CDを購入する(HMV)
このCDについて語ろう! 着うた配信

Aqua Timez
太志(Vo)、大介(G)、OKP-STAR(B)、mayuko(Key)、TASSHI(Dr)の5人組。
2003年に結成し、東京を中心にライブ活動を行う。
2005年8月24日、1stミニアルバム『空いっぱいに奏でる祈り』をリリース。同アルバム収録曲「等身大のラブソング」に注目が集まり、発売から約半年後、1位を獲得する。
2006年4月5日、ミニアルバム『七色の落書き』をリリース。
2006年12月6日、アルバム『風をあつめて』をリリース。
2007年11月21日、アルバム『ダレカの地上絵』をリリース。
2009年3月11日、アルバム『うたい去りし花』をリリース。
2011年2月16日、アルバム『カルペ・ディエム』をリリース。
2011年12月21日、DVD『Aqua Timez“Carpe diem Tour 2011”日本武道館』をリリース。
2012年2月22日、シングル「MASK」をリリース。

ARTIST COMMUNITYARTIST PAGEOFFICIAL SITE

■アルバム『カルペ・ディエム』インタビュー
 『進化したバンドの姿が刻まれた傑作!』(2011/02/16)

■アルバム『うたい去りし花』インタビュー
 『ヒット曲も収録した濃密で強力なロックアルバム!』(2009/03/11)

■シングル「Velonica」インタビュー
 『2009年第1弾は、新たな一面が垣間見れるロックチューン!』(2009/01/14)

▲このページの最初に戻る