ORICON STYLE

情熱と伝えたい気持ちが強くあったから歌ってきた

――『NANA BEST』の制作中は、どんなことを感じていましたか? 【谷村】 すべての曲にいろんな思い出があって、忘れてたこともフラッシュバックのように思い出しました。あとは、昔は声自体がかわいかったですね(笑)。初期の頃は他の方にコーラスを録っていただいていたので、ベストは自分の声でコーラスもやろうと、「Again」や「Place of love」、「Say Good-bye」など、コーラスのみ録り直しました。声はそのときの人格すべてが出るというか、すごく繊細なモノで、私自身4年間のなかでいろんな変化があったから、それが声に表れているんだろうな〜と思いました。そういう声の違いを感じながらレコーディングしました。

――4年間を振り返って思うことは? 【谷村】 実際にデビューすると決まってからの期間がすごく短かったので、右も左も全くわからない世界に飛び込んだ感覚だったんです。もちろん音楽に対する情熱は今と変わらないくらいにあったけど、2〜3年はがむしゃらに突っ走ってきた感じがします。ただ、どんなことがあっても自分の情熱と伝えたい気持ちが強くあったから、聴いてくれる人のために歌ってきたんだと思います。

――転機になった曲ってありますか? 【谷村】 「JUNGLE DANCE」で初めてテレビ出演させて頂いて、ライブでファンの方と触れ合う機会が増えて、“自分が何のために音楽をやっているのか?”ってことをちゃんと考えるようになっていきました。やっぱり聴いてくれる人がいるから、その人たちのために歌っていると思うし、ライブはすごく大事なモノだと感じています。今では(ライブの)登場の曲も絶対に「JUNGLE DANCE」だし、この曲と「SEXY SENORITA」は今回のアルバムでも敢えてレコーディングし直さず、当時のままの姿で残してあります。

――奈南ちゃんはPVもいろんな見せ方をしてきましたよね。 【谷村】 確かに曲自体もいろんなジャンルだし、PVもいろいろですね。私としては「everybody」に愛犬が出演しているので、思い入れは大きいです。

――もっとも素の奈南ちゃんが出てた作品かもしれないですね。 【谷村】 うん。本当に自然な笑顔でしたからね〜(懐)。

――そして新曲も収録されていますね。 【谷村】 「Innocent」は高見沢(俊彦)さんに曲をいただいて、自分で歌詞を書きました。レコーディング前から高見沢さんはこの楽曲に対して情熱を注いでくださっていて。今までは、何度もレコーディングをやり直すスタンスではなかったんですが、この曲は何度も録り直して、どのテイクがいいのかというところまで参加させていただきました。コミュニケーションしながら時間をかけて作れたことが嬉しいです。

――高見沢さんとは『FANTA』のCMで、ご一緒されていますね。 【谷村】 皆さんもご存じのように、高見沢さんって素晴らしい方なんですよ。CMでご一緒させて頂いて、一緒に曲作りをさせて頂いてもっともっと知っていくと、本当に偉大な方なんだなってつくづく感じるんですよね。曲を書いていただいて本当に光栄です。

もっと自分発信していけるアーティストになりたい

谷村奈南

谷村奈南

――そしてアルバムタイトルを『NANA BEST』にしたところには、どのような想いが?……まぁ、そのままだとは思うのですが(笑)。 【谷村】 そのままなんですけど(笑)、このアルバムを出して今までの自分に区切りをつけたいという気持ちがありました。ここから新しいスタートというか。ライブももっとやりたいし、自分の中で変化があったので、それを早く歌にしたいんですよ。今までも歌詞を書いたりしてきましたが、もっといろいろと自分から発信していきたいと思っています。

――そんななか、『FANTA』がついにデビューしましたね。CMが始まった頃から、いつかデビューするだろうとは思っていましたけど、このタイミングだとは思いませんでした(笑)。 【谷村】 ファンの方もツイッターとかでつぶやいてくれていて。「あれだけ曲が出ないってことは、デビューはもうないだろうと思ってたら……」とか喜んでくれているので、デビューできて本当によかったです。“永遠の16才”の綾小路翔さんの歌詞も超かわいくて、私も歌いながら元気とか勇気をもらいました。

――レコーディングはいかがでしたか? 【谷村】 みんな別々に録ったんですけど、高見沢さんの曲なのですごくこだわりを持たれていて、これもいっぱい歌いました(笑)。「Innocent」もそうだけど、レコーディングって、そうあるべきだと思いました。

――バンドには憧れはありました? 【谷村】 ありましたね。やっぱりずっとひとりで歌ってきたし、ライブでもトラックを流して歌ってきたので、ひとりじゃないっていう安心感がありました。ダンサーと一緒にステージを作ることはありますが、それとはまた違った一体感があって楽しいですね。

――世界がだんだん広がっていっていますね。これからやってみたいことは? 【谷村】 今、すごくヨーロッパに行きたくて……アメリカでもいいんですけど(笑)、海外に行ってインスパイアされたいです。スペインとかいいですね(憧)!

(文:三沢千晶)

RELEASE

NANA BEST【初回限定生産盤】 CD購入(Amazon) CD購入(HMV) このCDについて語ろう! NANA BEST
【初回限定生産盤】

谷村奈南
発売日:2011/08/10
[アルバム] 
価格:\4,990(税込)
SONIC GROOVE 
品番:AVCD-16235/B

NANA BEST【DVD付】 CD購入(Amazon) CD購入(HMV) 着うた®配信 NANA BEST
【DVD付】

谷村奈南
発売日:2011/08/10
[アルバム] 
価格:\3,990(税込)
SONIC GROOVE 
品番:AVCD-16236/B

NANA BEST【通常盤】 CD購入(Amazon) CD購入(HMV) NANA BEST
【通常盤】

谷村奈南
発売日:2011/08/10
[アルバム] 
価格:\3,150(税込)
SONIC GROOVE 
品番:AVCD-16237

PROFILE

谷村奈南(タニムラ ナナ)
1987年9月10日、生まれ。
大阪府出身。
3才から8才の間、父の仕事の関係で大阪と米国・ハワイ間を往復する生活を送る。L.A滞在経験もあり、音楽好きの両親の影響で幼い頃から常に洋楽がある環境で過ごす。12才の時に聴いたクリスティーナ・アギレラのアルバムに影響を受け、彼女のような“ソウル”を持ったシンガーになりたいとシンガーの夢を志すようになる。

2007年5月30日、シングル「Again」でデビュー。
2007年11月14日、シングル「Say Good-bye」をリリース。
2008年5月7日、シングル「JUNGLE DANCE」をリリース。
2008年8月13日、シングル「If I'm not the one/SEXY SENORITA」をリリース。
2009年2月18日、シングル「Crazy For You」をリリース。
2009年7月8日、シングル「every-body」をリリース。
2010年3月24日、シングル「FAR AWAY/Believe you」をリリース。
2010年11月24日、シングル「TOXIC」をリリース。
2011年8月10日、1stアルバム『NANA BEST』をリリース。

ARTIST PAGE  COMMUNITY  OFFICIAL SITE

PICKUP

谷村奈南の過去の特集&インタビュー 一覧はこちら

▲このページの最初に戻る