ORICON STYLE

Check 2011年03月09日
お中元『スペシャルインタビュー』 中孝介と元ちとせが、スペシャルユニット結成!出会いと別れを描いた感動作!!
ユニット名の由来は、あるハプニングから!?

──「お中元」結成のいきさつを教えてください。
【元】 ライブなどでよく共演していて、いつか一緒に曲を作れたらなんて話を以前からしていたんですけど、今回『九州新幹線全線開通記念』キャンペーンソングの依頼をいただきまして、実現したという感じですね。

──「お中元」という名前の由来は?
【中】 お互いの名字の最初をとったら、偶然そうなったというか(笑)。
【元】 ある時、イベントで共演することになり、リハーサルの時に立ち位置を示すテープに「中元」って書いてあったんですよ。最初は「ナカモトさん」というアーティストが出演されるのかな?って思っていたら、スタッフの方に「中がアタリさん、元がハジメさんですよ」と言われ、お中元じゃん!って(笑)。それが始まりですね。

別れのせつなさを希望に変える歌になれば

──そして完成したのが「春の行人(ゆこうど)」。これは、スキマスイッチのインスト曲「安雲野にて」をベースに作られたものだとか。
【中】 そうですね。特に<こういった曲を作ろう>といった話し合いは無かったのですが、スムーズに完成しました。春=出会い、別れ、桜というイメージが、自然と一致していたような気がします。

──歌うにあたってこだわったことは?
【中】 春って別れのせつなさがあるけど、同時に未来に進んでいこうとする力強さも感じる季節。そのあたりをうまく表現するよう心がけました。
【元】 私も同じ。別れって寂しい。でも勇気を持って一歩踏み出さないと、未来を迎えることはできないもの。そんな心境の時に、そっと背中を押して、夢への一歩を踏み出せるような曲にしようと、心がけました。

──レコーディングはどんな雰囲気だったのでしょう?
【中】 ひとりで歌うのとは全く違う感覚で、楽しかったです。世間話をできたりとか、リラックスした雰囲気でレコーディングできました。ただ、コーラスでお互いの持ち味をどういうバランスで表現するのかに苦労しました。

──元さんは、他にもさまざまなアーティストとコラボしていますが、気心の知れた中さんとの共演はどうでしたか?
【元】 お互いのことをよく知っているから、自分のポジションをすぐに見つけられた気がしますね。

──また、奄美のアーティストが一緒に曲を作るという感慨も大きかったのでは?
【中】 そうですね。特に僕は、元さんのシマ唄を聴いて、歌いたいと思った人間ですから、感慨は大きかったです。

──今後も「お中元」としての活動は続けていくのでしょうか?
【元】 一緒に曲作りをして、自分達のバランスを見つけられたというか。今後も続けていけたらと思います。
【中】 また6月には東京でライブをやりますので、それも楽しみにしてほしいですね。

──このシングルを通して、リスナーに感じてほしいことはありますか?
【元】 カップリングには、それぞれが春の名曲をカバーしているんですけど、どれも<別れ>がテーマになっているんですよね。それを乗り越えて、新しい光を見つけられるきっかけを与えられる作品になればと思います。
【中】 人って生きていれば、別れと出会いは必ず訪れるもの。また人の数だけ、その風景はさまざまあると思う。このシングルを通じて、みなさんが思う春の風景を心のなかに描いてくれたらうれしいですね。


(文:松永尚久)

リリース

春の行人【通常盤】
お中元(中孝介+元ちとせ)
発売日:2011/03/09[シングル] 価格:\1,223(税込)
エピックレコードジャパン 品番:ESCL-3636

CDを購入する(Amazon) このCDについて語ろう!
プロフィール

奄美大島出身の元ちとせ中孝介によるコラボレーションユニット。ユニット名の「お中元」には、二人の名字と"うたの贈り物を二人で"という意味が込められている。
2011年3月9日、ユニットとして初のシングル「春の行人」をリリース。スキマスイッチが作曲を担当。

ARTIST COMMUNITYARTIST PAGEOFFICIAL SITE
PLAYPLAY