ORICON STYLE

Check 2011年01月05日

中村舞子 Special Interview 19才の私にしか出せない答え、音楽でしか伝えられない言葉を届けたい これまでに数々のアーティストとのフューチャリングを経て、実績を積み重ねてきた実力派シンガー・中村舞子。その名前を気にしていた音楽ファンも多いことだろう。そんな中村が、ついにメジャーデビューアルバム『Answer』をリリースし、その瑞々しさと力強さをあわせ持つ歌声を披露する。

ほんの少しの嘘が必要

――ついに掴んだメジャーデビューの感想を教えてください。
【中村】 本当に嬉しいですね。このアルバムに収録されるすべての曲に全力をつくして、大切に作らせてもらいました。一番大切にしたのは、今の19才の私にしか出せない“答え”をメッセージとして詰め込むこと。今、私が考えていることを素直に表現できた1枚になりました。

――シンガーとして大事にしているのはどんなことですか?
【中村】 一番は、日常に溶け込む音楽を作ることなんです。というのも、私が小さい頃からすぐそばには音楽があって、楽しいときも、悩んだときも音楽に助けられてきました。その恩返しというと大げさですが、そんな音楽を作れたらいいなと思っているんですよね。

――なるほど!だからか、歌詞も身近にあるようなことが題材になっているんですね。
【中村】 そうですね。聴いてくれる人たちのスペシャルな時間や、なんでもない日常をドラマティックにできたらどんなにいいだろうと思って歌詞を書いています。

――中村さんの歌詞って、どこか聴く人に感情をゆだねるというか、考えさせるような“隙間”があるものが多いですよね。
【中村】 私は“リアリティを追求しすぎないこと”を大切にしています。もちろん、リアルな歌は人に寄り添えるからいいと思うんですが、私は音楽でしか伝えられない言葉を歌に乗せて届けていきたいと思っているんですよね。何気ない日常をドラマティックにするための、“ほんの少しの嘘”を歌に取り入れていきたいんです。

――歌は歌であって、そこに作り手の憧れや物語を載せることで、聴き手の大切な曲になっていくのかもしれないですね。それにしても、表題曲の「The Answer feat. CLIFF EDGE」は泣けました……。
【中村】 ありがとうございます。この曲は“別れ”を題材にしながらも、そこに“ちゃんと想いを伝えなくちゃ”というメッセージを込めたんです。

勘違いしやすい日常

――その言葉、沁みますね……。
【中村】 日常って、ずっと続いていくものだと勘違いしやすいんですけど、そうじゃないんです。だからこそ、明日、もう会えなくなるかもしれないと思って相手と接していれば、気持ちも素直に伝えられるし、必要ない駆け引きもしなくなるんですよね。好きな相手には、素直に思っていることを伝えなくちゃと思って作ったんです。

――19才でそこに気付いちゃうのが、スゴイと思うんですけど……(笑)。
【中村】 あはは、なんでですかね(笑)。でも、恋愛的なものだけじゃなくても、親友が引越ししてしまうとか、すぐに会えなくなっちゃう環境になるって、誰もが早いうちに経験することだと思うんですよね。そこに自分の気持ちを重ねて、聴いてもらえると嬉しいですね。

――なんだか、すでに人間として出来上がった大人のような印象を受けるんですが、自分の直したいところなんてないですよね?
【中村】 そんなことないですよ!普段は、すぐにいろいろなことに熱中性しやすいけど、超ネガティブな部分もあって(笑)。夜中にYouTubeを観だしたら止まらなくなってずっと見続けちゃうし、家に引きこもっちゃうし……(笑)。

――意外ですね!では最近熱中していることは?
【中村】 今、一番ハマっているのは韓国料理を作ることですね。つい先日はサムゲタンを作って、同居している家族に振る舞ったんです。いつも作るだけ作ってあまり食べないので、家族からは「また何か作ってるよ(苦笑)」っていわれちゃうんです(笑)。

――(笑)。等身大の答えを聞けて安心しました!ライブも楽しみにしていますね!
【中村】 ありがとうございました!がんばります。

(文:吉田可奈)

RELEASE

Answer【初回盤】

Answer【初回盤】
中村舞子
発売日:2011/01/12[アルバム] 価格:\2,300(税込)
キングレコード 品番:KICS-91638

CD購入(Amazon) このCDについて語ろう!
Answer

Answer
中村舞子
発売日:2011/01/12[アルバム] 価格:\2,000(税込)
キングレコード 品番:KICS-1638

CD購入(Amazon) 着うた®配信

PROFILE

1991年6月15日生まれ。東京都出身。血液型O型。
中高生を中心とした着うたダウンロード世代の歌姫として人気を誇る本格派シンガー。
2008〜2009年、フィーチャリングアーティストとしてLGYankeesのアルバムに参加した「Because...feat. 中村舞子」「Love Sick feat. 中村舞子」、Noaのアルバムに参加した「月のヒカリ feat. 中村舞子」などで注目を集める。
2011年1月12日、アルバム『Answer』をリリースし、メジャーデビュー。

ARTIST PAGE COMMUNITY OFFICIAL SITE

▲このページの最初に戻る

PLAYPLAY