ORICON STYLE

Check 2011年01月26日

いろんな自分を1曲1曲で表現したい

――アルバムは、とてもフェミニンでありながら、いろんなアーティストの方とコラボするなかで強さや躍動感が出ているな〜と感じました。
【May J.】 アルバムのタイトルを『Colors』にしたのは、いろんな自分を1曲1曲で表現したいなと思ったんですよ。こういうストーリーでこういう歌を歌いたいというテーマを決めて、それを歌詞にして、そこにさらに色づけをしてくれるアーティストさんに声をかけさせて頂きました。
――その物語は、自分の中の感情から生まれたストーリー?
【May J.】 そうですね。秘めていた感情だったり、見せたことのない感情だったり、今までに聴いたことのないような、たとえば怒っているMay J.だったり(笑)、今までのファンはビックリするんじゃないかな?っていう歌にも挑戦させていただきました。
――2曲めの「FYI」からキテますよね。激しい感情にドキッとさせられます。
【May J.】 ガンガンにイッてますよね(笑)そういう歌もずっと歌いたかったんですよ。強い女の子を表現したかったんです。私、けっこう感情を抑えるタイプなので、あまり人前で怒ったりしないんですけれど、“実はこう思ってるのよ”とか“本当はこう言いたいんだよ”っていうのを今回は全面に出しましたね。
――スッキリしますよね〜。
【May J.】 あはは!もっとこういう女性になれたらいいのに…とか、自分の中の理想像を表現できました。
――アルバムから感じられる女性像は、強さを秘めた素直な女性…かな?
【May J.】 そうですね、素直ですね!
――しかもそれを男性アーティストの方と歌うと、よりリアルですよね。
【May J.】 お互いの意見を歌って確かめ合うっていうのは、やっぱりコラボじゃないとできないんじゃないかな?って思ったので、私のほうからお願いしました。
――話が前後してしまいましたが、1曲めの「ONE MORE KISS」はとてもピースフルな気持ちになる歌でした。
【May J.】 そうですね。ジブさん(Zeebra)と難波(章浩)さんは、私がすごく尊敬しているアーティストなんです。なので、一緒に楽曲を作れるって、すごくうれしいことでした。その3人でどんなメッセージをしたらいいのかな?と考えたときに、私はまだ22歳だし、まだ自分の夢に向かって1段ずつステップを踏んでいる途中だなと思ったんです。私のリスナーもたぶん私と同じ気持ちだと思うし、そこでジブさんと難波さんが、お兄ちゃん的な存在でこの曲の中にいてくれてるんじゃないかな?と。

1つひとつ自分のカラーを増やしていきたい

――「My Pride」という曲には、May J.さんの譲れない想いが出ているのかな?
【May J.】 負けず嫌いな私ですね。家の帰り道にすごく長〜い道があって、よくそこで泣いていたりしたんですよね。
――辛いことがあったりすると?
【May J.】 そうなんです。学校の帰りとか、特にそうなんですよ。絶対に人前では泣きたくないし、家族にも心配をかけたくないから、その帰り道しか泣く場所がなくて。そのときの風景を、この曲に込めました。
――<夢見た私が/叶えてくしか…>という歌詞など、共感するところがたくさんあります。
【May J.】 自分でやるしかないんですよね。それには自分を信じ続けるしかないんだっていう強い気持ちですね。
――その“信じる”っていう気持ちも、アルバム全体に流れるテーマのひとつなんじゃないかな?と感じていたんですよ。
【May J.】 あ、そうですね。ミニアルバムのタイトルが『Believin’...』だったんですよ。それに続いてのアルバムと考えてもいいんじゃないかな?『Believin’ Colors』ってね。自分の色を信じ続けるという意味でね。Believin’っていうのは、私の大好きな言葉でもあるんですよ。
――どんどん心が成長していってますね!
【May J.】 デビュー当時はR&Bしか聴いてない時期もあったんですよ。でもだんだんと自分の知らない世界があるのは嫌だなと思えてきて、2ndアルバムからは日本語をちょっと多めにしたJポップを歌ったり、いろんな曲にチャレンジしていくうちに、いろんな自分に出会うことができて引き出しも増えてきたんじゃないかな?と思うんです。でもまだ挑戦したことのないこともいっぱいあるし、いろんなカラーを表現していけたらいいな〜と思って作ったのが今回のアルバムなんです。これからも1つひとつ自分のカラーを増やしていきたいと思います。
――今年の目標は立てていますか?
【May J.】 自分の中身を理想に近づけるように変えていきたいですね。自分革命かな。あとは引き続き、海外にもどんどん行きたいです。まだまだ知らない世界がたくさんあるし、もっと広い世界を見ると視野がどんどん広がっていきますよね。次はロンドンかな〜?(笑)

(文:三沢千晶)

RELEASE

Colors【CD+DVD ジャケットA】

Colors【CD+DVD ジャケットA】
May J.
発売日:2011/01/26[アルバム] 価格:\3,800(税込)
rhythm zone 品番:RZCD-46714/B

CDを購入する(Amazon) このCDについて語ろう

Colors【CDのみ ジャケットB】

Colors【CDのみ ジャケットB】
May J.
発売日:2011/01/26[アルバム] 価格:\2,800(税込)
rhythm zone  品番:RZCD-46715

CDを購入する(Amazon) 着うた配信

PROFILE

  • 1988年6月20日生まれ、22歳の現役大学生。
    日本、イラン、トルコ、ロシア、スペイン、イギリスのバックグラウンドを持ち、多彩な言語を操るマルチリンガルアーティスト。幼児期よりダンス、ピアノの弾き語りやオペラを学び、ソングライティング、アパレルブランドのカタログモデルをもこなす。
    2006年、ミニアルバム『ALL MY GIRLS』でデビュー。
    その後、avexのrhythm zoneに移籍。
    2009年5月、アルバム『FAMILY』をリリース。自己最高の初登場4位を獲得。
    2010年2月、アルバム『for you』をリリース。
    2010年11月24日、アルバム『Believin'...』をリリース。
    2011年1月26日、アルバム『Colors』をリリース。

▲このページのTOPに戻る