ORICON STYLE

今のいきものがかりがバラードを歌うならこの曲

吉岡聖恵(Vo) 吉岡聖恵(Vo)

水野良樹(G&Vo) 水野良樹(G&Vo)

――今作はドラマ『ランナウェイ〜愛する君のために』(TBS系)の主題歌ですが。ドラマ側からはどんなオファーがありましたか? 【水野】 ドラマ側からはミディアムかもしくはバラードぐらいのテンポ感の曲にして欲しいっていうことぐらいでした。なのでストーリーは冤罪で捕まった人達が脱獄するっていう内容なんだけど、一般的に昇華しにくいテーマではあるので、あまり細かい設定はイメージしないで、もっと大きく捉えて曲を作っていきました。

――具体的にどんな風に捉えたんですか? 【水野】 自分が信じたものに対して何か行動を起こすとか、愛する誰かがいて会いたいと思うとか、ドラマの主人公達のそういった部分はいろんなことに転換できるかなって。ただ、実際に歌詞を書く時はドラマのことを考えるというよりは、今のいきものがかりがバラードを歌うなら、どういうものがいいかなっていう意識のほうが強かったですね。
【山下】 主題歌ってドラマのために書いているものなので、ドラマ側とアーティスト側のどっちのエゴも偏っちゃいけない。そういう意味でこの曲は“生きるテーマ”みたいなものから、恋愛でも友情でも成立する距離感も持った内容になっていて。両者の最大公約数が取れたと思います。

――吉岡さんは曲をどう捉えて歌いましたか? 【吉岡】 私は歌いながらいつも、この曲の主人公はどんな人なんだろうって考えるんだけど、「歩いていこう」は地に足をつけた主人公が見えたのでまず、そこを大事にしたいなと思いましたね。内容も恋愛に限らずいろんな人との関係性を捉えているので、なるべくちっぽけにならないように伸びやかに歌えればなと。細かいことを言うとAメロは音が低いので、重心を下げて切実な感じに聴こえるようにして。逆にサビはメロディーの“ハネ”がすごいんだけど、そのまま飛び出しちゃうとアップテンポの曲みたいに派手な響きになっちゃうので、そこを抑えてまろやかな感じになるように歌いました。

――言葉にするとシンプルに聞こえますが、それってすごく感覚的な作業ですよね。 【吉岡】 そうですね。歌っていくなかで掴んでいく感覚というか。何回か歌うと自分でも意識していないところで歌が変化していったりもするので、その度にここは強すぎるなとかここはガサツだなとか、ちょっとずつ変えていく。かといって神経質になり過ぎてもダメなので、この曲の場合だったら勢いでいかないで自分に語りかけるように噛み締めて歌おうとか、そこらへんだけ気をつけました。あとは歌いながら調整していきましたね。

歩いてみてわかったことも……

山下穂尊(G&Har) 山下穂尊(G&Har)

いきものがかり いきものがかり

――まさに一歩一歩踏みしめて“歩く”ような作業ですが。いきものがかり全体としては現在、どんな速度で進んでいます? 【水野】 今年はだいぶ緩やかですよ。前半は特にゆっくりで、7月の横浜スタジアムライブ前にちょっと走って、終わったらまた歩くみたいな。
【山下】 シングルも今年に入ってまだ2枚目だし。そろそろアルバムを作り出すから、ここからちょっとペースが上がりそうです。
【吉岡】 11月からは競歩ぐらいですかね?
【水野】 いや、けっこう小走りじゃない?毎年だいたい年末はバタバタしてるから。

――ペース的に一番合っている速度ってあります? 【山下】 僕は今ぐらいがムリがなくていいですね。ツアーとか始まっちゃうと結局、ジョギングぐらいにはなっちゃうんだけど。
【水野】 そこにアルバム制作やプロモーションも入ったらもう全力疾走ですよ。ただ、僕は走ってるほうが回転が回るタイプだなって今年、歩いてみてわかりました。精神的にも肉体的にも今ぐらいがムリがなくていいんだけど、じゃあムリしないからいいものができるかっていったらまた違う話で。ある程度スピードは選ばないといけない。
【吉岡】 つねに小走りぐらいで体をあっためておいて、ガッと走る時に走るみたいな。それぐらいのペースがちょうどいいのかもしれない。

(文:若松正子)

RELEASE

歩いていこうCD購入(Amazon)CD購入(HMV)このCDについて語ろう! 歩いていこう
いきものがかり
発売日:2011/11/23
[シングル]
価格:¥1,223(税込)
エピックレコードジャパン
品番:ESCL-3810

Fortune【通常盤】CDCD購入(Amazon)CD購入(HMV) 着うた®配信 いきものまつり2011 
どなたサマーも楽しみまSHOW!!! 
〜横浜スタジアム〜
いきものがかり
発売日:2011/12/14
[DVD]
価格:¥5,880(税込)
エピックレコードジャパン
品番:ESBL-2312/3

PROFILE

吉岡聖恵(Vo)、水野良樹(G&Vo)、山下穂尊(G&Har)によるスリーピースバンド。
1999年2月、高校の同級生だった水野と山下によって結成。
水野・山下が小学1年生の時、一緒に“生き物係”をしていたことからバンド名が決まる。
同年12月、同級生の妹である吉岡が加入。地元である海老名・厚木を中心にライブ活動を行う。
2006年3月15日、シングル「SAKURA」でメジャーデビュー。『DENPO115』CMソングに起用され大きな反響を呼ぶ。
2007年3月7日、アルバム『桜咲く街物語』をリリース。
2008年2月13日、アルバム『ライフアルバム』をリリー
2008年12月24日、アルバム『My song Your song』をリリース。
2009年12月23日、アルバム『ハジマリノウタ』をリリース。
2010年11月3日、ベストアルバム『いきものばかり〜メンバーズBESTセレクション〜』をリリース。シングル・アルバムを通じて初のミリオンを達成。
2011年7月20日、シングル「笑ってたいんだ/NEW WORLD MUSIC」をリリース。

ARTIST PAGE  COMMUNITY  OFFICIAL SITE

▲このページの最初に戻る