ORICON STYLE

“今あるもの”を深く掘り下げて考えたい

Present【初回限定盤】 Present【初回限定盤】

Present【通常盤】 Present【通常盤】

――12月にさいたまスーパーアリーナで2Days公演を予定していますが、新曲「Present」は贈り物=ライブともとれる内容になっていますね。 【山村隆太】 そうですね。元々アリーナ公演をやろうと思ったのは、このまま2011年を終わりたくないなって気持ちからで。その想いがこの曲にも繋がっているんですよ。

――このまま終わりたくないと思ったのはなぜ? 【山村】 やはり東日本大震災という、これまで経験をしたことがない出来事があったから。震災以降、自分たちも心の変化が大きくて、なかでも“喪失”という概念が今までは遠いことだったのに、いきなりバッと目の前にきた感覚だったんですね。だからこそ生きていく不安もあるし、来年に対しての希望が持てないところもあるんだけど、それをそのまま歌にするよりは失ってしまうものへの想いとか、一番大事なものは何かとか、今あるものを深く掘り下げて考えていきたいなと思って。そこから自分の周りのスタッフであったり家族であったり、大切な人についてしっかり伝えたいなって考えてできたのが「Present」なんです。

――確かに「Present」は“喪失”とは対極にあるポジティブな内容で。サウンドも目の前が広がって、心が満たされていくような展開になっていますね。 【小倉誠司】 演奏する時も広がりっていうのは意識していて、特にサビはメロディーに沿って隙間を埋めたり、グルーブ感が伝わり易いようなやり方にしているんですよ。
【阪井一生】 メロディー自体はちょっと切ない感じなんだけど、アレンジにストリングスを加えたことでキラキラした曲調になっている。結果的に、さいたまスーパーアリーナにもぴったりハマる曲になったと思いますよ。

今年一番嬉しかった“プレゼント”は…

(左から)尼川元気,山村隆太,小倉誠司,阪井一生 (左から)尼川元気,山村隆太,
小倉誠司,阪井一生

――そのアリーナ公演がもうすぐですが、バンド史上最大規模の会場ということで不安はありますか? 【阪井】 不安だらけです。でもまぁ、あんな曲やこんな曲まで、みんなが“それやるかぁ”っていうようなものもやる予定なので、楽しみにしていて欲しいですね。
【山村】 僕は不安はないです。強いていえば、不安を感じないのが不安で。
【尼川元気】 (ボソッと)天狗になってるな。
【山村】 天狗じゃないよ(笑)。ライブってリハーサルでやったものをそのままやっても面白くないというか。もちろんリハーサルは大事だけど、何が変化して何が出てくるか、リハと本番のギャップが大きいほど成功だと最近思うんですよ。なので不安だからカチッとやるんじゃなくて、自由にやればやるほどいいのかなって。
【小倉】 それは僕も感じますね。ただ、今年に関してはまだいろんなことを引きずっている部分もあって。そのなかでどれだけ自分たちが騒ぎ切れるかがちょっと心配。ふたを開けてみないとわからないですけどね。
【尼川】 僕は前の日にちゃんと寝られるかめっちゃ不安。精神的にもろいので…。
【山村】 それ、ライブ前にいつも言ってるけど(笑)。

――では最後に新曲にちなんで、今年一番嬉しかった“プレゼント”を挙げるとしたら? 【山村】 この間、友だちの結婚式に行ったんですけど、花婿が両親にすごく感謝をしていて。見ていた僕まで誰かに「ありがとう」を言いたくなったのが、自分にとっていいプレゼントでしたね。
【阪井】 僕はその結婚式でオリジナルのウェディングソングを書いたんですけど、時間がなくて使われなくて。でもすごくいい曲だったので、結局自分へのプレゼントになってしまいました(笑)。
【尼川】 僕はもうすぐ誕生日なので、メンバーからすごくいいものがもらえると思う(※取材時は誕生日前)。例えば家電とかがきたら、今年一番の嬉しいプレゼントになりますね。
【山村】 それ、妙にリアルでイヤだな(笑)。

――(笑)。ラスト、小倉さんは? 【小倉】 ベタですけど、やっぱりツアーとかライブ。来てくれた人との触れ合いもそうだし、いろんな感情を受け取ったり自分たちも吐き出したりして。それが最高のプレゼントになっていると思います。
【山村】 素晴らしい。間違いないです。

(文:若松正子)

RELEASE

Present【初回限定盤】 CD購入(Amazon) CD購入(HMV) このCDについて語ろう! Present
【初回限定盤】

flumpool
2011/12/07[シングル]
価格:\1,680(税込)
A-Sketch
品番:AZZS-8

Present【通常盤】 CD購入(Amazon) CD購入(HMV) 着うた®配信 Present
【通常盤】

flumpool
2011/12/07[シングル]
価格:\1,260(税込)
A-Sketch
品番:AZCS-2018

NEXT TOUR INFORMATION

2012年全国ツアーの開催が決定!

2012年3月より、自身5度目となる全国ツアーを開催。3月31日の埼玉・三郷市文化会館を皮切りに、7月31日の広島・ALSOKホールまで4ヶ月に渡るロングツアーとなる。

⇒詳細は【OFFICIAL SITE】にて

PROFILE

flumpool(フランプール)
山村隆太(Vo)、阪井一生(G)、尼川元気(B)、小倉誠司(Dr)による大阪出身の4人組バンド。2007年1月結成。
2008年10月01日、配信限定シングル「花になれ」でデビュー。au『LISMO』のCMソングに起用され、話題となる。
2008年11月19日、デビューミニアルバム『Unreal』をリリース。最高位2位を獲得。
2009年10月、初の日本武道館にてホールツアー『flumpool tour2009「Unclose」』の追加公演を2日間開催。
2009年12月、『第60回 NHK紅白歌合戦』に初出場。
2010年12月、大阪城ホールと横浜アリーナにて計4公演のアリーナライブを開催。
2011年1月26日、2ndフルアルバム『Fantasia of Life Stripe』をリリース。2位を獲得。
2011年7月27日、シングル「どんな未来にも愛はある/Touch」をリリース。6位を獲得。
2011年9月7日、シングル「証」をリリース(『第78回NHK全国学校音楽コンクール』中学校の部課題曲)。4位を獲得。
2011年12月7日、シングル「Present」をリリース。同月10・11日には、自身最大規模となるさいたまスーパーアリーナでの2daysライブ『Special Live 2011「Present 〜ありがとう祭り!今宵は歌おう!踊り尽くそう!〜」』を開催する。
2012年3月31日より、埼玉・三郷市文化会館を皮切りに4ヶ月に渡る全国ツアーを開催予定。

ARTIST PAGE  COMMUNITY  OFFICIAL SITE

▲このページの最初に戻る